PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から
Special

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

2019-09-26 掲載

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部

今年のトレンドを探る

毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC(International Broadcasting Convention)2019」が、9月13日~17日の日程で、例年通り開催された。4月のNAB Show、11月のInterBEE等と同様に、この9月はIBCがヨーロッパ圏内の放送局に向けて、放送分野を中心とした最新映像・音響技術の展示会イベントとして長年親しまれている。

オランダの空

金曜日が初日で、翌週火曜が最終日という、土日を挟んだ5日間と比較的長い日程で開催される。今年は開催4日目の16日の朝だけが雨天だった以外は、オランダ独特の低い海洋性の雲が青空の間に浮かぶ晴れの日が続き、天候にも恵まれ初日から多くの来場者が押し寄せていた。

ホール14

RAI会場は非常に複雑な作りで、毎年新たな建物も増設改築されており、当然ながらIBC自体も増殖し続けている。今年は昨年と同じく15のホールが設置され、既存のRAIの全てのホール施設にプラスして、ホール13、14、15はIBCのための特設テント会場が増築されている。概ね例年通りの配置で展示されるが、毎年のトレンドに従って、少しずつの変貌があり、市場の動向がそこからも見えてくる。今年も数回に分けてIBC2019を振り返ってみようと思う。

映像文化のセンターフィールドはネットへ

筆者がここ数年、こうした海外や国内の映像技術や機材の展示会を訪れて個人的に痛感しているのは、もうすでにテレビや映画という現場に映像技術や機材の技術的軸足はなくなってきた、ということだ。

世界中を見渡してみても、このIBCはそれが年々最も顕著な形で現れている展示会だと思う。IBCも元々は放送技術に軸足がありながら、英国BBCに代表されるような先進的な放送局、つまりネットとの親和性、協調性を初期から模索してきたような、先駆的なヨーロッパのコンテンツホルダーの考え方に牽引されてきた経緯がある。その意味ではIP/ITの導入には最も早くから積極的な展示を行ってきたし、NetflixやAmazon primeなどのOTT(Over The Top)、VoIPやe-sportなど、現在、映像が最も先進的に活用される分野への技術展示やアプローチを選んできた。その意味では現状、最も進んだ映像技術の未来が読み取れる展示会に成長しているように思える。

毎年米ラスベガスで行われるNAB Showと比較してみると、あちらは北米という世界最大の映像市場に向けた展示会で、未だ世界最大規模という展示会規模を保ってはいるものの、全米放送協会が主催する展示会でもあるので、どうしてもテレビの世界から軸足は外せない内容が目立つ。IPやAI、またネット映像の最先端という意味では、カンファレンスや一部の展示はあるものの、どうしても放送の未来を語る切り口が大きく、他のフィールドの技術展示はあまり表立って見えてこない。しかし、例えばハリウッドで語られている映像制作の話は、もうすでにNetflixなどの話に終始しているのが現状なのだ。NAB Showも実際にここ数年の来場者数は明らかに下降線を辿っており、来年から開催日程の変更もあるようだ。

近年巨大化している北京のBIRTVも先進的なテクノロジーが見られる場所でもあるが、全てが国主導という特殊性も加味して、そのお国柄を反映した内容が目立つ。InterBEEは日本という、世界から見れば異端な映像業界を構築している国の展示会なので、世界市場に照らし合わせてもあまり意味をなさないが、多くの映像機器メーカーがある、最先端技術国の展示会として見るべきものも多い。

そんな中で参加国が欧州圏以外にも北南米、中東、アジア、アフリカ圏と参加も多く、1国のイニシアチブではない側面が均衡に見えてくるIBCは、今一番、世界市場に照準を合わせた展示会に見えてくるのは当然の結果だろう。

IBC2019トピックス:01

そんな中で、開催された今年のIBC2019。初日の朝から開催された、ソニーのプレスカンファレンスでは、今年新しい価値創造に取り組んでいくという意味を込めたテーマ「Go Make Tomorrow」とともに、当日2機種の新型カメラとレンズが発表された。

