PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2019]Vol.09 これからの世界と自分を見据えるためのSXSWの歩き方

News

[SXSW2019]Vol.09 これからの世界と自分を見据えるためのSXSWの歩き方

2019-04-26 掲載

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部

SXSWの「未来が見える場所」からの脱皮

毎年SXSWインタラクティブイノベーションアワードでは「ブレイクアウトトレンド」といって、その年のSXSWインタラクティブ期間中に一番話題になったことというのを発表している。

過去の記事でも書いたが、昨年は「Globally Connected(世界的なつながり)」だった。 ずっと「SXSWは未来が見える場所だ」と言ってきたが、ここ数年私は“未来”という言葉を使うことを極力控え「これからあるべき世界、そして自分を考える」場所なのだと説明をするようにしている。

テクノロジーの進化だけでなく、政治・働き方・家族感など様々な価値観の変化について議論がSXSWでは2015年くらいから多くなる中で、米国内だけに留まらず世界各国から集まった参加者がこれからのあるべき世界、そして自分たちのあり方を議論する姿勢がより求められたのが昨年の象徴的な出来事だったのだ。

今年のブレイクアウトトレンドは「Confronting an Era of Digital Distrust – デジタル不審時代への対峙」と発表された。FacebookやTwitterなど巨大化するテックカンパニーへの不信感があらわに表出し、いま・すぐに議論が必要なこととしてトレンドにあげられたのだろう。いわば「テックカンファレンスのSXSW、未来が見える場所からの脱皮宣言」とでも言うかのように。

日本でもスタートアップや新ビジネスの話題は尽きない。刺激的なビジネスモデル、使いやすいUI/UX、そして斬新な起業家たちのビジョン。私の会社もこのような分野が専門である。

だからこそ今年のSXSWは自分にとっては(沢山ライブに行ったしビールも飲んだしタコスも食べまくったけど)「浮かれてられない」年だった。その心の変化をSXSWのレポートとともに感じていただけたら幸いである。

今年のSXSWの風景となってた自動スクーターだがそれらが放置されたり集めているワーカーの様子を見ると闇を感じる一面もあった。楽しく乗ったけどね

テックカンパニーの「本当の正義」が問われる時代へ

Facebookはケンブリッジアナリティカ問題などをきっかけに、ザッカーバーグの議会証言や#delateFacebook運動など風当たりが強い日々が続いた。そんな中、ザッカーバーグが「Building Global Community」というブログポストを公開した。

残念ながら日本語訳は出ていない。その中身は、貧困の撲滅や地球環境の改善そして何より平和で相互理解のあるグローバルコミュニティの基盤となるべく、Facebookが今後取り組んでいきたい課題を5つまとめているマニュフェストみたいなものだ(Forbes Japanがわかりやすい記事を出しているのでぜひ読んでもらいたい)。

私は単純なので、この記事を読んだ時にザッカーバーグの言っている事は素晴らしい!世界を変えるプラットフォームなのだ!とポテンシャルを感じてしまった。 しかしその考えは大きく変わることとなる。

ザッカーバーグの若き日の頃を知るFacebook初期メンターのRoger MacNamee氏

「Zucked: Waking Up to the Facebook Catastrophe」を出版したばかりの投資家ロジャー氏がSXSW2019のセッションは、ザッカーバーグのポストなどは「PR」でしかないと批判したのである。もっと根本的な方針転換、特にビジネスモデルの変革をFacebookは求められていると彼は語った。

FacebookやTwitterは、個人が自由に自分の意見を投稿・シェアできるプラットフォームである。しかし、そのビジネスモデルはメディアと同じ広告ビジネスだ。そのため人工知能を使って個人に提供される情報を編集・操作し、個人の投稿、そして広告がより効果的に配信されるように日々技術を向上させている。

では、例えばとある投稿が炎上した時に、どのような責任がこれらのプラットフォームに問われるのであろうか?プラットフォームとして「それは投稿した個人の責任」と言い切ってしまっていいのだろうか?

従来の手法に当てはめるのも間違っているとは思うが、単純に新聞社や雑誌社だったら何かしら対応する気もする。だからこそ、Facebookに完全に責任がないとは言い切れないのではないかと私は感じた。

象徴的な事件を取り扱うセッションをもう一つ紹介したい。

SXSWの殿堂にも選ばれたテックジャーナリストのカーラ・スウィッシャー氏と対談をしたのはコメディアンのキャシー・グリフィン氏

コメディアンのキャシー・グリフィンは、血だらけのトランプ大統領を模した人形とともに写っている写真をSNSにアップし炎上したことで日本でもニュースで話題になった。彼女の投稿により、Twitterで彼女がテロリストだというフェイクニュースがどんどん拡散され、彼女は仕事もキャンセルされた。そしてTwitterでの脅迫が続き、最終的にはFBIの監視下に置かれ自由に行動ができなくなる自体に発展したのだ。果たして、この時Twitter側はどう対応すべきだったのだろう?

