PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Fコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編

News

[InterBEE 2019の歩き方]Fコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編

2019-11-08 掲載

今年のInterBEEも、例年以上にNewTek社によって開発されたNDI対応製品が見どころだ。NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)とは、ネットワークを介したライブ中継映像用の新しいオープン標準規格。NDIのパートナーは増えており、展示会場内だけでもかなりの展示がある。その中から注目のNDI対応製品を展示するブースをピックアップしたので、見て回ってはいかがだろうか。

01 三信電気/LiveU Ltd.[#8215]

■出展予定製品
  • TriCaster、 LiveU受信機

LiveUは携帯回線(LTE)を複数束ねることにより、光回線等のインターネット環境のない屋外からでもフルHD、4Kの映像を安定して送ることができる映像伝送ソリューション。受信機は最大4chの映像を受信することが可能で、受信した映像をNDIにより1本のLANケーブルでTriCasterなどの対応機器に送ることが可能。

InterBEE 2019では話題の5Gへの対応やTallyライトの搭載など、フィールドでより活躍できる新機能を備えたLiveUの多様なソリューションを体験できるコーナーを多数用意されているので、足を運んでみてはいかがだろうか。

02 NIXUS 北海道日興通信[#7309]

■出展予定製品
  • TELOP BOX for NDI
  • Nixuscelio for NDI
  • S-PORTER for NDI

「TELOP BOX」(テロップボックス)は、簡単テロップシステム。数多くの地上波放送局で使用されているNIXUSのテロップシステムが、NDI連携を実現。高品質CGでライブ配信を演出する。放送に必要な作画、スケジュール、送出のソフトが全て揃ったオールインワンパッケージ。

「Nixuscelio」(ニクサスセリオ)は、Excel送出リアルタイムCGシステム。Nixuscelioは、専用の送出ソフトが必要な従来のテロップシステムとは違い、いつも使っているExcelでデータの入力からオンエア操作まで行うことができる。表計算ソフトMicrosoft Excelのシートがそのままオンエア操作画面になる。迫力あるテロップのオンエアが手軽かつリーズナブルに実現可能。

「S-PORTER」(エスポーター)は、プロ仕様のスポーツオンエアシステム。地上波局様のスポーツ中継でも使用されているシステムがNDIにも対応。競技ごとにカスタマイズされ特化した機能を多数揃えている。導入後に別の競技を追加することも容易に実現できる。4K/8Kにも対応済み。

様々な運用環境に適応し、ハードウェアも常設型から持ち運びやすい可搬型まで用意されている。また、送出環境も柔軟で多彩な構成が可能。タグメンテナンスを使って出したいデータの関連付けや、作画ソフトを使いデザインの変更もユーザー側でも行うことができる。

03 アスク/ディストーム[#7204]

■出展予定製品
  • NewTek VMC1 & TriCaster TC1(ライブプロダクションシステム)
  • NewTek 3Play 3P1(スロー・リプレイシステム)
  • NewTek TalkShow(SkypeTX利用の双方向中継システム)
  • NewTek NRS(NDI対応リモートストレージ)
  • NewTek NDI Tools、Premium Access他(NDI対応ソフトウェア)
  • SimplyLive ViBOX SloMo(マルチオペ対応スロー・リプレイシステム)
  • BirdDog P4K(4K PTZカメラ)
  • 3DSTORM LiveMediaServer NDI(NDIから他のビデオ形式への変換ソフト)

アスク/ディストーム・ブースでは、女性eSportsプロチーム「Creatives」に人気バトルロイヤルゲーム「Apex Legends」を実演し、NewTek社のNDI対応VMC1で配信用の映像を制作するデモを行う。

また、今年9月に行われたIBC 2019にて注目を浴びたNewTek社および他社のNDI対応の新製品を展示・紹介する。

NewTek社からは、NDI対応で大容量収録可能なリモートネットワークストレージ「NRS」。BridDog社からは、NDIコンバーターと4K対応PTZカメラ、3D Storm社からは、NDIから様々なビデオフォーマットへの変換ソフトウェア「LiveMediaServer NDI」、SimplyLive社からは、マルチオペレーションや4K映像入力に対応したスロー・リプレイシステム「ViBOX SloMo」などの展示を予定している。

