PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.05 ソリトンシステムズブース:クラウドを活用したスイッチャーや情報共有ソリューション、短遅延伝送ソリューションを展…
Special

Vol.05 ソリトンシステムズブース:クラウドを活用したスイッチャーや情報共有ソリューション、短遅延伝送ソリューションを展示

2019-07-30 掲載

txt・構成:編集部

クラウド上のVideo/Audioスイッチャー「Cloud Video Switcher」

ソリトンシステムズは、主に3つのソリューションを展示。1つ目が、クラウド上のVideo/Audioスイッチャー「Cloud Video Switcher」。通常の映像切替は、物理的なスイッチャーを使って切り替えを行うのが一般的だが、Cloud Video Switcherはすべての操作をクラウドで行うことが可能。物理的な機材を用意する必要がなく、IP系の映像をクラウドに取り込んで、ブラウザのUIから切り替えられるのが特徴だ。そのままYouTubeやFacebook Liveに配信したり、RTMP、RTSPのプロトコルにも対応する。

また、事前に準備をしたムービーや、JPEGの画像イメージ、オーディオのファイルを入れてオーディオミキシング、テキストの機能で「ライブ配信中」のようなテロップを入れることも可能。ウォーターマークにも対応し、企業ロゴなどを入れたいときにも使える。

Cloud Video Switcherは、週末のイベントで、4~5カメの入力をすべてクラウドに取り込んで、映像の知識がないオペレーターでもブラウザのUIから切り替えるといった使い方が可能。そのままYouTubeに配信したり、イベント会場などのパブリックビューイングで配信が可能とのことだ。

画面左下に注目。最大6入力に対応し、切り替えが可能

画面左下で、テキストを設定。「live配信中」という文字を設定して、映像左下に重ねることができる

画面左下で、ウォーターマークを設定。企業のロゴマークを映像に重ねるのに使われる

中継映像や送信機の位置情報を複数拠点で閲覧する情報共有ソリューション「Zao Cloud View」

2つ目が、映像配信クラウドサービス「Zao Cloud View」だ。Zaoからの画やZao-Sからの映像はこれまで1対1で確認していたが、Zao Cloud Viewを使うことで複数同時や複数の拠点から同時に確認することが可能になる。過去の映像もすべてアーカイブで溜めることが可能。GPSの情報と連動できるので、歩いた位置などの軌跡が辿れる。

これまでの事例としては、複数拠点でドローンを飛ばし、そのドローンの映像を一箇所(本部みたいなところ)で同時に画の確認を行う際に使用され、「もうちょっとこっちの画がほしい」など、画を見て指示を出す用途で使われているという。また、一斉に数拠点の画を確認する需要があり、監視警備などにも需要が高いとのこと。

入力された映像はZao Cloud Viewで一覧できる

GPSと連動が可能で、入力された映像の移動した位置情報を視覚的に振り返ることが可能

次世代プロトコルRASCOW2で超短遅延伝送を実現した「Zao-SH」

3つ目が、短遅延映像伝送の「Zao-SH」だ。これまでのZaoの中身のソフトウェアをスクラップ&ビルドすることで短遅延対応にカスタマイズしたモデル。Zao-SHのデモではほぼ遅延がなく、テレビの生中継を見ている感じだ。しかも解像度を落とすことなく、フルHDのまま短遅延を実現しているという。

Zao-SHは、自動運転やリモート操縦に使われる。遠隔地の操縦を行う際には、画はリアルタイムでこないとすべての操縦が遅れてしまう。Zao-SHは、こうした遅延を極力抑えたい現場で使われているという。

ドローンにそのまま搭載可能だが、現状では電波法の関係上、Zao-SやSHをドローンに載せてLTE経由で電波を送受信すことができない。しかし今後、電波法が改正されれば、上空からLTEで飛ばせるようになり、活躍の場がでてくるだろうとのこと。

そのようになれば、自動航行で北海道上空を飛んでいるドローンから、100msecや50msecの遅延で送られてくる映像を東京で確認することも可能になる。

短遅延を特徴とするZao-SH。カメラの入力とディスプレイの表示の短さを比べられるデモが行われていた

txt・構成:編集部


Vol.04 [4K・8K映像技術展Report] Vol.06

[ Category : ]
[ DATE : 2019-07-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.05 ソリトンシステムズブース:クラウドを活用したスイッチャーや情報共有ソリューション、短遅延伝送ソリューションを展…