PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes …

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

2019-06-26 掲載

txt・構成:編集部

3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定

Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、ATOMOSブースでは、ニコンのFXフォーマットミラーレスカメラ「Z 7」とATOMOSの「NINJA V」を組み合わせたシネマスタイルで展示されていた。この展示の特筆すべきところは、ProRes RAW出力対応の試作機の展示で、実際に触ることも可能になっていたところだ。ATOMOSブースにはずらりとシネマカメラが並べて展示されていたが、その中でミラーレスカメラがぽつんと置いてあるのも目を引いた。

ATOMOSブースには、ずらりとシネマカメラを展示。手前がニコンのFXフォーマットミラーレスカメラ「Z 7」 マットボックスとフォローフォーカスはfotga製のJTZ DP30 SmallRigを使ってZ 7のシネマスタイルを実現

ブースに展示されていたデモ機は、すべてSmallRig製のフルケージ、ベースプレート、ロットが組み込まれていた。ATOMOS Ninja V専用ケージもSmallRig製だ。HDMIが抜けたり、倒れても故障しないようにケーブルクランプが取り付けられていた。マットボックスとフォローフォーカスは、fotga製のJTZ DP30。4×5.56インチのフィルターが入るものを使っていた。

試作機は、映像出力端子からRAWストリームデータを出力し、その信号をNINJA VでProResRAW記録できることを紹介していた。ProRes RAW以外は普通に使える形になるよう開発中で、どういった形で提供していくかも含めて検討中とのことだ。

試作機はProRes RAW出力対応。NINJA VではProRes RAW記録が行われていた

Blackmagic DesignのBlackmagic Pocket Cinema Camera 4KはRAW収録が可能だが、Z 7はフルフレームセンサーで撮影が可能。3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で面積を大きく使って収録できるというのは魅力だ。

また、ProRes RAW時は、12ビットのカラーデプスも特徴だ。HDMI出力時からN-Logを使うと10ビット、ProRes RAWにすることで12ビット対応予定だという。

また、ProRes RAWはファイルサイズの圧縮も特徴で、1TBのSSDで1時間以上の記録が可能になる見込み。ProRes RAWは可変圧縮で、撮る素材によってレコーディングできる時間が前後する。正確な収録時間の公表は難しいとのことだ。

シーンの増光、減光をISOの変化で一定露出を保つことができるISOオートを搭載

ISOのオートも動画撮影の大きな特徴といえるだろう。露出が変化を絞りでコントロールすると、被写界深度が変わってしまう。このような場合は、光量の変化に合わせてISOが変化するISOのオートが便利だ。エクスポージャーはそれほど大きく変わらず撮影が可能で、振動もなく、スムーズに動いてくれるのも特徴だ。

ベースは、NDフィルターなどで決めて、シャッター速度を1/60。絞りを1.4に固定 アングルを少し変えると、感度が「140」から「320」に変化した。ISOの変化で露出を一定にしてくれる

顔認識やタッチAFなどのオートフォーカスが動画撮影に重要

Z 7には顔認識の搭載やタッチAFが搭載されているが、動画撮影にも対応する。また、高感度側の性能の高さも動画撮影に有効だ。例えば、ISO感度をISO25600に設定すると、NINJA VのモニターにはISO25600のノイズ感の映像が表示された。また、動画撮影時でも拡張感度の「Hi 2」の設定が可能。拡張感度にすると、ノイズは増えるし、若干色も変わってくるが、緊急時の場合など使えるだろう。

「顔認識」機能は動画でも使用可能 画像モニターをタッチすると、その場所にピントを合わせるタッチAFも使える

気になったのは、ボディの液晶モニターの映像とNINJA Vの映像が違うことだ。RAWをそれぞれのデバイスで現像しているのが原因で、現時点で画は完全にマッチしないという。ただし、製品版に向けて合わせていきたいとのことだ。

感度をISO25600に設定した状態。NINJA Vのモニターでは、ノイズ感を確認できる

EDIUSがProRes RAWに対応し、編集環境も整いつつある

連続撮影時のオーバーヒートも気になるところだ。その辺りを聞いてみると、Cine Gearの屋内の環境では、何時間動作させても落ちたことはない。屋内で空調のある環境では問題ないのではとのこと。また、一回の動画撮影の最長撮影時間は最大29分59秒に制限されているが、NINJA Vで記録するのであれば時間制限ないという。

NABでGrass ValleyのEDIUSがProRes RAWに対応。試作機で撮ったProRes RAWは、EDIUSでも問題なく編集できることは確認済みだという。これまでProRes RAWはMacのみの対応というイメージが強かったが、編集環境の対応も次第に広がってきている。あとは、ミラーレスフルフレームセンサー初RAW対応となるニコンから、ProRes RAW出力機能のファームアップウェアのリリースを待つばかりだ。

txt・構成:編集部
Vol.10 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.12

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.02 ニコンは発売前の「D6」やNIKKOR Z レンズの新製品を初展示

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+2020で注力した幻の動画コーナーとは? 東京都港区にあるニコンイメージングジャパンにて、CP+2020ニコンブースについてさ... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示