PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.09 ARRI、パンバータイプのコントローラー「DEH-1」やシグネ…
News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.09 ARRI、パンバータイプのコントローラー「DEH-1」やシグネチャープライムレンズの12mmと280mmを初展示

#Report NOW! #ARRI #Digital Cinema Bülow #CineGear2019

2019-06-19 掲載

txt・構成:編集部

パンバータイプで操作できる「DEH-1」をCine Gearで初展示

ARRIブースでもっとも話題の展示はデジタルエンコーダーヘッドの「DEH-1」だ。DEH-1はCine Gearが初展示となり、国内でも国外でも非常に要望が多かったコントローラーだという。

ARRIは、防振性能を備えた3軸のスタビライズリモードヘッド「SRH-3」をリリース中だが、コントローラーにはジョイスティックタイプのリモートコントロールパネルやギアヘッドタイプのデジタルリモートホイールしかなかった。

ジョイスティックタイプは単純なゲームのコントローラーのようなスタイルで、ギアヘッドタイプは日本だとあまり使い慣れている人がいないのが現状だ。

そこで新しく登場したのが、パンバータイプのコントローラー「DEH-1」だ。これを使うといままで三脚を振っていたのと同じ感じで操作することができる。

DEH-1は、イタリアのカメラサポート老舗ブランド、カルトーニとの共同制作で実現したもので、カルトーニから発売されているリモートコントローラーにARRI用のLバスと呼ばれるシリアルバスを対応させたり、レンズコントローラーが対応するように改良を加えてパンバータイプとして実現したものだという。

ARRI RentalがDNA LFを発表

ARRIレンタルは、ALEXA LFに対応したDNA LFレンズを発表した。ARRIのDNAレンズは、65mmサイズセンサーを搭載したALEXA 65専用レンズだ。ARRIは今後、マウントはLPLに一本化していく方向を打ち出しており、その流れでARRIレンタルのDNAレンズがLPL化される。

DNA LFを使えば、これまでALEXA 65でしか使えなかったレンズが、LPLマウントで使うことができる。ただ、DNA LFはレンタル専用機なので、販売予定はない。

■DNA LFレンズのラインナップ

21mm 25mm 29mm 35mm 50mm 75mm 85mm 100mm 135mm
T1.5 T1.5 T2 T2 T1.5 T1.5 T1.5 T2 T2

LFシリーズにスーパー35のセンサーエリアだけを使うモードを搭載

NABで発表されたALEXA Mini LF。LFとMini LFに将来、スーパー35モードの搭載が発表された

NABでALEXA Mini LFが発表されたが、ALEXA LFと並んで大変な話題だ。すでにMini LFは数千台のオーダーが入っているという。そのMini LFとALEXA LFに、共通のアップデートとしてスーパー35モードの搭載が発表された。リリース時期は未定。

ALEXA LFには、センサー全体を使える「LF Open Gate」、4Kが撮れる「LF 16:9」、シネスコの画が撮れる「LF 2.39:1」という3つのセンサーモードが搭載されている。そこにスーパー35のセンサーエリアだけを使える「スーパー35モード」が将来的に追加されるという。

ALEXA LFのセンサーを使ってもともとのALEXAと同じ画が撮りたい。スーパー35のセンサーサイズだけ撮りたいという要望が多く、その要望に答える形で実現予定だという。

これまでは、センサー全体を使える「LF Open gate」、4Kが撮れる「LF 16:9」、シネスコの画が撮れる「LF 2.39:1」の3つのセンサーモードを搭載

シグネチャープライムレンズの12mmと280mmを初展示

シグネチャープライムの12mmと280mmが初展示された。これでシグネチャープライムの全ラインナップ16本が揃う。シグネチャープライムは、他のメーカーのシネマプライムレンズより、テレとワイドが長いラインナップを揃えているのも特徴といえるだろう。

12mmは、Ultra Wide Zoomと呼ばれるスーパー35用の超広角ズームレンズの技術を応用しており、一般的な超ワイドレンズに見られる角が丸くなって魚眼的な画を抑えた、歪のない画が撮れるようになっている。

テレ側には、280mmが登場。テレ側は150mm、200mm、280mmと細かく刻んで、高い勝手を実現している。


txt・構成:編集部
Vol.08 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.10

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:ARRI編

製品レポート SRH-360 Orbiter Stellar 2 ... 続きを読む

[再現NAB2020:ARRI]様々なライティングがフレキシブルに行える高輝度LED照明「Orbiter」

ARRIの新ライト、高輝度LED照明「Orbiter」 昨年発表されたARRIの高輝度LED照明「Orbiter(オービター)」は、新しいLED素子技術によりかつてな... 続きを読む

[再現NAB2020:ARRI]照明制御アプリStellarの最新バージョン「Stellar 2」でARRI以外の灯具を制御可能に

他社製の灯具も制御可能となった「Stellar 2」 ARRIの照明制御アプリStellar(ステラ)の最新バージョン「Stellar 2」を紹介しよう。Stella... 続きを読む

[再現NAB2020:ARRI]改良型スタビライズドリモートヘッド「SRH-360」を発表

従来機からパン軸の機能が大幅に改良された「SRH-360」が登場 ARRIから新製品として改良型スタビライズドリモートヘッド「SRH-360」が発表された。SRH-360はユ... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.09 ARRI、パンバータイプのコントローラー「DEH-1」やシグネ…