PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.05 Sony DMPC(Digital Media Product…
News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.05 Sony DMPC(Digital Media Production Center)オープニングイベントレポート

#Report NOW! #Digital Cinema Bülow #cinegear #CineGear2019

2019-06-14 掲載

新しいDMPCは、LA東北部の山中のMedia Center Driveにある
txt:手塚一佳 構成:編集部

Sony DMPCがオープニングイベントを開催!

5月30日、Cine Gear 2019の関連イベントとして、Sonyは「DMPC(Digital Media Production Center)」のオープニングイベントを、LA北部にある同センター(2706 Media Center Drive)において開催した。

DMPCは、2012年から米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)のスタジオ内に「Digital Motion Picture Center」として設置され、シネマカメラをはじめとするプロフェショナル機材のセミナーやイベントを行ってきたが、SPE内にあった当施設をハリウッドにほど近いこの場所に移設し、今回新たに「Digital Media Production Center」としてスタートを切った。

DMPCの看板には「Digital Media Production Center」の文字が。モーションピクチャーのみではなく、静止画やネットも含めた全てのデジタルメディアを扱うためのSony北米拠点だ

新たなDMPCの場所には、元々同社α系のスチルカメラのカスタマーセンターと関連倉庫が置かれていたが、同社のEマウント統合戦略「1 Mount」路線により、業務用映像機器のテストシューティングも可能な映画からテレビ、ネット映像、そしてスチル撮影まで、デジタル光学製品を横断する大規模な設備として生まれ変わったものだ。北米のSony映像・デジタルメディア機器ユーザーは、事前予約によって、機材導入前、あるいは機材の疑問点が出たときにこのDMPCを利用して、実際の機材を試用することが出来る。

今回、Cine Gear2019の前夜にこのDMPCのオープニングイベントは執り行われたが、Cine Gear 2019のSony展示の先行紹介等もあり、また様々な新設備の初お披露目と言うこともあり、大いに盛り上がった。

DMPCオープニングイベントは様々なイベントがひしめくCine Gear前夜に執り行われた テープカットの様子。いよいよ新しいDMPCのスタート!

新しいDMPCに設置された設備の中でまず注目したいのは、カラーグレーディング設備を備えたシネマ関連のテストルームだ。ここには、見慣れたグレーディング設備が設置され、同社デジタルシネマカメラ「VENICE」などで撮った映像を対象として、ハリウッド標準でのカラーグレーディングを実際に試すことが出来る。マスターモニターはもちろん最新のSony「BVM-HX310」であり、標準品質での確認が可能だ。また、この部屋にスマートフォン「XPERIA 1」も展示され、そのモニター特性が「BVM-HX310」に似せたものであることが明確に示されていた。

グレーディング設備がある点に注目。「VENICE」だけでなく、Sonyカメラと連動したProRes RAW等のテストも期待したい グレーディング設備の横にSonyのスマートフォン「XPERIA 1」があったのが印象的だった

カラーグレーディング環境があるからには、当然に撮影スタジオも気合いを入れなければいけない。通常、こうしたテストシューティング設備では、部屋の隅のちょっとした撮影ブースで簡単に撮影して、というスタイルが多いが、DMPCではなんとゴージャスにも、本格的なシネマ撮影スタジオを設置して、テストシューティングが出来るようになっていた。照明も、ビデオ向け照明やシネマティックな室内照明だけでなく、屋外光を模した窓の透過照明や、間接照明なども用意してあり、様々な撮影シチュエーションを試せるようになっていた。

筆者の「これ、映画撮れちゃいますね?」という言葉に対してSonyの担当者の方が「規模は小さいですけど、室内シーンくらいなら本当にハリウッドクオリティで撮れますよ」とあっさりと返してきたのが印象的であった。ここまで本格的なテストシューティング環境で機材を試せるというのは、なんと贅沢なことだろうか。

テストシューティングルームは、間接照明や透過光設備のある本格的なスタジオ設備となっていた

新生DMPCがMotion PictureではなくSony製Media Product全体をターゲットとしているからには、当然、スチルのスタジオも用意されている。スチルスタジオルームはかなり広大なもので、ライトやホリゾントなどの設備も充分なものであった。ここで、αシリーズなどのテストを行うことが出来るという。レンズも一通り取りそろえてあり、充分に性能を試すことが出来るだろう。

スチルスタジオルームも大変立派な設備。正直、筆者がよく借りる日本のスタジオよりも広い!

もちろん、ビデオ・TV放送系の設備も用意されていて、スイッチャー設備や音響設備などもテスト環境が設置されていた。単に放送系の音響などにこうした設備を用いるだけでなく、ネット放送対応などへの利用も考えられるだろう。

スイッチャー設備や音響設備もフル対応

このようにしてスタートしたDMPCだが、そのオープニングイベントでは、サプライズがあった。それは、同社シネマカメラ、CineAlta「VENICE」のファームウェアVer.5.0の発表だ。

「VENICE」のファームウェアバージョンアップは、全くの新カメラと言ってもいいくらいの思いきった新機能を搭載してくる事で知られており、そのため、同カメラは発売一年数ヶ月を過ぎてもまだまだ最新鋭のシネマカメラとして業界最先端の機能を搭載している。

今回の「VENICE」Ver.5.0では、2.39:1比率の6K映像での90fps対応、17:9比率の6K映像での72fps対応が盛り込まれ、今までオーバークランクでは4Kに解像度を下げざるを得なかった場面でも、6Kのままの撮影が出来るように機能搭載された事が大きなニュースだろう(ハイフレームレートライセンスやフルフレームライセンスが別途必要)。

こうしたハイフレームレート対応によって、Ver.4.0で対応が盛り込まれた「VENICEエクステンションシステムCBK-3610XS」(通称「ろくろ首」)を装着すれば画質を落とさないままでのアクション撮影が可能となり、今までアクションシーンになると低性能のクラッシュカメラに切り替わって急に画質が落ちざるを得なかった映画映像の世界が、大きく変わることが期待される。

オープニングイベントでは、「VENICE」ファームウェアVer.5.0のサプライズ発表もあった

また、新生DMPCには、インテリアとして随所にSonyのカメラの歴史的機材が置いてあるのも印象的であった。筆者も苦楽を共にした覚えのある機材ばかりで、映像の歴史がSonyと共にあったという実感を抱く事の出来る粋な展示だと言えるだろう。

使った覚えのある機材があちこちに置いてあるのは嬉しい

こうしてスタートした新生DMPCは、前述の通り北米ユーザーであれば予約して利用することが出来るという。日本からの対応についても応相談とのことだったが、映画撮影のメッカであり、PVやイメージ映像撮影の定番でもあるハリウッド・LA近郊でこうしたテストセンターが使えるのは、大きな安心材料となるだろう。

折しも、同社の「VENICE」がハリウッド市場に受け入れられ、いよいよ本格的に日本のデジタルシネマカメラが世界に打って出る時期がやってきている。DMPCの開設は、そうした状況の強い一助となる事だろう。

txt:手塚一佳 構成:編集部
Vol.04 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.05 Sony DMPC(Digital Media Product…