PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Dコース:カメラアクセサリーの世界 ~ジンバル/スタビライザー/三脚コース

News

[InterBEE 2019の歩き方]Dコース:カメラアクセサリーの世界 ~ジンバル/スタビライザー/三脚コース

2019-11-08 掲載

カメラと一緒に使うアクセサリーを巡るコース。このコースで、SSDや三脚、スタビライザー、レコーダーなどをチェックすることが可能だ。

01 アイ・ディー・エクス[#8503]

バッテリー、ワイヤレス、モニター、レンズコントローラーの新製品、さらにカタログには載っていない特注品の展示を予定している。

注目の新製品としては、マイクロサイズハイレートバッテリー「Imicro-150/Imicro-98」を展示。小型サイズで、最大出力154W(14A 11V時)と高いパフォーマンスを持つバッテリー。2つのD-Tap、V-Torch搭載やアクセサリーA-Vmicro2を使うことにより、ホットスワップ機能にも対応。大容量を実現し、消費電力の大きな機器やアクセサリーに長時間電源供給が可能。

ワイヤレスビデオの新製品2機種「CW-D10」「CW-1dx」の展示も注目したい。CW-1dxは、遠隔からモニタリングの共有が可能で、5GHz帯無線のHDMI専用モデルです。最大で250mの伝送距離を実現する。

ブースでは、バッテリーが当たる抽選を開催。来場者限定三角くじ(各日先着300枚限定)で、当たりが全て出た時点で終了。来場出来ない方のために、Twitter限定RTキャンペーンも行われる。

02 ATOMOS[#8401]

今年8月から本格出荷開始した「SHOGUN 7」は、高輝度3,000nitにアップグレードすることをIBCで発表。その3000nit/Dollby Vision対応バージョンを展示する。また、一眼レフカメラのHDMI RAW出力対応の最新モデルに合わせた「NINJA V」の最新バージョンを展示。

新製品は、オンセットやスタジオ用のHDRシネマモニター/レコーダーの「NEON」をInterBEEにて初展示。55インチ、31インチ、24インチ、17インチをラインナップする。

03 Samsung SSD[#7404]

多くの人が気になるのは「T5&ポケシネ4Kカメラ取付キット」だろう。「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」はUSB Type-C(USB-C)拡張ポートが搭載されており、「T5」を付属のケーブルと接続して、撮影データを収録することが可能。

同キットは、収録に支障がないように、T5本体を固定できる取付キット(T5用ホルダー、ボールヘッド、オスオス止めネジ)を付属したモデルで、T5に収録したコンテンツは、そのままWindows PCやMacに接続してデータ転送が可能。USB Type-Aポートのみ搭載したPCでも、付属のUSB Type-C to Aケーブルを使用して「T5」を接続することができる。

その他にも、Portable SSD T5の放送局向けパッケージを展示する。TV放送局やポストプロダクションで撮影・編集した映像コンテンツの保存や持ち運び、保管ができるように、コンパクトな専用クリアケースに「Samsung Portable SSD T5」のポータブルSSD本体と接続ケーブル(USB Type-C to Aケーブル/USB Type-C to Cケーブル)を収納したパッケージ製品。

04 Aputure Imaging Industries[#6107]

IBC 2019で発表されたAputure 600Dや300Xを展示する。それ以外の出展概要は明らかにしていないが、SNSなどでOsamu Hasegawa氏、イルコ・アレクサンダロフ氏、藤井翔太氏によるスペシャルトークイベントを予定していることを明かしている。

05 ZHIYUN Tech[#4309]

メーカーの出展概要には、「Crane M2」「Crane 3 Lab」「Weebill Lab」を展示と紹介しているが、10月25日に行われた「Photo EDGE Tokyo 2019」では「WEEBILL S」を展示。InterBEEでは、こちらが目玉の展示となりそうだ。

WEEBILL Sは手ブレや揺れの少ない滑らかな動画をミラーレスカメラで撮影するために設計された中型サイズのジンバル。別売(2019年中発売予定)のワイヤレストランスミッターを組み合わせてばフルHD(1080p/30fps)の低遅延映像をジンバルからスマートフォンに伝送可能になるなど、高い拡張性も備えている。

06 ヴァイテックイメージング/ヴァイテックプロダクションソリューションズ[#4201]

今年は、ヴァイテックプロダクションソリューションズとヴァイテックイメージングが合同出展。ヴァイテックプロダクションソリューションズは、昨年大好評だったVinten/SachtlerのFlowtech75、Flowtech100をメインに展示致。その他、LED照明のLitepanelsやスタジオ用ペデスタル各種をラインナップする。

