PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [4K・8K映像技術展Report]Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazo…

News

[4K・8K映像技術展Report]Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazone Workstationを展示

2019-08-06 掲載

txt・構成:編集部

8Kカムコーダー「8C-B60A」をカスタマイズしたプロトタイプ機を展示

アストロデザインの展示製品はすべて8Kだ。撮影システムコーナーでは、8K120Hzポータブルカメラ「AB-4815」と8Kカムコーダー「8C-B60A」を展示。その中でも目玉は、8C-B60Aだ。

展示の機種名は8C-B60Aなのだが、カスタマイズしたプロトタイプ機を参考出展。外部のパネルが変わっており、体積はちょっとだけ太くなっており、前面もユーザーが使いやすいように改造されている。

8C-B60Aは8K対応のみだったが、プロトタイプ機は4KとHDの同時出しに対応。また、8K放送用のHDRや4KはSDRに設定などの機能も搭載し、国内の撮影に使いやすい仕様の実現を目指しているという。

8K120P/60P映像をリアルタイムにビデオ出力するカメラシステム「AB-4815」 参考出展となる8C-B60Aのプロトタイプ機 RECボタンの位置が下に変更されている

8K60Pを4ストリーム同時に処理可能なTamazone Workstation

8K編集用のワークステーションのTamazone Workstation「AW-8800」の展示も目を引いた。アストロデザインがゼロから開発したもので、マザーボードから開発。中国のフォックスコンと共同で開発して実現をしているものだという。

特徴は性能の高さだ。CPUにIntel Xeonプロセッサーを2基搭載しており、リード、ライトの高速なストレージの搭載により、8K60Pを4ストリーム同時に処理が可能だという。

特に強力なのがストレージの搭載数で、2.5インチのSSDを16枚まで増設が可能。1枚8TBのSSDを16基使えば、1024GBまで増設が可能で、これだけの容量を内蔵できるワークステーションはほかにはないだろう。また、PCIeスロットは最大5個あり、ダブルハイトGPUカードが最大4枚装着可能なのを特徴としている。

主にGPUを1枚刺したり、Blackmagic DesignのDeckLink 8K Proを装着すれば12G-SDIの入力出力が可能。ワークステーションの中に直接収録することも実現できる。

ちなみに、「Tamazone」という商品名の名称も気になるが、これはアストロデザインの近所を流れる多摩川とアマゾン川をかけ合わせた名称を付けたものだという。

8K映像編集に対応するTamazone Workstation CPUは、Intel Xeonプロセッサーを2基、2.5インチU.2 NVMe SSDsを16基、PCIeスロットを5基搭載可能 txt・構成:編集部
Vol.05 [4K・8K映像技術展Report] Vol.07

[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]アストロデザインブース:様々な産業分野への8K応用を展示

アストロデザインは、さまざまな産業分野への8K応用をメインテーマに同社がこれまで培ってきた超高精細映像技術とその応用事例を披露した。また、HDMIやSDIなど、同社が創業当初から扱... 続きを読む

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [4K・8K映像技術展Report]Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazone Workstationを展示