04 ブレーンズ・システム[#7204](アスク/ディストーム内に出展)

■出展予定製品
  • NewTek TriCaster 410 Plus
  • NewTek PTZ-1 NDI対応リモートカメラ
  • NewTek Connect Spark SDI(HDMI) to NDIコンバーター
  • NewTek Connect Spark Pro 4K60P(HDMI)to NDIコンバーター
  • BirdDog NDI変換コンバーター
  • SOFTRON Movie Recorder NDI対応マルチチャンネルレコーダー
  • SKAARHOJ NDIカメラコントローラー
  • NIXUS CGテロッパー
  • SONY BRC-X400 NDI対応リモートカメラ

ライブプロダクションシステム「TriCaster TC410 Plus」と複数のPTZカメラやショルダーカメラをNDIにて接続。さらにCGテロッパーやマルチチャンネルレコーダー、PTZカメラコントローラーもNDIのみで接続する。従来のSDIやHDMIケーブル、シリアルケーブルを使用しない近未来型のIP映像制作ワークフローが特に注目だという。

05 日本デジタル・プロセシング・システムズ[#7004]

■出展予定製品
  • Magewell Pro Convert製品ファミリー
  • NewTek MediaDS

Magewell社が開発した「Magewell Pro Convert製品ファミリー」は、従来からのビデオ信号環境とNDIベース環境との橋渡しとなるカメラマウント対応のNDIコンバータデバイス。NewTek社のNDIベースのプロダクション設備へ、ビデオ信号を取り込む際に役立つ。

製品ファミリー全体の特長としては、低遅延かつ真のプラグアンドプレイ、入力フォーマットの自動検出、DHCPネットワーク設定を備えている。同製品ファミリーには、現在のところHD/4K、ビデオto NDI、NDI toビデオといった様々なワークフローに対応する8つの製品モデルがある。たとえば「Pro Convert HDMI 4KPlus」では、HDMI 2.0信号を全帯域幅のNDIストリーム(最大 4K60P 4:4:4)に変換可能。

MediaDSは、NewTek 社で培われたライブプロダクションテクノロジーと、パワフル、かつ実績のあるWowza Streaming Engineを統合したリアルタイム・メディアエンコーディング&ライブストリームビデオ配信プラットフォーム。包括的で容易なエンタープライズレベルの配備とスタンドアロンの伝送ワークフローを兼ね備えた、ハードウェアとソフトウェアを完全に統合したソリューション。

プロデューサーと視聴者の間に直接のリンクを確立することで、ユーザーが自分のマルチチャネルコンテンツネットワークを立ち上げることも可能にし、制作物やプレゼンテーション、ライブイベントを誰でも、どこからでも、あらゆるデバイスで、制御ルームやスタジオ、プロダクションから直接見ることができるようになる。

06 フォトロン[#6403]

■出展予定製品
  • Vizrt system

2019年新たにNewTek、NDIが加わった「Vizrt Group」。高品質なバーチャルシステム、リアルタイムグラフィックスシステムとして国内外の多くの放送局に導入されているVizrtシステムは、SDIはもちろんNDIにも対応。放送局だけでなく、eスポーツや配信マーケットなど、「Vizrt」の高品質なグラフィックスをNDIベースでよりリーズナブルにシステム構築することが可能。

07 ソニー/ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ/ソニービジネスソリューション[#6113]

■出展予定製品
  • 旋回型4Kカラービデオカメラ BRC-X400

新発売の4Kリモートカメラ「BRC-X400」は、コンパクトな筐体で水平画角約70°の広角撮影に対応。ライブイベント、スポーツ、スタジオなど、さまざまな用途に使用できる。外部同期、タリーランプ、PoE+に対応しているほか、ソニーのリモートカメラとして初めてNDI|HXにも対応した。

※NewTek社からNDI|HX Upgradeの購入が必要

08 ソリトンシステムズ[#5301]

■出展予定製品
  • Smart-Telecaster

複数のモバイル回線を束ねて、安定した高画質映像をライブ中継行う製品。送信機の映像を受信するSTC HDView/HDView SingleはHD-SDI/HDMIで出力しつつ、同時にNDIでも出力することでTriCasterシリーズとシームレスに連携する。

