PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス…

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

2019-07-03 掲載

txt・構成:編集部

話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク

富士フイルムブースの注目は、NABで発表されたラージフォーマットセンサーに対応するシネマカメラ用ズームレンズ「Premista28-100mmT2.9」の展示だ。焦点距離28-100mmをカバーする標準ズームレンズで、対応イメージサイズは、46.3mm、全域でT2.9の明るさを実現し、かつ小型軽量を実現しているのも特徴だ。

ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用レンズ「Premista」。左が現在開発中で2019年中に発売予定の「FUJINON Prermista80-250mmT2.9-3.5」。右が2019年8月に発売予定の「FUJINON Premista28-100mmT2.9」

その中でも対角55mmのラージフォーマットミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」と組み合わせた展示が目を引いた。GFX100は、一億画素撮影が可能なスチル撮影は有名だが、動画撮影もHDMI経由では4K30P 4:2:2 10bit、SDカードへの記録には最大400Mbpsで4K30P 4:2:0 10bitの出力が可能で、素晴らしい機能を持っている。アスペクト比によって上下はカットされるが、それでも幅44mmを使って4K30Pの画が撮れるのは魅力だ。

気になるは、大型のイメージセンサーを持つGFX100をPremistaはカバーできるかだ。Premistaが公称するイメージサイズは46.3mm。実際にはもうちょっと大きめをカバーできるというが、それでもPremistaのイメージサイズが少し小さい。GFX100の17:9画角で撮るとぎりぎりカバーできるが、ワイド端では絞りを11にするとケラレが見えてしまうという。ただし、事前に焦点距離を決めて、ケラレないことを確認したうえならば、ほぼ問題なく使えるのではないかとのことだ。

PremistaとGFX100は夢のような組み合わせだ

ちなみに、PLマウントはフランジバックは52mmで、GFXのフランジバック26.7mmよりも長い。そこで、PremistaのレンズとGFX100のボディの間にアダプターを導入することで、Premistaを使えるようにしている。ブースの展示機は、スイスのカメラメーカーAPLPAが開発したGFX 100専用のアクセサリー「ALPA XO」のマウントアダプターを使用。こちらもCine Gearでプロトタイプを初公開したばかりで、アルミニウム削りだしで作られたケージ、モジュラーチタンロッド(15mm)、トップハンドル、ステンレス製のシム対応のPLマウントで構成されている注目製品だ。

しかし、この組み合わせの価格は、GFX100は約120万円でPremistaは430万円。冷静に考えてみると、カメラとレンズの値段のギャップが激しい。GFX100とPremistaを積極的に組み合わせて撮る方がいるかというと疑問の残る組み合わせだが、興味の引くソリューションであることは間違いない。

ケージ、モジュラーチタンロッド、トップハンドル、PLマウントのGFX100用アクセサリー「ALPA XO」も展示の見どころになっていた 映画「トップガン2:マーべリック/Top Gun : Maverick」の撮影監督を務めるクラウディオ・ミランダ氏も富士フイルムブースでPremistaとGFX100の組み合わせを興味深そうに見ていた PremistaとソニーVeniceの組み合わせ。もっとも定番的な組み合わせといえるだろう デジタルカメラ「Xシリーズ」FUJIFILM X-T3とMKX18-55mmT2.9を展示。Tiltaのワイヤレスレンズ制御システム「Nucleus-Nano」と組み合わせて展示が行われていた ブースでは「Check&Clean」と呼ばれるクイックメンテナンスサービスも行われていた

46倍のレンズと組み合わせたヘリコプターの空撮撮影向けアプリケーションを展示

テレビ放送用のレンズとVARICAMを組み合わせた展示も興味深かった。エクスパンダーを使って2/3インチのレンズ「UA46×9.5BERD」をスーパー35のカメラ「VARICAM LT」に取り付けて展示が行われていた。アダプターは、武蔵オプティカルのB4マウントレンズを大判センサー搭載カメラに装着するための「4K beyond OptMag plus」。46倍のレンズと組み合わせは、ヘリコプターなどの空撮撮影を実現するアプリケーションとして使われるという。このような特殊な組み合わせもCine Gearならではの展示だ。

46倍との組み合わせはヘリコプターの空撮に最適 txt・構成:編集部
Vol.12 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.14

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-07-03 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示