PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019]Day03(4月10日) 今年はレンズに注目!老舗から新規参入まで様々なレンズ模様を探る

News

[NAB2019]Day03(4月10日) 今年はレンズに注目!老舗から新規参入まで様々なレンズ模様を探る

2019-04-12 掲載

外は強風、中は熱風な会場から

NAB会期中強風が吹くことはあるものの2日続くのはめったにない。POPが飛ばされたり歩道にあるチラシスタンドが転倒するなど例年に無いほどだ。ただ、その分体感的にはそれほど暑さを感じないのは有り難いことではある。

さて、3日目ともなると初日のような殺気立った混雑はなくなり、比較的ゆっくりブースを見て回わる事ができるようになる。会期は明日までだが最終日は2時までなので、気の早いブースは最終日の午前中には撤収作業を始めてしまうところも多い。実質今日が最後なのである。

さて、HDから4Kへは結構長い道のりを必要としたが、それは単に解像度だけアップしたということだけではなく色域やダイナミックレンジが変わったことやそれに連れて伝送系も従来のように同軸ケーブルだけでは伝送するべき情報量をさばききれなくなり、IP化されてきた。変更される項目が多くなり、規格化するべきことも多く時間が必要になった。

そうした流れの中でレンズもHDから4K、8K対応へと新製品が出てきたが放送系で使われるレンズは一通り出揃った感がある。一方でデジタルシネマ系のレンズはフィルムからデジタルへの移行時からラインナップがデジタル対応になり、カメラの機種が増えたこともあり老舗はもちろんだが、新規参入もあり現在では選択に迷うほど豊富になってきている。今日はこうしたレンズを中心に取り上げてみよう。

放送用のレンズはAngenieuxなどが扱っていた時代もあるが、現在ではキヤノンとフジノンの2社だけと言っていいほどで、ラインナップを考えると他のメーカーの追従は今後もありえないといっていいだろう。オリンピックを控え高倍率ズームなどを新規投入しているが、シネ用のレンズもラインナップを順調に増やしている。

富士フイルムブースでは4K用に設計されたレンズとHDレンズの描写の比較ができるコーナーが設けられていた 富士フイルムはラージフォーマットセンサーに対応するシネマカメラ用ズームレンズとしてPremista28-100mmT2.9とPrermista80-250mmT2.9-3.5を発表。46.3mmのイメージサークルをカバーするもので、ARRI ALEXA 65には対応できないがREDなどのカメラが対象になる Premista28-100mmT2.9はカメラに装着して試用できるようになっていたが、Prermista80-250mmT2.9-3.5は現在開発中で、国内公開はIntreBEEになりそうだ キヤノンはPLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズSumire Primeを新たに展開。2019年6月上旬より順次発売予定 ZEISS Supreme Primeは新たに21mmと135mmが加わり15/18/21/25/29/35/50/65/85/100/135/150/200mmの13本がラインナップとなった 今回ZEISS Supreme Primeのラインナップに加わった21mmT1.5と135mmT1.5 Cookeは他のレンズメーカーとは異なり我道を行く印象のメーカー。今回新製品として出展したレンズはAnamorphic / i Full Frame Plusシリーズのレンズ。i Technologyメタデータシステムの最新バージョンであるi3(i Cubed)も発表された 40mm、50mm、75mm、100mmが4月から出荷開始予定で 32mm、135mm、180mmがその後になる予定 ズームレンズも写真の35-140mmのほか近日中に45-450mmが登場予定 ライカのシネ系レンズはSUMMILUX-C、SUMMICRON-C、M 0.8、THALIAがあるが今回Leitz Zoomが発表された Leitz Cine Zoom VistaVision 55-125mm T2.8と25-75mm T2.8の2本を出品。マウントはPLマウントで、Cooke/iおよびARRI LDS-2メタデータインターフェースに対応 SchneiderはTrue-Net BlacksやTrue-Net Grayフィルターなど7つの新シリーズのフィルターを出展。またBurbankへの事務所移転も発表された Angenieuxは12倍の高倍率ズームのシリーズとしてOptimo Ultra 12x FF/VV、Optimo Ultra 12x U35、Optimo Ultra 12x S35がある。Angenieux Optimo Ultra 12x 24-290mmを新製品としてアナウンス Optimo Ultra 12x FF/VVで36-435mmT4.2 シグマシネマはIBCで発表された28mmT1.5や40mmT1.5、105mmT1.5などの新製品のほかマウントアダプターMC21などシネマレンズ13本や写真用レンズを出展 Tokina Cinemaは、プライムレンズの新製品VISTA ONE T1.5VISTA ONE T1.5やCINEMA 50-135mm T2.9 MKIIなどを新製品として出展

P+S TECHNIKというと日本ではDOFが流行った時代に有名になったメーカーだが、Technovision Classic AnamorphicsやEvolution 2X Anamorphicsなどのレンズなども扱っている。

P+S TECHNIKの新製品Technovision Classic 1.5X 40-70mm TRUE LENS SERVICESはレンズの改造を行う会社で古くなったレンズのリペアのほかマウントの改造や写真レンズをシネレンズに改造などを専門に行っている。オリジナルのレンズやマウントアダプターなども販売している
Day02 [NAB2019デイリーレポート] Day00

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-04-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Vitec Group]様々なブランドの三脚やバッテリー、照明器具などが集結

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Avid]大規模チーム向けにカスタマイズ可能な役割ベースのユーザーインターフェースなどを搭載したMedia Composer 2019を展示

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表

NewTekブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

[NAB2019:SIGMA]プライムレンズの新製品「28mm T1.5 FF」「40mm T1.5 FF」「105mm T1.5 FF」や、ほぼすべてのスチル用交換レンズを展示

SIGMAブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google C... 続きを読む

[NAB2019:SHURE]デジタルワイヤレスシステムを中心とした展示。実際のスタジオを模したコーナーでワイヤレスマイクの実動作をデモ

Shureはすでにワイヤレスシステムを一新し、これを市場に浸透させるべく積極的に展開しており、日本国内でもInterBEEなどでも見て分かる通り全面に出してアピールしている。 ... 続きを読む

[NAB2019:TASCAM]ビデオエンコーダー/デコーダー/レコーダーシステムVS-R264/VS-R265を参考出品

TASCAMブースでは、Dante対応ML/MMコンパクトプロセッサーシリーズや、DSP内蔵マトリクスミキサーMX-8A、24トラックライブレコーディングミキサーModel24、新... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019]Day03(4月10日) 今年はレンズに注目!老舗から新規参入まで様々なレンズ模様を探る