PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2019]Day02:「IP」「クラウド」変革期を迎えた放送業界

News

[InterBEE2019]Day02:「IP」「クラウド」変革期を迎えた放送業界

2019-11-15 掲載

若者からレジェンドまで、賑わう会場より

[InterBEE 2019]会場出口インタビュー

2日目は終日快晴ということもあり、開場直後から多くの来場者で賑わっていた。放送業界はIPのほか、4K8KやHDRなど大きな変革期にあり、日本はカメラをはじめとして多くの対応機器メーカーがある。

特にカメラメーカーは独占に近い状態で、今回もソニーからマルチフォーマットスタジオカメラHDC-5000のほか、XDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z750などが新製品として出展されたほか、パナソニックは2/3型ショルダーマウントタイプのAJ-CX4000GJ、JVCケンウッドは4KメモリーカードカメラレコーダーGY-HC550/500が出展された。こうしたカメラはIP対応やネットに対応したものとなっており、クラウドを利用した制作にも対応している。

ソニーXDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z750。ネットワーク機能を内蔵しているため、現場からのストリーミングやファイル転送が可能。報道制作向けクラウドサービスXDCAM airに対応したモデル パナソニック2/3型ショルダーマウントタイプのAJ-CX4000GJ。ダイレクトストリーミング機能によりライブ配信サービスに配信可能なほか、優先LAN端子により、IP接続による伝送とカメラコントロールが可能 JVCケンウッド4KメモリーカードカメラレコーダーGY-HC550。双方向のライブストリーミング機能を搭載しており、同一回線上でカメラからのライブストリーミングを中継しながら、スタジオ局からの番組映像とインカム音など同時受信できる JVCケンウッドGY-HC900CH。従来のUSBホスト端子を使った無線LAN、LTEなどのドングルに加えて、内蔵LAN端子、内蔵無線LANにより、さまざまなネットワークに対応

カメラのネット対応により、撮影した映像はクラウド上の仮想ストレージに保存し、クラウド上で編集、送出まで可能になった。ソニーやパナソニック、JVCケンウッドなどのビデオメーカーもそうしたネットへの対応サービスを開始している。

また、AvidではすでにMediaCentralやMedia Composerなど、クラウド対応製品を発売しているが、組み合わせや料金構成などが多岐に渡るため、ある程度汎用性のあるパッケージをいくつか用意し、できることや金額などわかる安く提示できるようにしていく予定だ。クラウドを利用したスタジオ機器の仮想化や管理はHarmonicなどが以前から商品に組み入れており、国内でも導入するところが増えてきたという。こうしたクラウド化はマイクロソフトAzureやAWSが絡むことが多く、ネット配信だけでなく、放送でも利用が始まってきている。

4K8Kは伝送容量の関係もあり、従来のSDIからIP化が進んできたが、圧縮技術が進んだとはいえ、収録から編集、配信に渡ってユーザーが用意しなくてはならないストレージ容量は多くなってきている。IP化によりIT系のストレージが利用できるようになり、クラウドの利用が加速されてきたと言えよう。

さらに放送以外にもダイジェスト版をネットで公開したり、見逃し配信など配信の多様化もあり、今後もそうした方向に進んでいくことになるだろう。

ソニーストリーミング配信ソリューション。クラウド上のスイッチャーでマルチカム配信を実現するVirtual Production。なお、PXW-Z90やHXR-NX80はバージョンアップにより、カメラ単体での配信に対応 JVCケンウッドCONNECTED CAM STUDIO。ネットワークを経由したIP制御により、遠隔地に設置したカメラのアイリス、フォーカス、シャッタースピード、ホワイトバランス、ゲインなどのカメラ設定が可能なほか、タリー表示とマルチカメラ撮影が可能 Harmonicはインジェストからプレイアウト、ランスコーディング、暗号化、パッケージング、配信に至るまで、メディア処理の全体を統合化。OTT配信向けの独自編成といったチャンネルオリジネーション、ライブストリーミング、オンデマンドサービスなど、幅広いアプリケーションをサポート マイクロソフトAzureのCognitive Servicesには主に視覚、音声、言語、Web検索、および意思決定といったサービスがあり、文字認識や自動翻訳などが可能 AWSはクラウドを利用したメディアソリューションとしてスポンサー17社の提案するクラウドを利用した収録やアーカイブ、AI機能を利用した放送や配信などを披露
Day01 [Inter BEE 2019デイリーレポート] Day03

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-11-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[InterBEE2019]ソリトンシステムズブース:Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」を展示

ソリトンシステムズはライブ映像中継システム「Smart-telecaster Zao-S」をメインに、Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-t... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2019]Day02:「IP」「クラウド」変革期を迎えた放送業界