PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazo…
Special

Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazone Workstationを展示

2019-08-06 掲載

txt・構成:編集部

8Kカムコーダー「8C-B60A」をカスタマイズしたプロトタイプ機を展示

アストロデザインの展示製品はすべて8Kだ。撮影システムコーナーでは、8K120Hzポータブルカメラ「AB-4815」と8Kカムコーダー「8C-B60A」を展示。その中でも目玉は、8C-B60Aだ。

展示の機種名は8C-B60Aなのだが、カスタマイズしたプロトタイプ機を参考出展。外部のパネルが変わっており、体積はちょっとだけ太くなっており、前面もユーザーが使いやすいように改造されている。

8C-B60Aは8K対応のみだったが、プロトタイプ機は4KとHDの同時出しに対応。また、8K放送用のHDRや4KはSDRに設定などの機能も搭載し、国内の撮影に使いやすい仕様の実現を目指しているという。

8K120P/60P映像をリアルタイムにビデオ出力するカメラシステム「AB-4815」

参考出展となる8C-B60Aのプロトタイプ機

RECボタンの位置が下に変更されている

8K60Pを4ストリーム同時に処理可能なTamazone Workstation

8K編集用のワークステーションのTamazone Workstation「AW-8800」の展示も目を引いた。アストロデザインがゼロから開発したもので、マザーボードから開発。中国のフォックスコンと共同で開発して実現をしているものだという。

特徴は性能の高さだ。CPUにIntel Xeonプロセッサーを2基搭載しており、リード、ライトの高速なストレージの搭載により、8K60Pを4ストリーム同時に処理が可能だという。

特に強力なのがストレージの搭載数で、2.5インチのSSDを16枚まで増設が可能。1枚8TBのSSDを16基使えば、1024GBまで増設が可能で、これだけの容量を内蔵できるワークステーションはほかにはないだろう。また、PCIeスロットは最大5個あり、ダブルハイトGPUカードが最大4枚装着可能なのを特徴としている。

主にGPUを1枚刺したり、Blackmagic DesignのDeckLink 8K Proを装着すれば12G-SDIの入力出力が可能。ワークステーションの中に直接収録することも実現できる。

ちなみに、「Tamazone」という商品名の名称も気になるが、これはアストロデザインの近所を流れる多摩川とアマゾン川をかけ合わせた名称を付けたものだという。

8K映像編集に対応するTamazone Workstation

CPUは、Intel Xeonプロセッサーを2基、2.5インチU.2 NVMe SSDsを16基、PCIeスロットを5基搭載可能

txt・構成:編集部


Vol.05 [4K・8K映像技術展Report] Vol.07

[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazo…