PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示
News

[4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示

#Nikon #Report NOW! #4K・8K機材展 #4K・8K映像技術展

2019-08-07 掲載

少人数でもライブ配信が可能な4Kワンオペライブ配信ソリューション

ニコンは、一眼カメラやミラーレスカメラでお馴染みのニコンは、動画のライブ配信をするためのワンマンオペレーションライブ配信システムを参考出展した。各種クラウドサービスにライブ配信するカメラコントロールエンコーダを開発し、遠隔からのカメラコントロールが可能なのを特徴としている。

たとえば、ミラーレスカメラのZ 6を手の届かない遠くに配置して、手元からカメラをコントロールしながらライブ配信をするといったことが可能だ。

配信映像のスイッチングから編集作業まで一元管理するLivestream studio 6

ニコンのライブ配信ソリューションの特徴は、カメラコントロールからエンコードを実現するカメラコントロールエンコーダがニコン製というところだ。ニコンのカメラと他社のエンコーダ、カメラコントロールを実現しようとするとシステム構築の難易度は上がってしまう。エンコーダでは、CerevoのLiveSheシリーズが業界定番として有名だが、カメラコントロールには未対応でフルHDのまでの対応となる。

ニコンのエンコーダは、4K30Pに対応し(コーデックはH.264、最大フォーマットは2160 30P 30Mbps)、カメラコントロールが可能。シンプルなシステム構築の実現を特徴としている。

ニコン製のカメラコントロールエンコーダの試作機

ブースでは3台のカメラを接続して、1台のPCから操作ができるデモが行われていた。PC用ソフトの「Livestream studio 6」を使って切り替えをしながらライブ配信が可能。Livestream studio 6には、カメラのコントロールの部分を追加で載せているという。

取材時の対応カメラは、Z 6、Z 7などのミラーレスカメラやD500、D850、D5などの一眼レフカメラ。絞り、シャッタースピード、露出補正、ISO感度、ホワイトバランスなどの、カメラコントロールに対応。フォーカスポイントを選んだり、オートフォーカスの実行も可能としている。

ブースでは、光学125倍で3000mm相当の光学系を搭載する「COOLPIX P1000」のコントロールも行われていたが、こちらはカスタムファームで対応。業務用途であれば、こうしたカスタムファームでの対応も相談に応じられる場合があるという。

こちらのカメラ側の一式は、LTEで接続し、バッテリーで動作が可能。電源も気にせずに、ポンと置くだけで配信とカメラコントロールが可能となっている

ニコンのライブ配信ソリューションのターゲットは、BtoBの小規模のビジネスで、小規模のビジネスで自分たちの製品やイベントで、なるべく手軽に人も予算も限られた現場の配信で役に立てるのではないかとのことだ。

パン&チルト雲台はカリーナシステム製を使用。遠隔地からパン、チルト、ズーム、カメラのコントロール、一通りできる

Z 7、Z 6で新たに追加予定の機能「RAW動画出力」のデモ機を展示

もう1つの見所はZ 7、Z 6で新たに追加予定の機能「RAW動画出力」のデモだ。ボディのファームウェアもATOMOSのファームウェアもまだ試作品だが、カメラ側はHDMIでRAW出力し、ATOMOSのNINJA VではProRes RAWで記録することで実現をしていた。

これまで、動画のRAWを外部記録をしようとすると、高額なシネマカメラを必要としていたが今後、約20万円ぐらいの市販のミラーレスカメラから12ビットのRAWが出力され、外部レコーダーで記録がきるようになる。

txt・構成:編集部
Vol.06 [4K・8K映像技術展Report] Vol.08

[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.02 現場でのスピード感や12bitの表現力を両立したニコンZ7+NINJA V

txt:村上岳 構成:編集部 ニコンZ 7の魅力 筆者は元々、スチルのフォトグラファーである。その時からずっとニコンのカメラとレンズを使用している。映像を撮ってみようと... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.02 ニコンは発売前の「D6」やNIKKOR Z レンズの新製品を初展示

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+2020で注力した幻の動画コーナーとは? 東京都港区にあるニコンイメージングジャパンにて、CP+2020ニコンブースについてさ... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示