PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2019]Vol.04 NHKが牽引する8Kの世界。そして聴覚、VRの可能性を探る展示に注目集まる

News

[SXSW2019]Vol.04 NHKが牽引する8Kの世界。そして聴覚、VRの可能性を探る展示に注目集まる

2019-04-01 掲載

txt:岡本侑子(kiCk inc.) 構成:編集部

SXSW2019期間中、NHKエンタープライズはトレードショーで2つの展示を行い、NHKは、昨年に引き続き8Kシアターを展開した。日本企業も多数SXSWに出展を行う中、どのような展示が行われていたのかをレポートする。

(1)THE TIME MACHINE

VRの映像を通して1964年の渋谷にタイムスリップするというもの。VR体験だが体験している人のVR映像に合わせて裏側ではギミックを用意して、新たな体験価値を創造していた。

企画構想は2年前から行われており、発起人であり代表理事の土屋敏男氏(日本テレビ)と齋藤精一氏(ライゾマティクス)、永田大輔氏(DISTANT DRUMS)の3名が理事となり設立した。1964年当時の映像は過去の写真から「記憶の中の街並み」として3DVRで再現した。

正面からの装置装着の様子

ヘッドマウントディスプレイだけではなく、ディスプレイのついた装置も背中側に装着する。これには体験している人が装着しているVR内で見ている映像が映っていて、スタッフはそれに合わせてギミックを発動させている。

ギミックとして何が発動するのか。

発動するギミックは2つ。

1つ目は、渋谷のシンボルである「忠犬ハチ公像」。VR映像の中にも登場するが、なんと映像内でハチ公が登場するタイミングに、模型のハチ公像に触ることができ、映像とリンクして実際に触っている感覚を味わうことができる。

移動方法はスタッフ手動。ブース内はあまり広くないので、体験者が歩き回ることができるように、登場しない時は暗幕の中に隠れている。

2つ目は、風。建物屋上から地上へ降り立つシーンがあるのだが、ちょうど高所から移動している時には、ふわりと風を受ける。これもスタッフが体験者一人一人に付き添い、うちわで風を上下左右から送っている。

1964年当時の渋谷の様子は、3D VRであるだけにあたかもその当時の風景の中に自分自身が入り込んでいるような感覚になった。そこにリアルなギミックが発動することで、感覚により深みが増しているようだった。

(2)Caico-INVISIBLE VR

NHKエンタープライズと資生堂が共同で、映像を用いない「聴覚と嗅覚」中心とした新しいタイプのVRの出展を行なった。

アイマスクをして、リラックスチェアに腰掛ける。そこにヘッドフォンを装着。 ヘッドフォンからは川が流れる音、虫が飛び交う音、都市の車が通る音など、様々な風景音が約6分間流れる。

そこに椅子に取り付けられたアロマシューター2つが音に合わせた香りを出す。

香りは3秒ほどで消えるため、次の香りがアロマシューターから出るまでには香りは残っていないので、風景音に合わせて目まぐるしく香りも変わっていった。VR音響という言葉を聞いいたことがある人はあまり多くはないだろう。VR音響とは立体的な音技術のことで、エンターテインメント業界では注目されている技術だ。

今回の展示では、あたかも自分がヘッドフォンから聞こえる音の風景に入り込んでいるような感覚を覚え、嗅覚を刺激されることで映像が無くてもリアル感が増していた。視覚がないことで人間は想像力を膨らませ、より没入感が得られているのかもしれない。

(3)8K THEATER

SXSW2018に引き続き、8K展示も行われていた。SonyのクリスタルLEDディスプレイシステムを使用した440インチのスクリーンと、22.2chの没入型サラウンドサウンドシステムで、約20分ほどの映像美とサウンド体験を展示していた。

映像コンテンツは、ダンスパフォーマンス映像、サカナクションやSuperflyのライブ映像などの音楽コンテンツ、今回特に目玉となったのは「Sting and Shaggy The 44/876 Tour」であった。

昨年12月1日にBS4K/BS8Kの放送がスタートしたばかりだが、ライブで観客として観覧する視点とは異なり、撮影されたライブでしか味わえないアーティストとのカメラの距離感の近さを存分に活かした映像と、ライブ会場にいるような感覚を味わうことができた。

エンターテインメントにテクノロジーが溶け込む時代へ

これまでは、リアルな場に行かなくては体験できなかったものが、映像×テクノロジー、音×匂い×テクノロジーなど、リアルな場での体験に近づけるために、様々な場所にテクノロジーが溶け込み始めている。それは、リアルな体験とは別の新たな感覚を生み出し、それはそれで心地よいと感じることもある。そうすると、これまで以上にリアルな体験の価値が高まり、深まっていく。

SXSW2019では、その場でしか体験することができない「エンターテインメント×テクノロジー」が展示されていた。ぜひSXSW2020に足を運んで欲しい

txt:岡本侑子(kiCk inc.) 構成:編集部
Vol.03 [SXSW2019] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-04-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.07 Aputure、LS C300dより20%明るくなった人気のLEDライト「LS C300d II」を展示

txt・構成:編集部 人気のLEDライトが更に明るくなって新登場 LEDライトメーカーのAputureは、ここ数年間で世界中のクリエイターが注目する急成長中のブラン... 続きを読む

特集記事

IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [SXSW2019]Vol.04 NHKが牽引する8Kの世界。そして聴覚、VRの可能性を探る展示に注目集まる