PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.04 次世代VARICAM構想とS1Hの開発についてパナソニック三井…

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.04 次世代VARICAM構想とS1Hの開発についてパナソニック三井氏に聞く

2019-06-13 掲載

txt・構成:編集部

ラインナップ間の競合は気にしない。全力で良い製品を届け続ける

Cine Gearにおけるパナソニックブースは、S1H開発試作機展示に来場者が多数集まり盛り上がりを見せていた。しかし、パナソニックのシネマカメラといえば、Dual Native ISOやLookに定評のあるVARICAMやAU-EVA1(以下:EVA1)も相変わらずの人気だ。シネマカメラを担当する三井隆博氏にVARICAMシリーズの近況を聞くことができた。

パナソニックの三井隆博氏
――同じパナソニックからS1Hの開発発表が行われました。今後、VARICAMシリーズと一部競合することも考えられますか?

“競合する”という意識はありません(笑)。ちなみに私は、VARICAMやEVA1を担当しながら、S1Hの開発にも関わっています。特にラインナップとして重要な画作りの開発をLUMIX部隊と共に進めております。

――他社カメラメーカーでは、民生用カメラと業務用カメラの開発チームは完全に縦割りで別々という話を聞くこともあります。御社は異なりますか?

実は、LUMIXとVARICAM/EVA1の開発部隊は同じフロアで、しかも隣に座っています。仲は良いですよ(笑)。LUMIXの商品企画の香山氏とは、GH4開発時からいろいろと協力してやっています。我々がVARICAMでV-Logをリリースした時に、「GHシリーズにも搭載したいね」と話を頂いたのがきっかけです。そこから実現したのが、GHシリーズに搭載された「V-Log L」です。

VARICAMシリーズのデモ機のまわりはいつも大勢の人が集まっていた
――LUMIXにシネマ対応で35mmフルフレームカメラが発売すると聞いたときに、それはまずVARICAMででるべきではないか?とも思いました。

そうですね。確かにラインナップ的には、VARICAMのフルフレームのフラッグシップモデルを最初にリリースしたほうが良いように見えるかも知れません。しかしながら、LUMIXが先行して良い商品を開発できるのであれば、パナソニックとしてはその価値を早く市場にお届けするべきです。もはや、ラインナップ間の競合を懸念して、開発順番を調整したり機能制限したりするような時代ではないと思っています。とにかく全力で良い製品を届け続けないと、生き残っていけないですから。

Tシャツに描かれたVARICAM LTのイラスト

次のVARICAMはもっと先に進んだ映像表現を実現できるカメラに

――逆にフルフレームを実現したVARICAMの計画というのはあるのでしょうか?

構想はあります。常に“次の進化”ってなんだろう?と考えています。例えば、VARICAM35の発売は2014年で後発でしたが、いくつかの“次の進化”を搭載したことで、Netflixのオリジナル作品などのビッグバジェットの撮影に数多く採用していただけました。国内でも最近では「轢き逃げ-最高の最悪な日-」など、多くの作品でご使用頂いております。

その上で、次期VARICAMが実現すべき“次の進化”は何か?と考えると、やはり次の新しい映像表現であるべきで、トレンドであるフルフレームに乗っかるだけでよいのか?その先の映像表現とは何か?といった議論が常になされております。新しい世界をお届けできるよう、メンバー一丸となり努力致します。

――先ほど言いました「轢き逃げ -最高の最悪な日-」や「映画 賭ケグルイ」などでもVARICAMで撮影されています。これらの現場では、なぜ御社のカメラが採用されたのでしょうか?

ダイナミックレンジなどの基本特性に加え、シネマカメラなのでLookも選ばれる理由だと思っておりますが、やはり最大の特徴であるデュアルネイティブISOも大きな採用理由だと思います。ここ最近は、撮影監督の皆さんがISO5000の高感度がもたらす様々な価値を見つけて下さっています。

いつもVARICAMを使って下さっているASCの方は、ISO5000による低予算化(照明パッケージが半分になった)に加え、照明セッティングの時間が大幅に削減できることから、どういう画を創るべきか?という現場での議論に、多くの時間が確保できるようになったとおっしゃっていました。シネマトグラファーの皆さんが本質的に欲しているクリエイティビティを高める時間を多く提供できることも、弊社のカメラの価値だと教えて下さいました。

VARICAM 35の性能・機能を凝縮したVARICAM LT

VARICAMやEVA1のシネマテイストをライブ運用で活用

――EVA1とVARICAMシリーズに動きはありますか?

VARICAM/EVA1ともに、HLG(Hybrid Log Gamma)などライブ向け機能を強化したファームウェアをリリースしました。ライブ系コンテンツが爆発的に増えている中、一方で様々なコンテンツにおいてシネマチックな映像表現を要望する声も高まっています。その二つの状況に応えるべく、VARICAMやEVA1にライブ用途の機能を拡充し、「Cine Live」と「EVA-Live」として推進しております。

浅い被写界深度で柔らかいシネマチックなVARICAMのLookの映像表現をライブの世界で使って頂く。これも“次の進化”の一つだと思い取り組んでおります。大変有難いことに、世界中の多くのライブの現場で使って頂いております。

――LUMIXシリーズとVARICAMシリーズで、どういった製品が誕生しそうですか?

冒頭にも言いましたが、LUMIXとVARICAM/EVA1は弊社シネマカメラのファミリーとして、積極的に協力して開発をしていくことが増えると思います。

VARICAMやEVA1が築いてきた価値とLUMIXが築いてきた価値、それらをもっと融合して、より新しい映像表現を皆さんに届けていきたいですね。御期待頂ければ有難いです。

txt・構成:編集部
Vol.03 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジー/アスクブース:ビデオアシストソフトウェア「QTAKE」の専用ハードウェアを手掛けるOVIDE社が新製品を展示

QTAKEを活用したハードウェアを開発するOVIDE社 今年のナックイメージテクノロジーは、3つのブースに分かれて出展。そのうちの一つ(ブース番号7410)では、VR・AR・... 続きを読む

[InterBEE2019]DVCブース:5m先に15kgの先端荷重対応、かつ短時間のセッティングが可能なジンバル専用クレーンの新製品「QKC705」を展示

高い荷重に対応したクレーンの新製品「QKC703」や「QKC705」を展示 クレーンや三脚を取り扱う01TECHは、代理店のDVCと共同ブースで出展。目玉は、Ronin-s、... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.04 次世代VARICAM構想とS1Hの開発についてパナソニック三井氏に聞く