PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Suprem…
News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

#carl zeiss #Report NOW! #Digital Cinema Bülow #Zeiss #CineGear2019

2019-06-20 掲載

txt・構成:編集部

Supreme Primeの拡充から見えてくること

Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。その中でも、数多くの有名なシネマ撮影を支えているカールツァイスブースは特に注目の存在だ。今年のツァイスブースでは、2019年9月に出荷予定のSupreme Prime 21mm T1.5や135mm T1.5を展示。合計9本と充実してきたSupreme Primeの魅力を、カールツァイスの小倉新人氏に聞いてみた。

Supreme Primeの65mmを手に持つカールツァイスの小倉新人氏
――今年のツァイスブースの見どころは何でしょうか?

2019年9月に発売予定のSupreme Prime 135mm T1.5と21mm T1.5を展示しています。21mmはソニーのVENICE、135mmはRED MONSTRO 8K VVと組み合わせて実機展示をしています。

135mmは、空間演出に特徴のある望遠レンズです。ラージフォーマット対応の135mmとして、Supreme Primeの135mmはMaster PrimeやUltra Primeの135mmと異なるボケと奥行き感の演出ができますので、これは新しい表現域かなと思います。9月にデリバリー開始で、量産先行試作機をテストなさったDP達からは非常に高い評価を頂いています。

人を浮かび上がらせる描画が特徴のSupreme Prime 135mm T1.5

21mmは、今後拡充される15mmと18mmに続いてワイド端を担う重要なラインナップであり、スーパー35mmフォーマットでは16mm相当の広さになります。T1.5と明るく、また最短撮影距離も35cmと非常に近いため、被写体に寄ることで広角レンズながら背景は望遠レンズのようなボケが生まれます。Supreme Primeは今までワイド側のラインナップの拡充が待たれていましたが、この21mmも9月にリリースされる予定です。これら2本の登場で、映像制作者の選択肢が広がるのではないかと思います。

ソニーのVENICEとSupreme Prime 21mm T1.5を組み合わせて実機展示
――国内では65mmのレンタルも始まって7本のラインナップとなりましたが、反響はいかがでしょうか?

国内では現在、5本の劇場公開映画と2本のテレビドラマが、長期に渡ってSupreme Primeで撮影されているほか、携帯電話会社や日用品の大手メーカーコマーシャルなどでも頻繁に使われています。このためレンタル会社ではSupreme Primeの空きがない状態が続いていまして、Supreme Primeセットの買い足しを検討されているところもあります。21mmや135mmの登場は、さらに増備をプッシュするきっかけになるのではと思います。

――これまでカールツァイスはスーパー35mmフォーマットのラインナップが中心でしたが、フルサイズセンサー対応のSupreme Prime登場によって現場の反応はいかがでしょうか?

ラージフォーマットのマルチカメラ撮影の現場では、同じカメラを揃えられない場合があります。ARRI ALEXA LFとALEXA Miniや、ソニーVENICEとALEXA Mini、といった組み合わせは意外と多いものです。

こうした現場ではレンズはSupreme Primeを使っておけばラージフォーマットもスーパー35mm判もレンズは同じなので、ルックは揃います。しかし、カメラマンやカメラアシスタント達が2台の収録画角の違いをきちんと体感できていないと、スーパー35mmで見慣れている画角に対して適切なラージフォーマットレンズの焦点距離選びに迷うということが起こります。例えば、スーパー35mm判でMaster Prime 32mmと同等のが画角をラージフォーマットで再現したいときにはSupreme Prime 50mmを選べば良いのですが、この換算に混乱している方々も多いです。

そのため弊社では、スーパー35mm判からからラージフォーマットに移行した際に何mmを選択すればよいのか「Focal length finder」変換チャートをご用意しました。このチャートは今後のご要望に応じて印刷やダウンロードなどで配布してゆく予定です。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/06/190601_cinegear_VOL07_06.jpg ※画像をクリックすると拡大します
――数々の撮影でSupreme Primeが選ばれていますが、その理由はなんでしょか?

現状でほかに選択肢があまりないというのが、理由の1つでしょう。

現在はまだラージフォーマット黎明期といっても良い時期で、カメラもレンズもまだ種類は多くはありません。しかしながら弊社のSupreme Primeは、交換式マウントを備えているためにPLにもLPLにも装着できます。これはつまりARRIでもREDでもソニーでも、市場にあるほぼすべてのハイエンドカメラに装着・撮影できるということで、Supreme Primeはレンタル会社やプロダクションにとって安全な投資であると言えます。

またSupreme Primeは、一部他社にあるような個性を打ち出した描写特性ではありません。合焦点のシャープネスを維持しながらアウトフォーカスへのなだらかで心地よいボケの繋がりにこだわっており、クセが先立たない中庸な路線を実現しています。

ツァイスの立ち位置は、いつも映像業界の中心にあると考えています。実際にシネレンズのマーケットではツァイスは最大シェアを占めてはいますが、それは決して100%にはなりません。なぜならレンズというものはプロジェクト(作品意図)を反映しつつ多分に美意識と主観によって取捨選択されるため、100本の映画作品で、100人の撮影監督が全員ツァイスを選ぶというようなことは決して起こりえないからです。

これまでも、そして今後もシネレンズの業界ではツァイスがマジョリティを占めるなか、それ以外のメーカーもそれぞれに工夫を凝らした製品によってファンを獲得し、様々なレンズが共存していくという図に大きな変化はないと思います。

――ありがとうございました。
txt・構成:編集部
Vol.06 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.08

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:Carl Zeiss編

60seconds Shot! ■ZEISS CP.3 XD ■ZEISS Supreme Prime Radiance 製品レポート... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]「ZEISS CZ.2シネズームレンズシリーズ」

ラージフォーマットカメラに取り付けたCZ.2 15-30mm T2,9の画角は、スーパー35mm判の10-20mmに相当し、超広角ズームとなる。写真で装着されているカメラはRED ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS Supreme Prime Radiance」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS Supreme Prime Radiance」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS CP.3 XD」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS CP.3 XD」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]Supreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写が特徴の限定版レンズ「ZEISS Supreme Prime Radiance」

ショーリール「Metamorphosis」の撮影現場より。Radianceはレンズ鏡筒上部の刻印と、マウント近くの金色のラインが目印(写真:Kozo Takahashi) 6... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]レンズデータ技術のZEISS eXtended Dataを搭載したシネプライムレンズシリーズ「ZEISS CP.3 XD」

ショーリール「Morpho」の撮影現場で、RED MONSTRO 8K VVに取り付けられたCP.3 XD 35mmレンズ。近年シネマカメラが小型化していることに対応し、レンズも軽... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Suprem…