PXW-Z750は、4K 2/3型イメージセンサーを搭載した、新開発の3板式カメラシステムを採用したショルダータイプのXDCAMカムコーダーのフラッグシップモデル。グローバルシャッター機能を搭載したことで、フラッシュバンドや動体歪みが発生しない機構となっている。コーデックも高効率圧縮かつ低ビットレートを実現したXAVC-L422 QFHD200に対応。10bit 4:2:2サンプリングにより4K HDR/HDSDRの同時収録にも対応している。HD収録時では最大120fps撮影に対応。その他12G-SDI出力対応。

もう一つの目玉は、FS7 IIの次世代機とも言える、新開発の6Kフルサイズの裏面反射型イメージセンサーExmor R(有効画素数 約1,900万画素)を搭載した4Kシネマカメラ「FX9(PXW-FX9)」を発表。シネマカメラのフラッグシップ、VENICEの弟分となるフルサイズセンサーカメラで、αシリーズから受け継がれた、位相差検出AFとコントラストAFを併用したファストハイブリッドAFシステムも搭載している。

ダイナミックレンジも15ストップ+を実現。またソニー独自の内蔵型の電子式可変NDフィルターも新たにフルサイズセンサー用に開発するなど、あくまでFS7スタイルのワンマンオペレーションを意識したモデルになっている。(FS7 IIは併売)。FX9は2019年12月10日発売予定で、希望小売価格はオープン、市場想定価格はFX9ボディのみで税別120万円前後。

これと合わせて、ソニーのFEレンズシリーズの新たなシネマレンズラインナップ第一弾として、大口径広角ズームレンズ「FE C 16-35mm T3.1 G」を発表。Eマウントのシネマレンズシリーズとして、EFX9やαシリーズと組み合わせた使用を想定した設計がなされている。超高度非球面レンズ(XA-extreme aspherical)を2枚、非球面レンズ3枚を効果的に配置し、ED(特殊低分散)ガラスを2枚採用、ナノARコーティングを施すことで、ズーム・フォーカス全領域で高い解像性能を実現している。2019年12月10日発売予定で、希望小売価格は税別70万円。

パナソニックは、PTZカメラ10周年を記念するロゴが各所に目立つ、リモートカメラを中心としたソリューションを中心に展示。初日のプレスブリーフィングでは、OBS(Olympic Broadcasting Services)の技術トップである、Isidoro Moreno氏が登壇。これまでの同社が関わってきたオリンピックでの放送技術の歴史に加えて、来年の東京五輪開催に向けて、パナソニックが挑戦する新たな放送技術や開催への抱負などが語られた。

初日すぐに大きな話題をさらったのは、ブラックマジックデザインから発表されたライブ配信用のHDミニスイッチャー「ATEM Mini」。YouTube LiveやFacebook Live、Skypeなどの様々なライブ配信用プラットフォームで、誰でも簡単に使える4つのHDMIカメラ入力を持つライブプロダクションスイッチャー。HDMI OUTの他にUSB-Cのウェブカムアウトのコネクターも搭載。またフェード、ディップ、ワイプ、DVEなど多彩なトランジションなどビデオエフェクトも装備。無償のATEM Software Controlパネルも同梱されて、税別35,980円。

併せて発表された、ミニモニター/レコーダーの新製品「Blackmagic Video Assist 12G HDR」。5インチと7インチの2モデルが同時発表となり。HD、Ultra HD、2K、4K DCIフォーマットによるモニタリングと収録が可能。HDR用に今まで以上に明るい高輝度2500nitsのスクリーンと、タリーインジケーター、4つの内蔵スコープ、改善されたフォーカスアシスト機能、3D LUT、Blackmagic RAWをサポートしているカメラでのネイティブ収録が可能。

ブラックマジックデザインはいつもの7ホールのメインブースに加えて、今年はDaVinci Resolveの専用トレーニングコーナーを5ホールに設け、FusionやFairlightなどを含むソフトウェア別に連日トレーニングを開催していた。

txt:石川幸宏 構成:編集部


[IBC2019] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-09-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から