PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Toki…
Special

Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

2019-07-02 掲載

txt・構成:編集部

シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ

今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイン展示は、46.7mmのイメージサークルにT1.5の明るいT値が特徴のVistaシリーズと、シングルコートが特徴のVista ONEシリーズだ。6本目となる105mmが登場し、Vista Oneシリーズも登場。ラインナップが充実してきている。

特に注目を浴びていたのは、発表されたばかりのVista Oneシリーズだ。通常のVISTAシリーズはマルチコートで反射を凄く抑えているのだが、Vista Oneシリーズはフロントエレメントのみシングルコーティングに変えてわざとフレアを出すようにカスタマイズされている。

左がシングルコーティングを採用したVista Oneシリーズ6本、右がVistaシリーズ6本

最近のレンズは優れた描写が当たり前になり、次第に味やビンテージ感を求めるリクエストが増えている。個性的なフレアを出したいというニーズは、高まっているとのことだ。

ブースでは、VISTAシリーズとVista Oneシリーズを2台並べて、フレアの発生具合を比べられるようになっていた。フレアは、CGで表現すると固くなってしまう傾向があるが、Vista Oneならば自然な形で発生することが確認できた。Vista Oneは、生産限定数量で受注を開始しており、6レンズセットのみとなる。

なお、VISTAシリーズは、7本目のレンズの開発も進んでいるという。IBCやInterBEEでモックや試作機が公開できるかもしれないとのことだ。

Vista Oneのフレア。これが場所によって虹色に変化したりする

Vistaのフレア。Vista Oneのように大胆に出ない

コンパクトな筐体を実現したTokina Cinema 50-135mm T2.9 MK IIの試作機を展示

VISTAシリーズは、イメージサークルが大きく、ブリージングもきちんと抑えられている変わりに、大きくて、重いという特徴もある。どうしても軽くてコンパクトがいい人のために、TOKINA CINEMA ATXシリーズがラインナップされている。

11-20mm T2.9は、2018年年末に発売したSuper35対応で95mmフロントリングの広角ズームレンズ。こちらのモデルが人気で、同じ95mmフロントリングを採用したTokina Cinema 50-135mm T2.9 MK IIが展示されていた。現在は試作品の状態で、11月の発売を予定。MK Iは、114mmのフロントリングで、大幅なコンパクト化を特徴としている。

発売中のTOKINA CINEMA ATX 11-20mm T2.9ワイドズームレンズ

発売が待ち遠しいTokina Cinema 50-135mm T2.9 MK II

txt・構成:編集部


Vol.11 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.13

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-07-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Toki…