PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.03 ブラックマジックデザインブース:世界初8K対応放送デッキやスイッチャー、モニタリングソリューションなどの8K製…
Special

Vol.03 ブラックマジックデザインブース:世界初8K対応放送デッキやスイッチャー、モニタリングソリューションなどの8K製品群を展示

2019-07-26 掲載

txt・構成:編集部

ローコストで8K制作が可能なスイッチャー、変換器、レコーダー、デッキを展示

Blackmagic Designは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、NABで発表されたローコストで8K制作が可能な製品郡を展示した。

8K対応スイッチャー「ATEM Constellation 8K」と8Kソリューションのモニタリングソリューション「Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDR」は発売中で、8K対応の放送用レコーダー、デッキの「HyperDeck Extreme 8K HDR」はまもなく発売開始となる。

木製ラックの上にあるのが「Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDR」、上から2番目が「HyperDeck Extreme 8K HDR」と「HyperDeck Extreme Control」、一番下が「ATEM Constellation 8K」

Blackmagic Designの8Kソリューションの特徴は、8K、4K、HDで使用可能なこと。つまり、マルチフォーマットで使えるところだ。Blackmagic Designのスタッフによると、8K対応製品を8Kで使用しているのは、NHKやその関連会社と、8K対応の器機を開発するメーカーなどごく一部で、民放局や番組制作会社などが4K対応機材としての使用が多いとのこと。スイッチャーのATEM Constellation 8Kは、4K信号をクアッドで入力して8K、10入力対応するが、4Kでは4倍の40入力まで対応するのは強力だ。

恐らくパブリックビューイングや街頭で8K解像度の映像を出したいけれども、モニタリングソリューションをどのようにしたらよいのかわからないという方も多いと思う。そんな問題を解決するのが8KモニタリングソリューションのTeranex Mini SDI to HDMI 8K HDRで、大型画面の再生やポスプロのカラーグレーディング、編集にも使えそうだ。

Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDRの外見

クアッドリンク12G-SDIがリアパネルに搭載され、4つのHDMIより出力する

HyperDeck Extreme 8K HDRには、H265フォーマットによる8K収録まで対応。アナログのコントローラ「HyperDeck Extreme Control」を用意しており、いまで使ってきたVTRと同じような直感的なコントロールを可能にしているのも特徴といえるだろう。

シャトルを使って直感的にサーチができる。VTRと同じような感覚で操作できるのが特徴だ

波形を表示することも可能

LUTを選べる。Logで収録すると、見た目はハイ側が沈んでしまう。それをモニタリング向けのLUTを当てることによって、最終的な画を確認しながら作業を可能にしている

8Kデッキがデッキ本体とコントローラー合わせて約70万円

Blackmagic Designの8Kソリューションは、金額も魅力だ。8K対応のスイッチャー、レコーダー、デッキを他社のソリューションで揃えるならば何千万という価格になることも考えられる。しかし、スイッチャーは税別1,138,000円、デッキは税別567,800円、デッキコントロールは税別147,800円、モニタリングコンバーターは税別147,800円で揃えられる。

8K対応のATEM Constellation 8Kは税別1,138,000円、これまでの4K対応のATEM 4 M/E Broadcast Studio 4Kは税別681,800円。

その差は約40万円だが、ATEM Constellation 8Kには、新しい技術が多数導入されている。例えばATEM Constellation 8Kにはスケーラーが入っており、1080を8Kの16倍に解像度アップすることも可能。8Kで仕事をしようと思っているが、8Kのテロッパーがない。しかし、4Kのテロッパーがあるならば、そのままスケールアップして8Kにすることも可能だ。

txt・構成:編集部


Vol.02 [4K・8K映像技術展Report] Vol.04

[ Category : ]
[ DATE : 2019-07-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.03 ブラックマジックデザインブース:世界初8K対応放送デッキやスイッチャー、モニタリングソリューションなどの8K製…