PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 配値/スイッチャーコース

News

[InterBEE 2019の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 配値/スイッチャーコース

2019-11-08 掲載

※写真は昨年の様子

配信機材やスイツチャー、メディアコンバーターを巡るコース。ライブ配信ニーズの高まりで、配信機材やスイッチャーの新製品が増えている注目のジャンルだ。

01 Blackmagic Design[#8216]

税別35,980円という画期的な価格を実現したライブプロダクションスイッチャー「ATEM Mini」に注目したい。4台のビデオカメラの入力をライブ切り替えできて、YouTubeのライブ配信や、Skypeを使ったプレゼンテーションが可能。コンピューターに接続してPowerPointスライドを再生したり、ゲーム機を接続することもできる。

02 ローランド[#8412]

今年6月に発売した4K HDRマルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー「V-600UHD」、9月に発売したマルチフォーマットAVミキサー「VR-50HD MK2」を中心に展示。

V-600UHDは、HD環境を段階的に4Kに対応させることが可能。全ての入出力端子にローランド独自の「ULTRA SCALER」を搭載し、フルHDと4Kの異なる映像を同時に扱えるだけでなく、4KとHD映像も同時に出力できる。

VR-50HD MK2はライブ配信に最適なオールインワンAVミキサー。1人で簡単に操作ができるコンセプトはそのままに、操作性を更に向上させたビデオ・スイッチャー、音質と機能を全面的にブラッシュ・アップしたオーディオ・ミキサー、好評のタッチパネル・モニター、パソコンと簡単に接続ができるUSB3.0端子などを備えている。

03 アスク/ディストーム[#7204]

NDIを利用したソリューションや製品をご紹介する。eSportsコーナーは、NewTek社ライブプロダクションシステム「VMC1」、スロー・リプレイシステム3Play「3P1」、NDI対応PTZカメラなど、NDI互換システムなどで構築されたステージで、女性eSportsプロチームCreativesによるeSportsの実演デモを行う。NewTek社製品ユーザー事例紹介も予定。

CATVコーナーでは、「TriCaster TC410 Plus」と複数のPTZカメラをNDIで接続し、SDI/HDMI未使用の近未来型のIP映像制作ワークフローを提案。

NDIコーナーでは、NewTek社NRSストレージ、BridDog社製NDIコンバーターとPTZカメラ、3DSTORM社のNDIから他のビデオフォーマットへの変換ソフトLiveMediaServer NDI、SimplyLive社のマルチ操作や4K対応のスロー・リプレイシステムViBOX Slomoなど展示を予定。

04 ATENジャパン[#5304]

SOHO向けのソリューションになるが、リアルタイム編集機能搭載のstreamlive HDポータブルライブストリーミングAVミキサー「UC9020」が面白そうだ。ストリーミングのワークフローを簡素化させる一体型のデザインに、1080ビデオキャプチャ、ビデオスイッチャー、ストリーミング用bロードキャスター、ビデオコンバーター、ビデオ分配器、オーディオミキサーの機能を一台で実現できる。また、RMTPSプロトコルを使用し、任意のCNDプラットフォームを介して、プロ品質のビデオを世界各国の視聴者に向けてライブストリーミングできる。

プロフェッショナル向けソリューションの新製品では、4K60P対応の32入力32出力モジュール式マトリクススイッチャー「VM3250」、4入力2出力プレゼンマトリクススイッチャー「VP1421」、エンタープライズ向け4Kマルチキャスト対応IP-KVMトランスミッター/レシーバーでは「KE9950T/R」や「KE8950T/R」などを展示する。

05 ソリトンシステムズ[#5301]

Smart-telecaster Zao-Sをメインに、Zao-S本体や受信機をWebでコントロールできる「Zao Web Management」などを展示。Zao Web Managementは、多数の送信機、受信機を一元管理できるようになるほか、送信機、受信機それぞれで必要だった設定などすべてクラウド上から行えるようになる。

このほかには、クラウド上で映像のスイッチングなどが行える「Zao Cloud Video Switcher」を展示。クラウド上に送出されているZao-Sのストリーミング映像をPCなどのブラウザ上でスイッチングを行うため、特別な機器を必要せず簡易的なイベント配信などに適している。

06 エーディテクノ[#4310]

映像の出力、変換、伝送、延長、表示をテーマにマルチメディアディスプレイやコンバーターを展示する。展示の中心は、12G-SDI対応4K Ultra HD IPS液晶パネル搭載マルチメディアディスプレイだ。2019年12月5日発売予定の15.6インチモデルの「UH1560S」は、12G-SDIや6G-SDI1系統での4K表示が可能なほか、3G-SDI4系統での4K表示にも対応。また3G-SDI4系統では2つの異なる方式を選択可能。

同社が日本国内正規代理店を務めるDIGITAL FORECAST社製製品では、NABで公開したHDMI→SDIコンバーター「UHD_HS」を展示。HDMI2.0信号を12G-SDIとクワッド3G-SDI信号へ変換し、同時出力可能。クワッド3G-SDI信号は2SIに対応する。

07 タスカム/ティアック[#2401]

「HS-4000システム」や「CD-9010システム」など、収録/ポン出し/送出用の機器をソリューションのほか、ブルーレイ/マルチメディアプレーヤー「BD-MP1」、4K対応のライブストリーミング用AV Over IPエンコーダー/デコーダー「VS-R265」、SMPTE ST 2110対応のマルチトラックレコーダー「DA-6400」を展示する。

中でも注目は、映像の配信/録画システムをオールインワンで実現できるライブストリーミング用エンコーダー/デコーダー「VS-R265」や「VS-R264」だ。「VS-R265」は、H.265 HEVCビデオコーデックに対応。4K/Ultra HD映像信号をH.265でエンコードしストリーミング配信、ストリーミング映像信号を4K UHDでデコード可能。「VS-R264」は、H.264ビデオコーデックに対応。Full HD映像信号(1920×1080)H.264でエンコードしストリーミング配信、ストリーミング映像信号をFull HDでデコード可能。


Bコース [InterBEE 2019の歩き方] Dコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-11-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE 2019の歩き方]Gコース:AWSクラウドベースのメディアソリューション

放送業界のクラウド、IP化が叫ばれて久しいが、いよいよここに来てそれが本格化したように思われる。今回はそのトレンドを受けクラウドやIPに関して最前線であるAWSクラウドを中心に巡る... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay02:各人の視点でみた今の映像制作、あり方を考える

Inter BEE 2019 11月14日 ふるいちやすし 今回は2日目の朝イチから歩き方.tvだったので初日に下見... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay01:令和最初の祭典はどうだった?

Inter BEE 2019 11月13日 岡英史 映像業界1年の締め括りとも言えるInterBEEが今日から開催された。今年はオリ... 続きを読む

[お知らせ]新企画PRONEWSスタンプラリー開催中。Mavic MiniやSamsung SSDなど豪華商品も!

展示会場でスタンプラリーInterBEE 2019を開催 PRONEWSでは、InterBEEの展示会場を見ながらも、豪華商品が当たる「スタンプラリーInterBEE 201... 続きを読む

[お知らせ]毎年恒例PRONEWSオリジナル「Inter BEE 2019の歩き方」ガイドマップを会場配布します!

特集「Inter BEE 2019の歩き方」の内容や、順路を網羅したオリジナルのガイドマップを作成しました!簡単にコンパクトに収納できて持ち運びも便利です。InterBEE会場にお... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 ~ポストプロダクション/ソリューションコース

主にポストプロダクションで使用されるノンリニア編集ツールやソリューション、周辺器機を巡るコース。斬しくBlackmagic RAWやProRes RAWに対応した編集ソフトや、HD... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Dコース:カメラアクセサリーの世界 ~ジンバル/スタビライザー/三脚コース

カメラと一緒に使うアクセサリーを巡るコース。このコースで、SSDや三脚、スタビライザー、レコーダーなどをチェックすることが可能だ。 01 アイ・ディー・エクス[#8503... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Fコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編

今年のInterBEEも、例年以上にNewTek社によって開発されたNDI対応製品が見どころだ。NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)とは、ネットワークを介したライブ中継映... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 ~シネマカメラ用交換レンズコース

デジタルシネマカメラ用の交換レンズについて考えるコース。InterBEEはなかなか手に取る機会の少ないシネマカメラ用交換レンズに触れられる絶好の機会だ。 01 サイトロン... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 配値/スイッチャーコース