PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

News

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

2019-10-02 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

今年注目のキーワードは“8K+AI”

IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導されていることに我々は気がつく必要がある。

まず今回最も気になったのはHiSilicon社だ。同社はHuaweiの子会社で、主にSoCの開発製造会社である。同社のSoCである「Kirin」はアップルの「A」、Qualcommの「Snapdragon」などと同様の、世界最先端レベルのハイエンドスマートフォン向けのチップセットだ。

8K+AIといっても、HiSiliconは家電メーカーではないので、こういう8Kテレビを発売します、という意味では必ずしもない。あくまでもソリューション展示であるが、完全に製品レベルの内容である。

今回の展示は8K AVS3エンコーダー(AVS Audio Video Standardは主に中国で使用されている最大8Kの解像度をサポートする新世代のビデオコーデック)、同社の最新SoCであるHi3796CV300を搭載した8K AVS3デコーダー、および8Kディスプレイで構成されている。

さらにSoCに組み込まれたAI処理専用ユニットNPU(Neural Processing Unit)は、Big-CoreとTiny-Coreを組み合わせた「DaVinciアーキテクチャ」を採用している。蛇足ながらBMDのDaVinci Resolveとはもちろん何の関係もない。このNPU技術は、IBCの直前にベルリンで開催されたIFA2019において最新のSoC Kirin 990にも搭載され、かつ4Gと5Gの両方に対応したことが話題になったばかりだ。

Beyond Realityとタイトルされた展示。表示される映像の画質に関しては正直今ひとつだ 今回のデモ環境の内容

ではこれの何が凄いのか、次の図を元に説明しよう。Hi3796CV300を搭載したテレビまたはSTBが中心、いわばポームハブになり、図中に黄色く書かれているインタラクション(操作系)と伝送路系、そして表示系のバブになるというわけだ。この図には書かれていないが、高解像度防犯カメラを接続して異常を検知することも行うことができる。

テレビを軸にしたスマートホームの概念 AIトラッキング機能を内蔵した監視カメラに見立てたOBSBOT社の「OBSBOT Tail」にはHiSilicon社のチップが使われている OBSBOT Tailの詳細仕様 AIベースでの高画質化と画像分析の考え方 AIカメラとAIベースのピクチャークオリティ

いままでもテレビを家庭のハブにしようという話は幾度となくあったのはご承知の通りだ。その延長線上の話ではあるが、8Kという超高解像度、強力なエッジAIエンジン、5Gも含めた複数の伝送路、8K120fpsという表示環境によって、これまで出来なかったことが実現する可能性がある。

さらにKirin 990はスマートフォン用のSoCだが、テレビのSoCともはや何ら変わることがない。つまり5Gスマートフォンで8Kを表示することが可能な世界に突入する。だからといってスマートフォンはせいぜい6インチ程度の画面サイズなのだろうから、そこに8Kを表示しても意味はない。確かに意味はないが、6インチくらいの8Kディスプレイ技術の実用化は必要だが、テレビとスマートフォンを分ける意味がまもなくなくなることを意味する。

分けるというのは開発リソースもアプリケーションも、すべてが8K+エッジAIで共通化されていく可能性を示唆しているのだ。そしてそれらをネットワーク化するのが5Gであり、近い将来にはKieinが8Kテレビに搭載されることになるのかもしれない。

これらは8K放送みたいな話ではなく、End to Endの8Kであり、8K映像入力、8Kデコード、および8K TVディスプレイをカバーし、ビデオが完全に8K時代に入ることを示している。日本のように、8Kディスプレイは高いとか大きいとか、8K放送は普及しない、などというレベルの議論のみに終止しているのとはあまりにも格差が大きい。

DaVinci Resolveアーキテクチャ上でのディープラーニングアルゴリズムは、ビットレートを大幅に削減し、ストレージコストを節約できる可能性ができたり、コンテンツ解析においては空間深度情報を取得し、今まで以上の高度な分析を可能にさせるものだ。

HiSiliconが8Kを主語にして展示を行ったのに対して、親会社のHuaweiは同じ内容を5Gを主語にした展示を行っていた。

Huaweiは5G+8K+Cloud VR 5GにとってエッジAIやクラウドコンピューティングで実現できること

こうした世界観をトータルで示している、実現できているのはHuaweiやHiSiliconに代表される中国勢(のみ)だ。そしてその2社だけではなく、IBCではCHNGHONGも同じ内容の展示と提案を行っていた。北京市も大きなパビリオンブースを構えてこれに続いている。少し前まで中国の企業は、世界の展示会で小さな1コマブースにどこにでもあるケーブルやケースを山のように並べてブース内で中華弁当を食べている、みたいなイメージが強かったが、今まは全くでそうではないのである。

CHANGHONGの8K+AIの展示 北京市のパビリオンブース。15社ほどが参加していた txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.02 [IBC2019] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-10-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる