PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.03 LUMIX「S1H」開発の背景をパナソニック香山氏に聞く
News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.03 LUMIX「S1H」開発の背景をパナソニック香山氏に聞く

#Digital Cinema Bülow #cinegear #CineGear2019

2019-06-12 掲載

txt・構成:編集部

パナソニックは5月31日、Cine Gearでプレスカンファレンスを開催し、LUMIX S1Hの開発を発表した。6K24Pや5.9K30P動画記録の実現、10bit Cinema4K/4K60Pなど、シネマカメラに匹敵するスペックを特徴としている。しかし、公開された仕様はごく一部で、全容はベールに包まれたままだ。そこで、S1Hの開発指揮を行った香山氏にCine Gearの会場で話を聞くことができたので紹介しよう。

S1Hの商品企画を担当したパナソニックの香山正憲氏

シネマ撮影にも対応するS1H!!

――今回発表されたS1Hのスペックには驚きました。S1Hでは、主なターゲットはシネマ撮影と聞いております。

ありがとうございます。LUMIXとしてはシネマカメラとしても相応しい商品をようやく開発できましたので、今回のCine Gearという映画撮影機材専門の展示会で発表させて頂きました。S1Hを発表しましたプレスイベントも「LUMIX Cine Gear」という名称でやらせて頂きました。

――S1Hに搭載されるイメージセンサーは、従来のS1シリーズと同じ、縦横比3:2の35mmフルサイズでしょうか?

35mmフルサイズセンサーです。スペックが気になると思うのですが、あくまでも開発発表段階ですので詳細はお答えできないのですよ。

――S1Hは、民生用と業務用のどちらになりますか?

S1HはあくまでLUMIXブランドでありますが、用途としては民生用でも業務用でもお客様次第で幅広く使っていただけるカメラと考えています。

――発売時期と値段を教えてください

現時点は開発発表段階ですので正式決定ではありませんが、発売時期は2019年の秋頃、価格は4,000ドル前後を目標に開発を進めています。

LUMIXからVARICAMまで、一貫してルックを合わせられるV-LogやV-Gamutに対応

――パナソニックの撮影機材には、業務用シネマ向けのVARICAMと一般向けのLUMIXのシリーズがありますが、S1HはVARICAMシリーズを脅かす存在にも見えます。

確かに弊社には、VARICAMブランドとLUMIXブランドの2つのブランドがありまして、完全に別れているように見えるかもしれませんが、予算のある撮影には、メインカメラには慣れ親しんだスーパー35ミリの被写界深度と豊富なインターフェイスによる信頼性からVARICAMが選択されると思っています。

一方、S1Hは、メインカメラと同じクオリティの映像が撮れて、ハンドヘルドタイプなのがポイントです。例えば、カメラを自由にアングルフリーで動かすシーンでは、やはりLUMIXシリーズが、VARICAMの機動性を補うことができると思っています。メインカメラはEVA1やVARICAMを据えて、周辺の表現をS1Hのシネマクオリティで撮る。VARICAMとLUMIXは、そのような関係で捉えていただけるとありがたいかなと思います。

また、昨今ではカメラマンの方々が写真撮影のお仕事だけでなく、SNS向けなどの動画撮影やシナリオ制作のお仕事をされる機会も増えていると伺っています。デジタル一眼カメラの動画機能強化が広がってきている市場変化の中で、他とは違うワンランク上の映像制作の一助になれると嬉しいです。

――S1Hは、フルサイズで4K60Pなどスペックが魅力的です。自社製品のEVA1やVARICAMには一切遠慮していないのには好感が持てます。

正直、遠慮はしていません。ただ、メインカメラとして選ばれるカメラは、インターフェイスやルックから検討されることは当然あると思っていますので、あまり小型なカメラでスペックがオーバーだからといってシネマカメラを侵食することはないと考えています。

VARICAMからLUMIXまで一貫してルックを合わせられる。上から下までラインナップが広がることで映像表現の幅が広がる。そのような思いを、お客様に届けたいと思っています。

――ボディデザインを見ると、前側にRECボタンがあります。これは予定ではなく、決定ですか?

確かにGH5Sでは赤いボタンはRECボタンでしたね。現時点では、お答えすることはできないため、ご想像にお任せしたいと思います。

開発試作機には、前面にもRECボタンらしきものを搭載している。その点から、S1Hは完全に動画カメラということが読み取れる
――収録の無制限記録の実現も特徴だと思います。冷却の関係でボディの形状が従来のS1から変わるのでは?と思ったのですけれども、形状が変わっていないのには驚きました。

ボディの形状はモックアップを見ていただいて、想像をしていただければと思いますが、まさに今も日本の開発メンバーは苦労している最中でして、今回の開発発表では、すべての記録モードのうち、一部の発表に留めさせて頂きました。動作保証温度などのスペックも公開していませんが、搭載するすべての記録モードにおいて、時間無制限であることは公開させていただきました。

時間無制限は、プロフェッショナルの方々に信頼して使って頂けるポイントの1つだと考えています。放熱設計技術は、GHシリーズを開発する中で研鑽していまして、今回フルサイズセンサーを搭載したS1Hではさらに強化を図っています。

真横から見ると、LCDの搭載しているブロックが少し膨らんでいる
――S1Hは、V-LogやV-Gamut対応も魅了的ですね。

これまでGHシリーズでは、「V-Log L」と呼ばれるLogガンマモードを搭載し、12ストップを公表値とさせて頂いております。S1Hでは、フルサイズセンサーの採用で、イメージセンサーが持つダイナミックレンジやカラーリプロダクション性能をしっかりLogの中で活かすことができるようになり、V-Log Lではなく、さらに上に伸ばせるV-Logの対応で、ダイナミックレンジは14+ストップの広い階調を実現しています。

実は過去には、LUMIXオリジナルのLogを検討した時期もありました。しかし先ほど申し上げた通り、VARICAMからLUMIX まで一貫したルックとして仕上げたいというワークフローの視点に立ったとき、1本のルックアップテーブルの中でカラーマッチングをとることに最適化を図ることが求められる姿ではないか、という結論に達しました。

――最後に、プレスイベントでは登壇したAlicia Robbins氏がS1Hを使って撮ったプレビュービデオを公開しました。ATLASレンズのアナモフィックレンズを使って撮影をされていましたが、S1Hとアナモフィックレンズの組み合わせは面白そうですね。

S1Hを開発する上では、マウントアダプターを介してシネレンズやアナモフィックレンズが使用されるケースは、S1Hの宿命として考えていますし、スーパー35ミリのサイズ感は当然意識しています。

弊社は、「Lマウントアライアンス」で協業しており、Leitzさん、シグマさんには、魅力的なシネレンズやLマウントにつながる変換アダプターが存在します。そのシネレンズの性能を最大限に発揮する記録モードがS1Hでは必要になると考えていますし、もちろん、「アナモフィックでシネスコが撮れます」という世界も、S1Hはしっかりと意識して開発を進めています。

実際にGH5やGH5Sで「アナモフィック(4:3)モード」を搭載し、ご好評の声を頂くと同時に、多くの学びを得ることもできています。これらを活かしたS1Hのアナモフィックモードにもご期待頂きたいと思っています。

txt・構成:編集部
Vol.02 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.03 LUMIX「S1H」開発の背景をパナソニック香山氏に聞く