PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [新世紀シネマレンズ漂流]番外編 シグマ山木社長インタビュー。同社シネレンズが映画「トップガン マーヴェリック / Top Gun:Maverick」で使われた…

News

[新世紀シネマレンズ漂流]番外編 シグマ山木社長インタビュー。同社シネレンズが映画「トップガン マーヴェリック / Top Gun:Maverick」で使われた背景を語る

2019-11-26 掲載

txt・構成:編集部

トム・クルーズ主演映画「トップガン マーヴェリック / Top Gun:Maverick」の撮影でシグマシネレンズが大活躍

シグマはIBC 2016で映像用交換レンズの開発・製造への着手を発表して、2019年にはすべてのラインナップが揃った。となると、シグマの今後の動向が気になるところで、IBC 2019で発表されたClassic Prime Lineや/i Technologyなどの新しいレンズがシグマシネレンズのフェーズ2なのではないかと予想される。

そういう意味でシグマは第一段階を無事に終えて、第二段階に突入し、そしてその次…、今後どのようにシネレンズを進化させようと考えているのか気になるところだ。そのあたりをIBC 2019の会場で、シグマ代表取締役社長 山木和人氏と商品企画部の若松大久真氏に話を聞いてみた。

シグマ代表取締役社長 山木和人氏(左)と、商品企画部の若松大久真氏(右)
――シグマはIBC 2016でシネレンズ参入を発表してちょうど3年が過ぎました。実際に発売を開始されて、どのようなことを感じていますか?

山木社長:まず、シネレンズをスタートした際に考えていた我々のお客様ニーズが少し変わってきていることを感じています。映画撮影業界への参入にあたり、当初のターゲット層は個人や小規模プロダクションの個人所有、いわゆるオーナーオペレーター系の方たちを想定していました。

しかし、実際に参入してみると、劇場公開作品のような大規模なプロジェクトで使われる方から、オーナーオペレーターの方まで想定以上に幅広いお客様に使っていただけていることが分かりました。今はそれぞれのお客様のニーズをきちっと拾い上げて、当社として何ができるのかを、ひとつずつ丁寧に行っている最中です。

それにどう応えるかというところから、/i Technology対応やClassic Prime Lineの実現に至っています。

――Cooke社の通信規格/i Technologyの電子接点付きPLマウントを実現した経緯を教えてください。

山木社長:/i Technology搭載は、実は撮影監督のクラウディオ・ミランダ氏から「トム・クルーズ主演映画「トップガン」(1986)の続編となる2020年公開予定の「トップガン マーヴェリック / Top Gun:Maverick」の撮影で使いたいので、ぜひ搭載してほしい」という要望があり、映画用にカスタムで3セット用意させていただきました。

/i Technologyは当初、それほどニーズはないのでは?と思っていましたが、「トップガン:マーヴェリック」のプロジェクトではどうしても必要とのことで対応させていただきました。その後、VFX業界の動向を調べていくと、レンズデータのニーズが高いことがわかってきました。であれば、PLマウントに/i Technologyに対応しようということで実現に至りました。

――では、新しいフェーズというのは、シグマのやりたいことを実現するというよりも、ユーザーからのフィードバックの実現によるものなのですね。

山木社長:確かにシネプライムレンズのいろいろなフィードバックを多くいただいておりまして、それをひとつひとつ消化している状態です。しかし、そういう受け身だけではモノ作りは面白くないので、いただいたフィードバックの中でそれを消化しつつ、次をどうするかというのを、ちょうど今いろいろ考えているところです。

ただ、基本的にはやはりトレンドは、ラージフォーマットになると思います。そこに対してどういうソリューションを提供していくかが中心になっていくと思います。

開発から製造、調達までを含む高い生産技術がシグマの強み

――Classic Prime Lineのような個性的なルックを特徴とするシネレンズは、他社からも発表が相次いでいます。Classic Prime Lineのアピールポイントをどのようにお考えですか?