ヴァイテックイメージングは、フルードビデオ雲台のNitrotech 608、Nitrotech 612を参考出品。そのほか特殊雲台の「Genie Mini II」やテーブルトップ三脚の「ゴリラポッド3K PRO」を展示する。

07 Harmonic Japan 合同会社[#3407]

出展製品は、「VOS360」、「SpectrumX」、「ElectraXOS」。出展概要は3つあり、1つがIP化とUHD-HDRワークフローへの移行を簡易化。Harmonic社のソフトウェア版Spectrum X送出メディア・サーバーとVOS360 SaaSを展示。

2つ目が、OTT配信とブロードキャストの統合。VOS360 SaaSのデモンストレーションでは、OTTとブロードキャストの配信ワークフローの統合によって、事業者がビデオストリーミングサービスを迅速に導入し、機動力を高め、ビデオ配信を合理化できることを証明する。

3つ目が、フューチャー・ゾーン:8KとAIテクノロジによるワンランク上のビデオ品質。8Kストリーミング・ソリューションと併せて、より良い視聴体験と最大50%の帯域幅削減を可能にするEyeQコンテンツ認識型エンコーディング(CAE)も展示する。

08 平和精機工業[#2513]

Libecは過去最大の10コマブースで出展。「フラグシップ」「プロダクション/ブロードキャスト」「プロビデオ」の3つのゾーンに加え、毎年お馴染みとなった「修理相談コーナー」を開設。

「フラグシップエリア」には新製品の三脚システムの「QD」シリーズを、スタジオセットアップのカメラを搭載した状態で展示。また、「プロダクション/ブロードキャストエリア」には、無段階カウンターバランスシステムを搭載した三脚システムの「RSPLUS」や「RS」に加え、超小型ペデスタルの「P110S Compact」を展示。

「プロビデオエリア」には、先日発表した電動ジンバルの「TH-G3」、自立式一脚のリニューアルモデルの「TH-M」、カメラバッグの「Urban CamBag」、グランドスプレッダー用フロアマット「FM-1B」などを展示する。


Cコース [InterBEE 2019の歩き方] Eコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-11-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE 2019の歩き方]Gコース:AWSクラウドベースのメディアソリューション

放送業界のクラウド、IP化が叫ばれて久しいが、いよいよここに来てそれが本格化したように思われる。今回はそのトレンドを受けクラウドやIPに関して最前線であるAWSクラウドを中心に巡る... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay02:各人の視点でみた今の映像制作、あり方を考える

Inter BEE 2019 11月14日 ふるいちやすし 今回は2日目の朝イチから歩き方.tvだったので初日に下見... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay01:令和最初の祭典はどうだった?

Inter BEE 2019 11月13日 岡英史 映像業界1年の締め括りとも言えるInterBEEが今日から開催された。今年はオリ... 続きを読む

[お知らせ]新企画PRONEWSスタンプラリー開催中。Mavic MiniやSamsung SSDなど豪華商品も!

展示会場でスタンプラリーInterBEE 2019を開催 PRONEWSでは、InterBEEの展示会場を見ながらも、豪華商品が当たる「スタンプラリーInterBEE 201... 続きを読む

[お知らせ]毎年恒例PRONEWSオリジナル「Inter BEE 2019の歩き方」ガイドマップを会場配布します!

特集「Inter BEE 2019の歩き方」の内容や、順路を網羅したオリジナルのガイドマップを作成しました!簡単にコンパクトに収納できて持ち運びも便利です。InterBEE会場にお... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 ~ポストプロダクション/ソリューションコース

主にポストプロダクションで使用されるノンリニア編集ツールやソリューション、周辺器機を巡るコース。斬しくBlackmagic RAWやProRes RAWに対応した編集ソフトや、HD... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 配値/スイッチャーコース

※写真は昨年の様子 配信機材やスイツチャー、メディアコンバーターを巡るコース。ライブ配信ニーズの高まりで、配信機材やスイッチャーの新製品が増えている注目のジャンルだ。 ... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Fコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編

今年のInterBEEも、例年以上にNewTek社によって開発されたNDI対応製品が見どころだ。NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)とは、ネットワークを介したライブ中継映... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 ~シネマカメラ用交換レンズコース

デジタルシネマカメラ用の交換レンズについて考えるコース。InterBEEはなかなか手に取る機会の少ないシネマカメラ用交換レンズに触れられる絶好の機会だ。 01 サイトロン... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Dコース:カメラアクセサリーの世界 ~ジンバル/スタビライザー/三脚コース