PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Suprem…

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

2019-06-20 掲載

txt・構成:編集部

Supreme Primeの拡充から見えてくること

Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。その中でも、数多くの有名なシネマ撮影を支えているカールツァイスブースは特に注目の存在だ。今年のツァイスブースでは、2019年9月に出荷予定のSupreme Prime 21mm T1.5や135mm T1.5を展示。合計9本と充実してきたSupreme Primeの魅力を、カールツァイスの小倉新人氏に聞いてみた。

Supreme Primeの65mmを手に持つカールツァイスの小倉新人氏
――今年のツァイスブースの見どころは何でしょうか?

2019年9月に発売予定のSupreme Prime 135mm T1.5と21mm T1.5を展示しています。21mmはソニーのVENICE、135mmはRED MONSTRO 8K VVと組み合わせて実機展示をしています。

135mmは、空間演出に特徴のある望遠レンズです。ラージフォーマット対応の135mmとして、Supreme Primeの135mmはMaster PrimeやUltra Primeの135mmと異なるボケと奥行き感の演出ができますので、これは新しい表現域かなと思います。9月にデリバリー開始で、量産先行試作機をテストなさったDP達からは非常に高い評価を頂いています。

人を浮かび上がらせる描画が特徴のSupreme Prime 135mm T1.5

21mmは、今後拡充される15mmと18mmに続いてワイド端を担う重要なラインナップであり、スーパー35mmフォーマットでは16mm相当の広さになります。T1.5と明るく、また最短撮影距離も35cmと非常に近いため、被写体に寄ることで広角レンズながら背景は望遠レンズのようなボケが生まれます。Supreme Primeは今までワイド側のラインナップの拡充が待たれていましたが、この21mmも9月にリリースされる予定です。これら2本の登場で、映像制作者の選択肢が広がるのではないかと思います。

ソニーのVENICEとSupreme Prime 21mm T1.5を組み合わせて実機展示
――国内では65mmのレンタルも始まって7本のラインナップとなりましたが、反響はいかがでしょうか?

国内では現在、5本の劇場公開映画と2本のテレビドラマが、長期に渡ってSupreme Primeで撮影されているほか、携帯電話会社や日用品の大手メーカーコマーシャルなどでも頻繁に使われています。このためレンタル会社ではSupreme Primeの空きがない状態が続いていまして、Supreme Primeセットの買い足しを検討されているところもあります。21mmや135mmの登場は、さらに増備をプッシュするきっかけになるのではと思います。

――これまでカールツァイスはスーパー35mmフォーマットのラインナップが中心でしたが、フルサイズセンサー対応のSupreme Prime登場によって現場の反応はいかがでしょうか?

ラージフォーマットのマルチカメラ撮影の現場では、同じカメラを揃えられない場合があります。ARRI ALEXA LFとALEXA Miniや、ソニーVENICEとALEXA Mini、といった組み合わせは意外と多いものです。

こうした現場ではレンズはSupreme Primeを使っておけばラージフォーマットもスーパー35mm判もレンズは同じなので、ルックは揃います。しかし、カメラマンやカメラアシスタント達が2台の収録画角の違いをきちんと体感できていないと、スーパー35mmで見慣れている画角に対して適切なラージフォーマットレンズの焦点距離選びに迷うということが起こります。例えば、スーパー35mm判でMaster Prime 32mmと同等のが画角をラージフォーマットで再現したいときにはSupreme Prime 50mmを選べば良いのですが、この換算に混乱している方々も多いです。

そのため弊社では、スーパー35mm判からからラージフォーマットに移行した際に何mmを選択すればよいのか「Focal length finder」変換チャートをご用意しました。このチャートは今後のご要望に応じて印刷やダウンロードなどで配布してゆく予定です。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/06/190601_cinegear_VOL07_06.jpg ※画像をクリックすると拡大します
――数々の撮影でSupreme Primeが選ばれていますが、その理由はなんでしょか?

現状でほかに選択肢があまりないというのが、理由の1つでしょう。

現在はまだラージフォーマット黎明期といっても良い時期で、カメラもレンズもまだ種類は多くはありません。しかしながら弊社のSupreme Primeは、交換式マウントを備えているためにPLにもLPLにも装着できます。これはつまりARRIでもREDでもソニーでも、市場にあるほぼすべてのハイエンドカメラに装着・撮影できるということで、Supreme Primeはレンタル会社やプロダクションにとって安全な投資であると言えます。

またSupreme Primeは、一部他社にあるような個性を打ち出した描写特性ではありません。合焦点のシャープネスを維持しながらアウトフォーカスへのなだらかで心地よいボケの繋がりにこだわっており、クセが先立たない中庸な路線を実現しています。

ツァイスの立ち位置は、いつも映像業界の中心にあると考えています。実際にシネレンズのマーケットではツァイスは最大シェアを占めてはいますが、それは決して100%にはなりません。なぜならレンズというものはプロジェクト(作品意図)を反映しつつ多分に美意識と主観によって取捨選択されるため、100本の映画作品で、100人の撮影監督が全員ツァイスを選ぶというようなことは決して起こりえないからです。

これまでも、そして今後もシネレンズの業界ではツァイスがマジョリティを占めるなか、それ以外のメーカーもそれぞれに工夫を凝らした製品によってファンを獲得し、様々なレンズが共存していくという図に大きな変化はないと思います。

――ありがとうございました。
txt・構成:編集部
Vol.06 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.08

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

カールツァイス、Supreme Prime Radianceの発表会を開催。美しいルックやフレア表現が実現できる背景を解説

着々と導入が進むラージフォーマット時代の新定番レンズがコンセプトのSupreme Prime カールツァイスは11月13日、東京都内でハイエンドシネプライムのSupreme ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く