09 INTER BEE IP PAVILION[#3205]

■出展予定製品
  • NC1 Studio I/O IPモジュール

SMPTE ST 2110環境をコアとするIPワークフローにおいて、すべてをSMPTE ST 2110環境で整えるには大きな投資が必要となる。NC1 Studio I/O IPモジュールを利用し、NDIワークフローを組み合わせることで、コストを大幅に抑えたネットワークインフラやモニタリング環境を構築することができる。

  • ST 2110とNDI、最大4chの映像・音声ソースを双方向で変換可能
  • 最大1080/60pの解像度に対応
  • 10Gb SFP+インターフェイス 2基搭載
  • 1GbEインターフェイス 2基搭載

10 パナソニック/パナソニック システムソリューションズジャパン[#2514]

■出展予定製品
  • 4K/HD インテグレ―テッドカメラシリーズ
  • メモリーカード・カメラレコーダー AG-CX350
  • ライブプロダクションセンター AV-HLC100

NDI|HX対応4K/HDインテグレ―テッドカメラシリーズをはじめ、業界初のNDI|HX対応カムコーダー「AG-CX350」、同社初のNDI対応スイッチャー「AV-HLC100」まで、撮る/創る/出力するをトータルで展示。

また、IPかつNDI|HXの高圧縮技術を活かし、福岡/東京の2拠点からのカメラ映像を伝送。InterBEE会場の「AV-HLC100」でスイッチングを行うNDIリモートプロダクションを株式会社サイバーエージェントの協力により実演。


Eコース [InterBEE 2019の歩き方] Gコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-11-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE 2019の歩き方]Gコース:AWSクラウドベースのメディアソリューション

放送業界のクラウド、IP化が叫ばれて久しいが、いよいよここに来てそれが本格化したように思われる。今回はそのトレンドを受けクラウドやIPに関して最前線であるAWSクラウドを中心に巡る... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay02:各人の視点でみた今の映像制作、あり方を考える

Inter BEE 2019 11月14日 ふるいちやすし 今回は2日目の朝イチから歩き方.tvだったので初日に下見... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay01:令和最初の祭典はどうだった?

Inter BEE 2019 11月13日 岡英史 映像業界1年の締め括りとも言えるInterBEEが今日から開催された。今年はオリ... 続きを読む

[お知らせ]新企画PRONEWSスタンプラリー開催中。Mavic MiniやSamsung SSDなど豪華商品も!

展示会場でスタンプラリーInterBEE 2019を開催 PRONEWSでは、InterBEEの展示会場を見ながらも、豪華商品が当たる「スタンプラリーInterBEE 201... 続きを読む

[お知らせ]毎年恒例PRONEWSオリジナル「Inter BEE 2019の歩き方」ガイドマップを会場配布します!

特集「Inter BEE 2019の歩き方」の内容や、順路を網羅したオリジナルのガイドマップを作成しました!簡単にコンパクトに収納できて持ち運びも便利です。InterBEE会場にお... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 ~ポストプロダクション/ソリューションコース

主にポストプロダクションで使用されるノンリニア編集ツールやソリューション、周辺器機を巡るコース。斬しくBlackmagic RAWやProRes RAWに対応した編集ソフトや、HD... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Dコース:カメラアクセサリーの世界 ~ジンバル/スタビライザー/三脚コース

カメラと一緒に使うアクセサリーを巡るコース。このコースで、SSDや三脚、スタビライザー、レコーダーなどをチェックすることが可能だ。 01 アイ・ディー・エクス[#8503... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 配値/スイッチャーコース

※写真は昨年の様子 配信機材やスイツチャー、メディアコンバーターを巡るコース。ライブ配信ニーズの高まりで、配信機材やスイッチャーの新製品が増えている注目のジャンルだ。 ... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 ~シネマカメラ用交換レンズコース

デジタルシネマカメラ用の交換レンズについて考えるコース。InterBEEはなかなか手に取る機会の少ないシネマカメラ用交換レンズに触れられる絶好の機会だ。 01 サイトロン... 続きを読む

特集記事

再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Fコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編