PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2019]Vol.02 中華レンズメーカーDZOFILM、約15万円相当のマイクロフォーサーズシネマズームレンズ「LingLung 20-70mm …
Special

[BIRTV2019]Vol.02 中華レンズメーカーDZOFILM、約15万円相当のマイクロフォーサーズシネマズームレンズ「LingLung 20-70mm T2.9」「LingLung 10-24mm T2.9」を展示

2019-08-27 掲載

txt・構成:編集部

DZOFILMがシネマズームレンズの新製品LingLung 20-70mm T2.9と10-24mm T2.9を初公開

中国・深センのレンズメーカーDZOFILMは、BIRTVでマイクロフォーサーズマウントでシネマスタイルのズームレンズ「LingLung 20-70mm T2.9」や「10-24mm T2.9」を展示。LingLungは、BMPCC 4KやZ CAM E2、Panasonic GH5、GH5Sなどと組み合わせて使える本格的なシネマズームレンズだ。DZOFILMは、NABやCineGEARにも出展はしていたが、製品化の展示は今回のBIRTVが初めてとなり、注目を浴びていた。

新製品のLingLungについてマーケティングマネージャーのkay Hong氏に話を聞くことができたので紹介しよう。

DZOFILMのマーケティングマネージャー、kay Hong氏

――DZOFILMとはどのようなブランドでしょうか?

前身は、産業用レンズの研究開発と生産を行うDongzheng Opticsという会社です。その頭文字をとってドンの「D」、ゾンの「Z」、オプティクスの「O」をとって、シネレンズのブランドを立ち上げたときに、DZOFILMという名前をつけました。

「LingLung 20-70mm T2.9」と「10-24mm T2.9」の展示が行われたDZOFILMブース

――なぜシネレンズを立ち上げたのでしょうか?

元となるDongzheng Opticsは、シネマレンズとは全く異なる8Kや16Kなどの高解像度ラインスキャンの産業用レンズを手掛ける会社です。しかし、会社の使っている技術は、撮影用レンズを作るのにも応用ができます。そこで中国はカメラ愛好家が多いことから、シネマレンズの製品化が実現することになりました。

Blackmagic Pocket Cinema CameraとLingLung 20-70mm T2.9の組み合わせ

――LingLungシリーズを実現するうえで、こだわった点を教えてください。

このブランドの名前であるLingLung(リンラン)は、中国語でコンパクトという意味です。小さくて、2本のレンズとも1,100gと軽くてコンパクトなところに一番こだわりました。Blackmagic DesignのBlackmagic Pocket Cinema CameraやパナソニックのLUMIXにしても、カメラ自体が小型です。なので、全体のシステムができるだけコンパクトになるように開発をしまいた。

また、マイクロフォーサーズのシネレンズは少ないです。そして、価格は20-70mmは9,980元(日本円で約15万円)、10-24mmは11,980元(日本円で約18万円)です。お手頃な価格でも注目されるのではないかと思っています。

パナソニックLUMIX GH5シリーズとLingLung 20-70mm T2.9の組み合わせ

――機能的な特徴を教えてください。

機能部分でのこだわりは、完全に映画とかのプロユースとかの現場に応えられる仕様を実現しています。メモリの刻みやギアの質感の部分にこだわっています。

レンズの両側に目盛りを簡単に識別できるよう、両面に目盛りが装備されています。270°のフォーカスリングストロークや+−0.3mmのバックフォーカス調整機構を備えています。レンズを固定するためにフロントサポートロッドを搭載しており、レンズとカメラ間を安定させることができます。

レンズ前面から、ギア付きのフォーカスリング、ギア付きのズームリング、ギア付きの絞りリング、フランジバック調整リング

――今後Eマウントなどの発売の可能性はありますか?

市場のニーズとかがあれば考えます。というのも、会社自体は、まだ立ち上げてから半年です。この製品もまだ発売前でやっとBIRTVで発表されて、これから発売という段階です。いまは、マイクロフォーサーズで販売していこうというところです。

E2やBlackmagic Pocket Cinema CameraやパナソニックのLUMIXにレンズをつけた状態で体験できるようになっていた

――日本で購入できますか?また、日本から注文はできますか?

日本にはまだ代理店はありません。注文に関しても、DZOFILMから個人に販売することは考えていません。それぞれの国や地域に販売店や代理店を設けて、そこから購入していただく形になる予定です。

人の肌の色や点光源の描写も特徴とのこと

txt・構成:編集部


Vol.01 [BIRTV2019] Vol.03

[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2019]Vol.02 中華レンズメーカーDZOFILM、約15万円相当のマイクロフォーサーズシネマズームレンズ「LingLung 20-70mm …