PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開
News

[BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

#SONY #Report NOW! #BIRTV

2019-08-27 掲載

txt・構成:編集部

中国開催の展示会「BIRTV 2019」

8月21日から24日までの5日間、中国・北京の中国国際展覧中心で「BIRTV 2019」が開催された。BIRTVは、中国国内や世界の映像器機メーカーが集まる中国のラジオやテレビ業界で最も権威ある展示会だ。5万平方メートル以上の規模を持つ展示会場に500以上の企業が出展し、今年は8Kや5G伝送の展示が目立っていた。

中国だけでなく、アジアや世界中の映像業界から注目を浴びるBIRTV。来場者数も5万人以上を集め、世界的にも見逃せない放送機器展示会となっている。今年も注目メーカーの展示をレポートしよう。

BIRTVで3板式4Kイメージセンサーやグローバルシャッター搭載のPXW-Z750を発表

8K関連の展示がひときわ注目を浴びていたソニーブース

ショルダーカムかつ、グローバルシャッター付きCMOSカムコーダー「PXW-Z750」

ソニー(Sony Professional Solutions China)はBIRTVに合わせてショルダーマウントタイプの「PXW-Z750」を発表。BIRTVで世界初公開されたカメラだ。

4K対応の本格的ショルダーカムコーダーといえば国内ではPXW-Z450が有名だが、単板CMOSイメージセンサー搭載のモデルだった。しかし、新たしく発表されたPXW-Z750は、2/3インチで3板式4KイメージセンサーでグローバルシャッターCMOSを搭載。これまで、ショルダータイプでHDをずっと使っている人たちからすると、「ようやく3板式がきた」、それに加えて「グローバルシャッターもついてきた」という待望の新モデル登場といった感じだ。

CCDから乗り換えたくないというカメラマンが多いと聞くが、PXW-Z750はグローバルシャッター搭載で動体歪みやフラッシュバンド現象もない。ようやくCCDからCMOSに乗り換えを検討する人も多くなりそうだ。

PXW-Z750は2020年2月発売で、価格は未定。日本国内での発売はまだ発表されていない。

ニュース撮影用ショルダーマシンの「CNG」キット

また、FS7シリーズカメラを、ニュース撮影用ショルダーマシンに変更できる「CNG(C=Cinema)」キットも展示されていた。国内では、「CBK-FS7BK」と呼ばれているEFPスタイルビルドアップキットと同じモデルだ。CNGを使うことにより、シネマニュースギャザリングと呼ばれるシネマ風の取材が可能になる。

8K放送カメラ「UHC-8300」と8Kクライアントモニターとして98インチと85インチの2台の8Kテレビを展示

1.25型8K 3板式カメラシステム「UHC-8300」

8Kのほかに4K、HDの同時出力が可能。下はCCU

ブースの中ひときわ注目を浴びていたのは、中央正面に展示の8Kカメラだ。中国の展示会に来て感じることは8Kの勢いの強さだ。中国政府の力の入れ方が大きく変化し、大注目の展示となっていた。

カメラは、8K3板式カメラシステムの「UHC-8300」だ。NHKで稼働しているモデルで、ブースでも一番人気の展示となっていた。8K/4K/HD信号の同時出力対応を特徴としており、ビューファインダーやリモコンは従来のHD、あるいは4Kで使っていたものがそのまま使用可能だ。ファイバーケーブルも同じで、そこに8Kを通す形で使える。

CCUは、背面に8K、4K、HDのコネクターがたくさん並び、8Kは120Pまで対応。8本の12G-SDIを搭載しており、8K60Pの場合は4本のSDIで8K60P、中国の場合は8K50Pの出力が可能。ブラビアの8Kテレビは家庭用のモニターなので、8KのSDIからHDMIに変換して映像を映し出している。

UHC-8300の映像の表示に使われれいた8K対応ブラビアの85インチモデル「KD-85Z9G」

8K対応ブラビアの98インチモデル「KD-98Z9G」

8K対応モニター「KD-85Z9G」も注目で、放送局で使われるマスターモニターとは違うブラビアシリーズのテレビがクライアントモニターとして展示されていた。

ソニー初の8KテレビZ9Gシリーズは、CES 2019で発表された民生用のテレビだが、マスモニクラスの実力を持っていると話題のテレビだ。家庭用だけではなく、BtoB的な使い方の提案が行われていた。

3つの新しい4Kシステムカメラを展示

マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」

4Kポータブルカメラ「HDC-5500」

マルチパーパスカメラ「HDC-P50」

NAB 2019に発表された製品だが、HDCシリーズが新しくなった。これまで2000シリーズだったのが3000シリーズになり、HDカメラ「HDC-3500」が登場。5000シリーズは4Kカメラ「HDC-5500」、4KのPOVカメラ「HDC-P50」も登場した。すべて、新しく開発したグローバルシャッターを使っている。

CCUには、「HKCU-REC55」が登場。カメラの画を同時に記録して、USBのハードディスクやSSD、NASに転送することもできる。記録して終了したら、そのまま素材を持ち帰り、NASのほうでノンリニア編集が可能。これもBIRTV初発表となった。

txt・構成:編集部


[BIRTV2019] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:ソニー編

動画レポート ■FX6開発者インタビュー ■PVM-X2400/X1800 製品レポート FX6 ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:ソニー]シネマの映像表現とαの技術を融合したコンパクトな映像制作用カメラ「FX6」

60seconds Shoots 映像制作用カメラ商品群Cinema Lineの新製品「FX6」登場 ソニーは、デジタルシネマ制作で培った映像表現力と、最先端のデジ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:ソニー]RAW/X-OCN収録メディアのAXSメモリーカードリーダー「AXS-AR3」

AXSメモリー用カードリーダー新モデル「AXS-AR3」 ソニーのデジタルシネマカメラVENICE・F55・F5でRAW/X-OCN収録メディアであるAXSメモリーの新しいカ... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開