PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019]Day00(4月7日) 会期前日のプレスカンファレンスで感じるNABの変化

News

[NAB2019]Day00(4月7日) 会期前日のプレスカンファレンスで感じるNABの変化

2019-04-08 掲載

毎年恒例のプレスカンファレンスからスタート

桜の開花時期とはいえ朝夕は肌寒い日本から一気に真夏の太陽が肌をさすラスベガスに来たが、NAB2019の展示は明日からとなっている。米国現地時間の7日は本番前にマスコミ用の事前説明のためにブース内が開放されたパナソニックとソニーをレポートしよう。

パナソニック周辺のブースを見ても最後の調整や出展物の確認などで追い込みをかけている最中である。パナソニックも一部のポップなどが仮付の状態になっているところもあるが、それ以外はほぼ準備が整った状態となっている。以前はNABのような放送局向けの展示会は専門のマスコミの取材だけで、いつも同じ顔ぶれだったが、最近ではNABに出展しているメーカーも放送局だけでなくネット配信系にも力を入れているようで、取材する側の数も増えているようだ。

取材する側と一般ユーザーが同じ日に殺到することを避ける目的もあるようで、ソニーは以前からお得意様をNAB開催の前日に招待しており、マスコミ関係もその中に入れるようになり、パナソニックもそれに追従したかたちとなっている。ソニーもパナソニックも以前は、ブースではなく別会場で新製品の発表を行っていたが、今年は会場内のブースで行っていた。いずれもブースが会場入り口に直結した位置にあることから可能だったといえよう。

パナソニックブースツアー

Panasonicブースツアー パナソニックは明日からの展示会を前にマスコミ各社にブースを公開 ハイライトとなる製品を解説するスタッフ

パナソニックのブースではツアー形式で出展製品の紹介を行ったが、その中でも特徴的だったのが8KマルチパーパスカメラAK-SHB800GJだ。この8Kカメラの映像から最大4つのHD映像を切り出し、それぞれに切り出したい位置やズーム操作ができるようになっており、1台のカメラで4台のHDカメラとして運用が可能なほか、AK-SHB800GJからの8K画像をHDとして使うことで、HDカメラ5台分の役割を果たすことができる。

BLACK TRAXリアルタイムトラッキングシステムと組み合わせたスタジオシステム 8KマルチパーパスカメラAK-SHB800GJ

ブースではBLACK TRAXリアルタイムトラッキングシステムと組み合わせたシステムが特徴的で、BLACK TRAXの小型赤外線送信を付けた人物に切り出しの枠が追従するようになっており、AK-SHB800GJが撮影している範囲で4つのHD画像を被写体の動きに追従させることができる。

BLACK TRAXによるセンサーの空間位置情報表示 AK-SHB800GJが撮影している範囲で4つのHD画像を被写体の動きに追従可能

また、BLACK TRAXとHDのPTZカメラおよびTECNOPOINT社のTUNING FLOOR DOLLYとの組み合わせシステムのデモも行っていた。AK-SHB800GJは周辺部の切り出しにおいても、広角歪み自動補正機能により自然な映像を実現しており、ライブイベント収録やスポーツ中継などにおいて撮影の効率化と省力化が図れ、設置・移設・輸送コストの削減につながり、また複数カメラの設置によってふさいでいた観客席を生かすことができるとしている。8K ROI(Region of Interest)カメラシステムとして2019年7月発売予定。

P2ワークフローソリューションP2 CastをAWS(Amazon Web Services)クラウド上で展開するサービス。このように一部のポップなどが仮付の状態になっているところもあった

もう一つは、P2ワークフローソリューションP2 CastをAWS(Amazon Web Services)クラウド上で展開するサービスで、すでにAWS上でEDIUS Cloud(Grass Valley社)と連携したテスト運用を始めており、2019年内のサービスの提供開始に向けて準備を進めているというもので、放送用P2シリーズにおける新ワークフローソリューションP2 Cast on AWS(P2 Cast/AWS連携)として2019年内に提供開始する。

現行のP2 CastはP2 Castクラウドサーバーにアクセスし、局サーバーにコンテンツをダウンロードして運用する方式だが、P2 Cast on AWSではさらに編集から配信までをクラウド上で一括して行なえるようになる。これにより、場所、機器の制約から解放され、ハイスペックな放送局の編集システムだけでなくネットワーク接続したPC端末ならどこからでも取材映像のプレビュー、編集、配信、ストリーミング、カメラの状態監視ができる「オフサイト・ニュース・オペレーション」が可能にとなり、ニュース制作スタッフの人的リソースを最大限に活用でき、即時性の向上、コストの削減に貢献するとしている。さらに今後、同社PTZカメラの接続や、映像加工、アーカイブなどのクラウド化によるさらなる拡充を計画している。将来的には、OTT、ビッグデータ、AIなどとのクラウド上での連携に可能性を拡げているという。

ソニープレスカンファレンス

Sonyプレスカンファレンス ソニーは昨年に引き続き会場内のCrystal LEDディスプレイシステムの前でプレス発表をおこなった

ソニーは昨年同様会場内のCrystal LEDディスプレイシステムの前でプレス発表を行い、今回出展する新製品や導入事例の紹介などを行った後、各自ブース内を取材するスタイルだった。ブースに設置されたCrystal LEDディスプレイシステムは横8K(32フィート)☓縦4K(18フィート)の大きさで、ここに説明用の解説フリップや事例の動画などをディスプレーするというもので、今まで別会場で行っていたプロジェクターによるものに比べ、格段の画質であり、事例の動画なども存分の楽しむことができた。

