PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV2019]Vol.02 中華レンズメーカーDZOFILM、約15万円相当のマイクロフォーサーズシネマズームレンズ「LingLung 20-70mm …

News

[BIRTV2019]Vol.02 中華レンズメーカーDZOFILM、約15万円相当のマイクロフォーサーズシネマズームレンズ「LingLung 20-70mm T2.9」「LingLung 10-24mm T2.9」を展示

2019-08-27 掲載

txt・構成:編集部

DZOFILMがシネマズームレンズの新製品LingLung 20-70mm T2.9と10-24mm T2.9を初公開

中国・深センのレンズメーカーDZOFILMは、BIRTVでマイクロフォーサーズマウントでシネマスタイルのズームレンズ「LingLung 20-70mm T2.9」や「10-24mm T2.9」を展示。LingLungは、BMPCC 4KやZ CAM E2、Panasonic GH5、GH5Sなどと組み合わせて使える本格的なシネマズームレンズだ。DZOFILMは、NABやCineGEARにも出展はしていたが、製品化の展示は今回のBIRTVが初めてとなり、注目を浴びていた。

新製品のLingLungについてマーケティングマネージャーのkay Hong氏に話を聞くことができたので紹介しよう。

DZOFILMのマーケティングマネージャー、kay Hong氏
――DZOFILMとはどのようなブランドでしょうか?

前身は、産業用レンズの研究開発と生産を行うDongzheng Opticsという会社です。その頭文字をとってドンの「D」、ゾンの「Z」、オプティクスの「O」をとって、シネレンズのブランドを立ち上げたときに、DZOFILMという名前をつけました。

「LingLung 20-70mm T2.9」と「10-24mm T2.9」の展示が行われたDZOFILMブース
――なぜシネレンズを立ち上げたのでしょうか?

元となるDongzheng Opticsは、シネマレンズとは全く異なる8Kや16Kなどの高解像度ラインスキャンの産業用レンズを手掛ける会社です。しかし、会社の使っている技術は、撮影用レンズを作るのにも応用ができます。そこで中国はカメラ愛好家が多いことから、シネマレンズの製品化が実現することになりました。

Blackmagic Pocket Cinema CameraとLingLung 20-70mm T2.9の組み合わせ
――LingLungシリーズを実現するうえで、こだわった点を教えてください。

このブランドの名前であるLingLung(リンラン)は、中国語でコンパクトという意味です。小さくて、2本のレンズとも1,100gと軽くてコンパクトなところに一番こだわりました。Blackmagic DesignのBlackmagic Pocket Cinema CameraやパナソニックのLUMIXにしても、カメラ自体が小型です。なので、全体のシステムができるだけコンパクトになるように開発をしまいた。

また、マイクロフォーサーズのシネレンズは少ないです。そして、価格は20-70mmは9,980元(日本円で約15万円)、10-24mmは11,980元(日本円で約18万円)です。お手頃な価格でも注目されるのではないかと思っています。

パナソニックLUMIX GH5シリーズとLingLung 20-70mm T2.9の組み合わせ
――機能的な特徴を教えてください。

機能部分でのこだわりは、完全に映画とかのプロユースとかの現場に応えられる仕様を実現しています。メモリの刻みやギアの質感の部分にこだわっています。

レンズの両側に目盛りを簡単に識別できるよう、両面に目盛りが装備されています。270°のフォーカスリングストロークや+−0.3mmのバックフォーカス調整機構を備えています。レンズを固定するためにフロントサポートロッドを搭載しており、レンズとカメラ間を安定させることができます。

レンズ前面から、ギア付きのフォーカスリング、ギア付きのズームリング、ギア付きの絞りリング、フランジバック調整リング
――今後Eマウントなどの発売の可能性はありますか?

市場のニーズとかがあれば考えます。というのも、会社自体は、まだ立ち上げてから半年です。この製品もまだ発売前でやっとBIRTVで発表されて、これから発売という段階です。いまは、マイクロフォーサーズで販売していこうというところです。

E2やBlackmagic Pocket Cinema CameraやパナソニックのLUMIXにレンズをつけた状態で体験できるようになっていた
――日本で購入できますか?また、日本から注文はできますか?

日本にはまだ代理店はありません。注文に関しても、DZOFILMから個人に販売することは考えていません。それぞれの国や地域に販売店や代理店を設けて、そこから購入していただく形になる予定です。

人の肌の色や点光源の描写も特徴とのこと
txt・構成:編集部
Vol.01 [BIRTV2019] Vol.03

[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [BIRTV2019]Vol.02 中華レンズメーカーDZOFILM、約15万円相当のマイクロフォーサーズシネマズームレンズ「LingLung 20-70mm T2.9」「LingLung 10-24mm T2.9」を展示