山木社長:おそらく、撮影監督のニーズの幅が広いと思うんですよ。割とソフトで雰囲気がいい感じのレンズを好まれる方から、今回のミランダ氏のように、パキっと撮ってキチっと合成とかできるのを好まれる方もいて、本当に両極端だと思います。

レギュラーモデルは、当社のテクノロジーを使った高性能なレンズを低コストでお届けできること。それが、あまたあるレンズメーカーの中での当社の特長になると考えています。

シネレンズはオートフォーカスではないので、確かに参入もしやすい。メーカーも価格もいろいろあると思うんですけど、やはり技術がないときちんとしたものは作れないと思います。

あとはやっぱり、当社には攻めた設計を実現できる強い工場があります。Classic Prime Lineみたいなものや/i Technologyなどを、自分たちのテクノロジーできちっと対応して、当社の持っている技術や製造技術で対応できるというフレキシビリティも持ち合わせています。これが、サプライヤーをたくさん使って集めたものをアセンブリだけするメーカーとは違う、本当のモノづくりができるシグマの特徴だと思います。

――シグマのシネレンズは今後、ますますロサンゼルスでも増えそうですよね。

山木社長:だといいんですが、まだまだ参入して日が浅いです。だからこそ、出てきたメーカーの中で、やはり違うところを見せなきゃいけない。まだまだいろいろ挑戦して、お客様の支持を得られるようにしなければいけないなと思っています。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-11-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[新世紀シネマレンズ漂流:フィールドインプレッション編]Vol.04 柔らかい表現を可能にしたキヤノンプライムレンズ「Sumire Prime」をテストする

txt:倉田良太 構成:編集部 ミュージックビデオをSumire Primeで撮影 シネマレンズレビュー、今回は柔らかな映像描写を実現したキヤノンのPLマウントのプライ... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:フィールドインプレッション編]Vol.03 業界で噂のシグマ製シネレンズ4本をテストする

txt:倉田良太 構成:編集部 ソニーのα7 IIIとシグマのプライムレンズを組み合わせて撮影 さて今回はシグマ編。シグマのHigh Speed Prime Lineの... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:フィールドインプレッション編]Vol.02 コシナのフォクトレンダーのソニーEマウント3本をテストする

txt:倉田良太 構成:編集部 ラインナップが充実のフォクトレンダーEマウント用レンズ さてレンズテスト編第一回は株式会社コシナのフォクトレンダー。 フォクト... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:フィールドインプレッション編]Vol.01 映像制作に使える最新トレンドとは?

txt:倉田良太 構成:編集部 レンズついて再び考えてみよう 定期的なシリーズでお届け中の「新世紀シネマレンズ漂流」。今回も映画産業を支える映像の要、シネマレンズを中心... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から編]Vol.02 会津工場見学でわかった、シグマの交換レンズが選ばれる理由

txt・構成:編集部 シグマレンズが選ばれる理由を探しに行く 最近、撮影現場でよく耳にするのが、「シグマのレンズを選んだ」という会話だ。描写性能にこだわった「SIGMA... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から編]Vol.03 会津から日本全国で活躍中のグリッド椿氏に交換レンズ選びについて聞く

txt・構成:編集部 福島県会津若松市から全国を駆け回って活動するグリッドの椿英明氏は、ウェディングからテレビCM、エクストリームスポーツまで、幅広いジャンルで活躍中だ。そん... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から編]Vol.04 富士フイルムに4K/8Kレンズを支えるナノレベルの独自製造技術を聞く

txt・構成:編集部 富士フイルムのFUJINONレンズは、1962年にカラー放送向けテレビカメラ用レンズを開発して以来、驚くような製品開発を続けている。1979年世界初HD... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から]Vol.05 FUJINONのMK50-135mm T2.9に最適化されたSLR Magic Anamorphot-65 1.33x Anamorphic Adapter試用レポート

txt:ヤギシタヨシカズ 構成:編集部 アナモフィックレンズアダプターとは? 手軽にシネスコが試せるアダプター「SLR Magic Anamorphot-65 1.33... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [新世紀シネマレンズ漂流]番外編 シグマ山木社長インタビュー。同社シネレンズが映画「トップガン マーヴェリック / Top Gun:Maverick」で使われた背景を語る