PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセッ…

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

2019-07-04 掲載

txt・構成:編集部

オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場

ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を初公開した。NEONは、これまでのATOMOS製品からいろいろな面で路線を変更した製品だ。

これまでのATOMOS製品は、一眼のデジタルカメラと組み合わせて使用する個人や、小規模の映像製作者向けのポータブルレコーダーが中心だった。しかしNEONは、17、24、31、55インチの4つのスクリーンサイズをラインナップするポストプロダクション向けのモニターだ。

ラップトップ用のオンセット用のリファレンスモニターに向いた17インチの1920×1080や、DITに最適な24インチと31インチの4096×2160、クライアントやショールーム、カラーグレーダーに最適な55インチの3840×2160の4つのサイズをラインナップ。HDRをサポートし、10ビットDCI P3規格を100%カバーし、1,000,000:1のコントラスト比を特徴としている。

プロダクション向けのモニター「NEON」を展示 17インチモデル。10ビットパネルを持ち、ドルビービジョンをサポートする

これまでのATOMOS製品の中では、2,495ドルのSUMO19がもっとも高価な製品だった。NEONは17インチモデルで3,999ドル、24インチが6,499ドル、31インチが7,999ドル、55インチが16,999ドルと、これまでとは別の価格帯のハイエンド市場を狙った商品群と言えるだろう。

NINJA(忍者)やSUMO(相撲)、SHOGUN(将軍)といった和風の製品名から、「NEON」というシンプルな名称への路線変更も気になるところだ。そこで、会場にいたCEOのJeromy Young氏にNEONについて話を聞いてみた。

NEONの背面の様子。NINJA Vらしきものが搭載されている

IPO後、ブランディングに変化が。新製品NEONのディスプレーは日本製を採用

ATOMOSのCEO Jeromy Young氏

気になるのは、NEONという製品名。ATOMOSと言えば、日本にちなんだネーミングを製品名に冠するのがお約束のはず。さらに展示ブースもこれまでの侍と忍者殺陣デモンストレーションモチーフはなかった。いったい何があったのだろうか?

――NEONは、これまでのATOMOS製品とブランディングが異なっています。これまでの日本固有の名称ではなくなりましたが、何か理由があるのでしょうか?

そうですね。製品名が、NINJA(忍者)やSHOGUN(将軍)ではななく、英語名になりました。ATOMOSは2018年12月に株式の店頭公開(IPO)をオーストラリアで行い上場企業となりました。ATOMOSは社員も増えており、会社も大きくなっています。新しい投資家や役員が加入したことにも理由があります。様々な意見が出てくる中で今回のNEONという商品の紹介となりました。

僕の心は日本にありますが、ATOMOS自体はオーストラリアの会社です。だから、ちょっとだけブランディングを変更しました。NEONという名称は、英語ですが、今後日本語名の商品がなくなるわけではないですよ。つまりこれまでのジェロミーラインも残る予定です。我々ATOMOSも大きくなり多様性が増えたといえます。

――NEONは、いいブランディングだと思いました。NEONのパネルは日本製でしょうか?

日本製です。なので、ディスプレイでクオリティは高いです。

――ATOMOSは、アップルと共同で、ProRes RAWの開発を進めてきていますが、最近の動向はいかがでしょうか?

NABでFilmlight、Assimilate、Colorfront、Telestream、MTI Film、グラスバレーがProRes RAWをサポートすることが発表されました。1年後は、もっと増えていると思います。

ひょっとしたら、IBCで発表ができるかもしれません。そうしたら、もう一回インタビューやりましょう!

txt・構成:編集部
Vol.13 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.15

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-07-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示