今回ソニーの新製品は、マルチフォーマットポータブルカメラHDC-5500と旋回型4KリモートカメラBRC-X400のほか、デジタルワイヤレスマイクロホン3機種やSxS PRO X「SBP-240F、SBP-120F」およびリーダーライターSBAC-T40などで、放送設備の効率活用をサポートするソリューションとしてLive Element OrchestratorやCineAltaカメラVENICEのハイフレームレート対応、PXW-FS7のショルダースタイル運用を実現する専用アタッチメントキットCBK-FS7BKやB4マウントアダプターLA-EB1なども発表された。

Live Element Orchestratorは複数機器の統合的な管理および監視を実現するソリューションでカメラと カメラリモコンの割り当てをはじめ、ビデオサーバーの入出力や4K/HDのシステム変更、HDR/SDRの設定、IP/SDIマトリクスルーターのクロスポイント一括設定など、従来個別に手動設定が必要だった作業や監視を一元的に行う事が可能 CineAltaカメラVENICEのハイフレームレート対応が発表され6K 3:2 60fps、4K 2.39:1 120fps、4K 17:9 110fps、4K 4:3 75fpsなどハイフレームレート撮影が可能になった PXW-FS7のショルダースタイル運用を実現する専用アタッチメントキットCBK-FS7BKやB4マウントアダプターLA-EB1なども発表された マルチフォーマットポータブルカメラHDC-5500 カメラ番号などを表示できるホワイトペーパーによる表示。200×200でロゴなどの表示も可能。HDC-3500およびHDC-5500に搭載されているもので、USBメモリーに保存したロゴデータをカメラのUSB端子に接続してロードする

HDC-5500はカメラ本体に搭載された12G-SDIから4K信号出力が可能となっており、カメラコントロールユニットHDCU-5500と組み合わせることで、2系統の4K信号を双方向で同時に送受信できるUHB伝送を実現している。2/3型グローバルシャッター搭載4K CMOSイメージセンサーを搭載することで、ローリングシャッター歪みやフラッシュバンドのない映像表現が可能となっているほか、広いダイナミックレンジとF10の高感度および62dB以上の高S/N比を達成している。オプションにHFRソフトウェアHZC-HFR50とHDC-5500が用意されており、インストールすることで、4K 2倍速、HD 8倍速のハイフレームレート撮影に対応可能。

また、4K HDR/HD SDRの同時出力が可能となっており、4K HDRライブ制作のワークフローであるSR Live for HDRに対応しており、HD制作と同様のワークフローで4K HDR/HD SDR映像の同時制作ができる。カメラコントロールユニットHDCU-5500と接続にはHDC-5500に別のカメラを12G-SDIで接続し2台のカメラ映像を同時に送ることができるUHB伝送に対応したほか、12G-SDIで入力した4K信号のスピーチ原稿などをHDC-5500で取り出すUHD PROMPTER機能にも対応している。

AI-Based Video Analyticsコーナーでは日本国内では未発売のREA-C1000による小規模スタジオ向けの撮影システムを出展。REA-C1000には4K対応の2つのHDMI入力があり、2つの映像を合成することができるもので、ブースではPCからの画像とBRC-X1000というPTZ対応の4Kカメラで撮影した人物の合成を披露していた。また、BRC-X1000のオートトラッキング機能により、人物の移動に追従したカメラワークにも対応しており、ワンマンオペレーションを可能としている。

国内では未発売のREA-C1000による小規模スタジオ向けの撮影システムを出展 PCからの画像とBRC-X1000というPTZ対応の4Kカメラで撮影した人物の合成 REA-C1000には4K対応の2系統のMHMIが装備されている スタジオ正面上部に設置されたPTZ対応の4KカメラBRC-X1000 REA-C1000とBRC-X1000によるスタジオシステムの概略

こうしたスタジオ系のシステムは日本ではあまり馴染みが無いかもしれないが、ここ数年でカメラメーカーだけでなく三脚メーカーやPTZカメラのメーカーなどが参入しており、カメラマンが不要になりつつある。もちろんキー局などでは中継などでカメラマンは必要な人材となっているが、WEBなどをベースに配信する小規模なスタジオなどが増えてきたことが背景にありそうだ。昨年までは、リモートコントロールが主流だったが今年はAIなどを導入した自動化が進みそうだ。明日から始まる展示会でもこうしたシステムが各社のブースで見られることになるだろう。


[NAB2019デイリーレポート] Day01

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-04-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Vitec Group]様々なブランドの三脚やバッテリー、照明器具などが集結

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Avid]大規模チーム向けにカスタマイズ可能な役割ベースのユーザーインターフェースなどを搭載したMedia Composer 2019を展示

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表

NewTekブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

[NAB2019:SIGMA]プライムレンズの新製品「28mm T1.5 FF」「40mm T1.5 FF」「105mm T1.5 FF」や、ほぼすべてのスチル用交換レンズを展示

SIGMAブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google C... 続きを読む

[NAB2019:SHURE]デジタルワイヤレスシステムを中心とした展示。実際のスタジオを模したコーナーでワイヤレスマイクの実動作をデモ

Shureはすでにワイヤレスシステムを一新し、これを市場に浸透させるべく積極的に展開しており、日本国内でもInterBEEなどでも見て分かる通り全面に出してアピールしている。 ... 続きを読む

[NAB2019:TASCAM]ビデオエンコーダー/デコーダー/レコーダーシステムVS-R264/VS-R265を参考出品

TASCAMブースでは、Dante対応ML/MMコンパクトプロセッサーシリーズや、DSP内蔵マトリクスミキサーMX-8A、24トラックライブレコーディングミキサーModel24、新... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019]Day00(4月7日) 会期前日のプレスカンファレンスで感じるNABの変化