PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019]Day01(4月8日) 「8K」「HDR」「IP」「効率化」などのキーワードが飛び交う初日の会場から

News

[NAB2019]Day01(4月8日) 「8K」「HDR」「IP」「効率化」などのキーワードが飛び交う初日の会場から

2019-04-10 掲載

早朝のプレスカンファレンスからNAB初日がスタート

NABでは展示会開催中に新製品の発表があるのが通例だが、日本と少し違うのは早朝のプレスミーティングがあることである。8時からAJAの新製品発表が会場に隣接したホテルで開催された。さすがにこのくらいの時間ではラスベガスでも暑くはなく、湿度が低いせいもあり清々しい。会場に向かう途中ではランニングをする何人かが見受けられたのが印象的だ。

AJAプレスカンファレンス

今回AJAが発表したのは、先にアナウンスされていたHDR Image Analyzer V1.1のほか、マルチチャンネルH.264レコーダー/プレーヤーKi Pro GO、12G-SDI搭載のインターフェースカードCorvid 4412G、IPビデオ用SMPTE ST2110対応ミニコンバーター、DashBoare用のopenGearカード14機種などで、HELO V4.0ファームウェアやFS-HDRがV3.0ファームウェアメジャーアップデートの発表なども行われた。

HDR Image Analyzer V1.1は、リモートアップデート、ログおよびスクリーンショット転送をサポートする新しいWeb UIを採用したほか、リモートデスクトップのサポート DisplayPort上のHDR/PQ表示のためのUIの改善やSDR/PQ/HLG用のSDIを介した自動色空間切り替えに対応。色域外の最大警告やフレーム平均ライトレベルバー、ベクトルスコープの強化などがおこなわれた Ki Pro GOはH.264対応HD/SDマルチチャンネルレコーダー/プレーヤーで、ゲンロックフリーのHDMIおよびSDI入力が可能。ちょっと面白いのはストレージにメモリーカードではなく正面パネルに設けられた4つのUSBポートに市販のUSBメディアを使って記録する。背面にもう1つUSBポートがあるので、計5つのUSBポートがあり、4つの入力それぞれに割り当てたり、1つにまとめる事もできるようになっている FS-HDRがV3.0ファームウェアメジャーアップデートしたことにより、ACES、BBC LUT V1.3、TVLogic WonderLook Proに対応。ACESに対応したことで、KODAKや富士フイルム、Agfaのフィルムルックが簡単に扱えるようになった インターフェースカードCorvid 4412Gは 8レーンPCIe 3.0で、4つの12G-SDIが搭載されており、マルチチャンネルの4Kまたは8Kの入出力に対応。SDKを活用することで、macOS、Windows、Linux対応のシステムを構築することが可能 IPビデオ用SMPTE ST2110対応ミニコンバーターにはIPT-10G2-HDMIおよびIPT-10G2-SDIの2機種があり、HD HDMIまたは3G-SDI信号をSMPTE ST 2110にブリッジするためのIPビデオトランスミッター。いずれの機種もヒットレススイッチングをサポートするデュアル10GigE SFP+ポート(SMPTE ST 2022-7)に対応 DashBoare用のopenGearカードはミニコンバーターの機能とopenGearの高密度アーキテクチャーおよびDashBoardソフトウェアのサポートを組み合わせたもので、リクロックSDI分配増幅器OG-3GDA-1×9および、OG-3GDA-2×4、シングルモード3G-SDIファイバーコンバーターOG-FiDO-R、OG-FiDO-2R、OG-FiDO-Tなど
Blackmagic Designプレスカンファレンス

AJAのカンファレンス後はBlackmagic DesignがNAB会場の自社ブースで発表会を開催した。カンファレンスは開場前の開催のため、搬入などを行うゲートから会場内に入ることになる。すでに会場周辺には同社の新製品の広告が数多く掲載してあるため、発表される新製品の主な概要は知ることができるのだが、そうした広告にないサプライズが発表されるのも半ば恒例となっている。

今回同社が発表した新製品は8K関連のものが多く、8Kに対してかなり意欲的という印象を受ける。ソニーやパナソニックなどからも8K対応のカメラが発売され、インターフェースなども固まってきたこともあるだろうが、8Kは放送以外でもすでにYouTubeなどのネットメディアが対応していたり、VRやAR関連で8Kを利用するものも出てきている。VRやARでは広い仮想空間が必要となるが、8Kという規格の枠組みを利用することで、作業性やシステムを組む上で有利になるからと言えるだろう。

さて、今回Blackmagic Designが発表した新製品は8K HDR対応のHyperDeck Extreme 8K HDR、ATEM Constellation 8K、Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDR、Blackmagic MultiDock 10Gのほか、Blackmagic Pocket Camera Battery GripやDaVinci Resolve Editor Keyboardで、ほかにもFusion 16 StudioとFusion 16 Studioのアップデートがアナウンスされた。

HyperDeck Extreme 8K HDRはタッチパネル式のスクリーンを採用しており、クアッド12G-SDIにより8Kまで対応可能。オプションにジョグ/シャトルダイアルを採用したVTRライクなコントロールパネルが用意されている。記録コーデックはH.265で、HDRに対応しており、PQおよびHLGのほかRec.2020およびRec.709、DCI-P3などに対応。内蔵のスコープは、HDRフォーマットでの作業時にはHDRスコープに変わるようになっている ATEM Constellation 8Kはスイッチャー機能のほか、方式変換やキロマキー、DVEなどに対応している。40の12G-SDI入力と24個の12G-SDIのほかAux出力を装備しており相互にスイッチング可能なマトリックススイッチャーとして機能し、4つのDVE、16のキーヤー、4つのメディアプレーヤー、4つのマルチビューア、2つのSuperSourceに対応 Blackmagic Pocket Camera Battery Grip。標準仕様のLP-E6の代わりに、2個のLシリーズバッテリーを使用できるため、1回の充電で2時間以上の収録が可能 DaVinci Resolve Editor Keyboard。プレスアンファレンスの開始当初には展示していなかったもので、発表説明しながら演台から登場させ、ジョークを交えたサプライズと言えそうだ。多少歳をとった人には懐かしいBVE-9000を彷彿するデザイン DaVinci Resolve 16に新しく搭載されたDaVinci Neural Engineには、最先端のニューラルネットワークと学習システム、人工知能(AI)を採用しており、スピードワープのリタイミングの動き推定、フッテージをアップスケールするSuper Scale、自動カラーおよびカラーマッチング、顔認識などの新機能が追加された Fusion 16 StudioもGPUアクセラレーションにより3D作業がより軽快に行えるようになったほか、ステレオ3Dやベクトルモーションブラー、コーナー配置、カラーツールなどのほか、Bスプラインやビットマップ・マスクに加え、平面/カメラトラッカーもアクセラレート。メモリー理の改善により、多数のツールを使用した大規模な合成でも信頼性が高くなった
Day00 [NAB2019デイリーレポート] Day02

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-04-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [NAB2019]Day01(4月8日) 「8K」「HDR」「IP」「効率化」などのキーワードが飛び交う初日の会場から