キャシー氏が言うには、Twitter側からの連絡は一切なく、CEOのジャック・ドーシーを壇上で非難した。このような炎上はTwitterにとっては「稼げるチャンス」でもある矛盾を抱えているからだろう。コミュニティガイドラインを作ったり、フェイクニュースをなくしていく技術的な改善をもちろんプラットフォーマーは尽力しているが、小手先の修正ではない根本の解決を探る姿勢がもっと必要なのだと感じた。

収益性の高いビジネスを作り、立派なビジョンを持っていても、それだけでは済まされない。今後より深刻に「本当の正義」を考えながら仕事をしていかなければならない時代に突入したと切に痛感したSXSWであった。

テクノロジーや新ビジネスの光と闇。その両面を見据えるチカラをもらえる映画たち

私は「本当の正義」を議論する上では知識人だけが集まって議論するだけではよくないと考えている。すべての生きる人が自分で考え、それこそSNSなどを通じて議論できる世界を望んでいるからだ。

そういう意味でも、今年のSXSWのFilm部門は多くを議論を生み出す作品を輩出した。待つ列が激しく観れなかったものも多かったが、いくつかその作品を紹介したい。

■Human Nature -遺伝子編集技術についてのドキュメンタリー

遺伝子編集技術のCRISR Cas9はSXSWでもここ数年話題になっている技術だ。2016年にはアワードで遺伝子編集シミュレーションソフトウェア「Desktop Gene」が受賞し、その翌年のキーノートでは研究者のジェニファー・ダウドナ氏が登壇した。

この作品はCRISPR Cas9が過去の遺伝子診療・治療とどう違うかを解説し、モーショングラフィックを多用しながら誰でもわかるように技術を説明をした上で、その技術に対して衝突している価値観を交差させながら物語を展開する。

この技術によって引き起こされるかもしれないデザインベイビーの問題などを提示するだけでなく、この技術により助けられる病人やその家族の発言なども並行して取り上げる。見た後の読後感としては「答えがなくて悶々とする」わけであるが、よりこの技術に対して議論が必要なものなのだと確信することができた。

■Autonomy – 自動運転について考えさせるドキュメンタリー

トレイラーがなくて残念だが、今年のSXSWでは自動運転についてのドキュメンタリーが上映された。

この映画は私は見ることができなかったが、見た人の話を聴くところによると、先ほど説明したHuman Natureと同じように特に結論があるわけではなく、少し悶々とする=議論したくなる作品だったと言う。昨年のこの記事でも取り上げさせていただいたが、ジャーナリズムのスタンスが「講義」から「対話」に変化しているのだと感じた。

その他にも、投資家、シリコンバレー、そしてスタートアップ界の闇を描いた作品も上映された。史上最悪のスタートアップ詐欺とも呼ばれたサイノスのCEOのエリザベス氏を取り上げたドキュメンタリーだ。

ちなみに、セッションの紹介もしたキャシー・グリフィン氏が自身で製作をしたスタンドアップコメディ・ドキュメンタリーもSXSWで上映された。

このように、セッションだけでなく、映画にもその年のテーマが表れている。インタラクティブ部門だけでなく、是非フィルム部門にも目を向けてもらいたいし、日本においてもこのようなテクノロジー⇄コンテンツの交差がもっとみられるようにしていきたいと感じた。

来年のSXSWに向けて「自分への眼差し」を強化したい

テクノロジーや新ビジネスに関してネガティブな発言が続いているように見えたかもしれないが、私はその進化は止めるべきではないと考えている。私が言いたいのは、議論ができる環境を整えるべきだという事だ。

「SXSWで話題になった事は2-3年後に日本で話題になる」ので、このようにテックカンパニーへの風当たりが強くなる時代もくるかもしれない。その時に備えて置くためにも、いま自分ができることは何なのか?を考えたいと思っている。

日本人で「SXSWには解はないが問いはある」と言う素晴らしい言葉を考えてくれた方がいたようだ。その通りで、SXSWは対話が全てである。様々なラベルを取り払い、解がない議論をグローバルに行う素晴らしさは滅多にない体験なので是非体験してほしい。

更にいうならば、SXSWで一番得られるものは「自分」との対話なのだと自分は考えている。自戒の意味を込めてSXSWに行った人は改めて「世界」ではなく「自分」にも眼差しを向けてほしい。

あなたが今すべきことは何ですか?それが「これからの世界」につながるんだということをもっと感覚を研ぎ澄まさなければならない局地に立たされていると感じ、自分は来年のSXSWに向けて日々精進していきたいと思っている。

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部
Vol.08 [SXSW2019] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-04-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。

トップ > 特集 > [SXSW2019]Vol.09 これからの世界と自分を見据えるためのSXSWの歩き方