PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2019]Day03:IP、AI、ARなどの新しい波が押し寄せる~未来はすぐそこに

News

[InterBEE2019]Day03:IP、AI、ARなどの新しい波が押し寄せる~未来はすぐそこに

2019-11-20 掲載

放送業界のニューウェーブ

[InterBEE 2019]会場出口インタビュー

初日の午後にわずかな小雨が降った以外は快晴に恵まれたInterBEE2019は、40,375名が来場し無事閉幕を迎えた。今年のInterBEEはすでに始まっている4K放送の充実と今後の8K放送の新たなスタートとなるべく、各メーカーから様々な新製品が出展された。特にIP化によるネットの活用やクラウド化のほか、AIやARなど放送にも新たな波が押し寄せていることが実感できたように思う。

ヌーベルグループの3MIMは、AIを用いた自動マスク生成ソフトウェアFACE Targetや自動ワイプ生成ソフトウェアREACTION Trackerを出展。映像制作の作業工数を大幅に低減することが可能。また、ソニーもSNS速報/AIアナウンサーやAI自動化ソリューションを参考出展していた。AIのデープラーニングを利用したものでは、リーダー電子がAIを利用してコンテンツの異常をチェックするクラウドサービスを発表。フジミックはCMの放送順位付け作業を、AIを用いたデータ処理により迅速に実行できるようにしたCM放送順位付けサービスを発表。

ヌーベルグループの3MIMはAIによる自動編集としてFACE TargetとREACTION Trackerを出展。FACE Targetは、AI技術を用いて人物の顔検出及びトラッキングを行い、マスク候補を自動抽出するソフトウェアでREACTION Trackerは、TV番組でよく使用される「リアクションワイプ」を自動で生成するソフトウェア ソニーSNS速報/AIアナウンサー。約10万件の実際にアナウンサーが読んでいるニュース音声を、人工知能エンジンSpectee AIで機械学習し、様々なニュースのシーンにおけるより人に近い自然な発音、アクセントやイントネーションを習得し、自動で原稿を読み上げるバーチャルアナウンサー IMAGICA AIによる音声解析エンジンを使用した自動文字起こしサービスTRASC。収録済みの映像素材の音声トラックや音声ファイルの内容をAIが解析し、日本語のテキストファイルとして出力するサービスで、利用者はWebからファイルをアップロードすると、実時間の半分程度の時間で出力結果を得ることができる リーダー電子クラウド&AI。複雑なパラメーター設定が不要で、映像音声を含むコンテンツの異常をチェック可能 キヤノン自由視点映像生成システム。2016年に開催されたサッカーJリーグカップ戦で実践投入されたもので、従来のように、固定されたカメラやワイヤーカムによる限られた視点からの映像ではなく、場内のあらゆる位置から好みの角度で映像を見られる自由視点映像を得ることができる フジミックAIを利用したCM放送。CMの放送順位付け作業を、AIを用いたデータ処理により迅速に実行できるようにしたCM放送順位付けサービス よしみカメラVR双眼鏡。観光地に設置してある双眼鏡をVR化したもの。実際の景色だけでなくCGで制作したものなども表示可能

すでに4K放送は開始され、次に控えるのは8Kだ。今まではカメラやレコーダーなどとりあえず撮影することを中心に開発が進んできたが、制作システムとして周辺機材や実際に運用をするためのシステムなどが充実してきている。パナソニックは8KスーパーハイビジョンレコーダーAJ-ZS0580を中心にした8K制作システムを披露したほか、8KマルチパーパスカメラAK-SHB800GJから最大4枠のHD映像を切り出す8K ROIカメラシステムを出展。テクトロニクスはソフトウェアベースのハイブリッドIP/SDIメディア解析プラットフォームPRISMの8K対応バージョンを披露した。

8KマルチパーパスカメラAK-SHB800GJ。8KフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載し、EFレンズマウントを採用した小型軽量のボックスタイプのカメラで最大4枠のHD映像を切り出して出力することが可能。切り出しはパン、チルト、ズームが可能 画面上に4つのエリアを設定してHDとして出力可能。1台のカメラで4台のHDカメラとして運用することができる。また、メインフレームを設定し連携することにより、複数の切り出し映像のパン・チルト・ズームを、ひとつの操作で連動して行える Tektronix PRISM 8Kサポート。PTP同期タイミングの解析やSMPTE ST 2022-7の冗長サポートのほか、IGMP V3、ネットワーク管理システムに統合す、詳細解析のためのIPストリームキャプチャ機能などを搭載している Insta360 8Kライブストリーミング。Insta360 TAITANと6つの魚眼レンズを搭載し最大8K解像度の360°映像を撮影できる。タブレットやスマートフォンと連携するFarSight遠隔映像モニタリングシステムを使用することで、遠隔から高画質かつ低遅延のプレビューで撮影を確認することが可能 ターボシステムは超高感度8Kソリューションとして8K放送の技術仕様であるH.265/HEVC 4:2:0 10bit 60P 100MbpsのリアルタイムデコードサポートしたプレーヤーOTH083などを出展 HEVCに比べ30%~50%の符号化効率改善が見込まれるNTT次世代映像符号化規格VVC。AIによるデープラーニングを符号化に応用 手のひらに8Kがやってきた。先日発表されたばかりの8KVRカメラKANDAO QOOCAM 8Kも実機が展示されていた
Day02 [Inter BEE 2019デイリーレポート] Day01

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[InterBEE2019]ソリトンシステムズブース:Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」を展示

ソリトンシステムズはライブ映像中継システム「Smart-telecaster Zao-S」をメインに、Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-t... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2019]Day03:IP、AI、ARなどの新しい波が押し寄せる~未来はすぐそこに