PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセッ…

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

2019-07-04 掲載

txt・構成:編集部

オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場

ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を初公開した。NEONは、これまでのATOMOS製品からいろいろな面で路線を変更した製品だ。

これまでのATOMOS製品は、一眼のデジタルカメラと組み合わせて使用する個人や、小規模の映像製作者向けのポータブルレコーダーが中心だった。しかしNEONは、17、24、31、55インチの4つのスクリーンサイズをラインナップするポストプロダクション向けのモニターだ。

ラップトップ用のオンセット用のリファレンスモニターに向いた17インチの1920×1080や、DITに最適な24インチと31インチの4096×2160、クライアントやショールーム、カラーグレーダーに最適な55インチの3840×2160の4つのサイズをラインナップ。HDRをサポートし、10ビットDCI P3規格を100%カバーし、1,000,000:1のコントラスト比を特徴としている。

プロダクション向けのモニター「NEON」を展示 17インチモデル。10ビットパネルを持ち、ドルビービジョンをサポートする

これまでのATOMOS製品の中では、2,495ドルのSUMO19がもっとも高価な製品だった。NEONは17インチモデルで3,999ドル、24インチが6,499ドル、31インチが7,999ドル、55インチが16,999ドルと、これまでとは別の価格帯のハイエンド市場を狙った商品群と言えるだろう。

NINJA(忍者)やSUMO(相撲)、SHOGUN(将軍)といった和風の製品名から、「NEON」というシンプルな名称への路線変更も気になるところだ。そこで、会場にいたCEOのJeromy Young氏にNEONについて話を聞いてみた。

NEONの背面の様子。NINJA Vらしきものが搭載されている

IPO後、ブランディングに変化が。新製品NEONのディスプレーは日本製を採用

ATOMOSのCEO Jeromy Young氏

気になるのは、NEONという製品名。ATOMOSと言えば、日本にちなんだネーミングを製品名に冠するのがお約束のはず。さらに展示ブースもこれまでの侍と忍者殺陣デモンストレーションモチーフはなかった。いったい何があったのだろうか?

――NEONは、これまでのATOMOS製品とブランディングが異なっています。これまでの日本固有の名称ではなくなりましたが、何か理由があるのでしょうか?

そうですね。製品名が、NINJA(忍者)やSHOGUN(将軍)ではななく、英語名になりました。ATOMOSは2018年12月に株式の店頭公開(IPO)をオーストラリアで行い上場企業となりました。ATOMOSは社員も増えており、会社も大きくなっています。新しい投資家や役員が加入したことにも理由があります。様々な意見が出てくる中で今回のNEONという商品の紹介となりました。

僕の心は日本にありますが、ATOMOS自体はオーストラリアの会社です。だから、ちょっとだけブランディングを変更しました。NEONという名称は、英語ですが、今後日本語名の商品がなくなるわけではないですよ。つまりこれまでのジェロミーラインも残る予定です。我々ATOMOSも大きくなり多様性が増えたといえます。

――NEONは、いいブランディングだと思いました。NEONのパネルは日本製でしょうか?

日本製です。なので、ディスプレイでクオリティは高いです。

――ATOMOSは、アップルと共同で、ProRes RAWの開発を進めてきていますが、最近の動向はいかがでしょうか?

NABでFilmlight、Assimilate、Colorfront、Telestream、MTI Film、グラスバレーがProRes RAWをサポートすることが発表されました。1年後は、もっと増えていると思います。

ひょっとしたら、IBCで発表ができるかもしれません。そうしたら、もう一回インタビューやりましょう!

txt・構成:編集部
Vol.13 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.15

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-07-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.07 Aputure、LS C300dより20%明るくなった人気のLEDライト「LS C300d II」を展示

txt・構成:編集部 人気のLEDライトが更に明るくなって新登場 LEDライトメーカーのAputureは、ここ数年間で世界中のクリエイターが注目する急成長中のブラン... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.06 FalconEyes、さらなる大型化を実現したシート型LED新製品2機種を展示

txt・構成:編集部 もっとも大きなシート型LEDの新製品「RX-120TDX」が登場 FalconEyesは、香港に本社を置くスタジオ機器の老舗メーカーだ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.05 Tilta、腕の負担を軽減するジンバルスタビライザのサポートシステム「Armor Man 3」を展示

txt・構成:編集部 さまざまなメーカーのジンバルシステムに対応し、重量を吸収して長時間撮影を実現 中国のアクセサリーメーカーの中でも、もっとも勢いがあるメーカーといえ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

txt・構成:編集部 中国開催の展示会「BIRTV 2019」 8月21日から24日までの5日間、中国・北京の中国国際展覧中心で「BIRTV 2019」が開催された。B... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示