PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

News

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

2020-01-14 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

進化する画像センサーがより良い未来を作る

サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムスンのキーノートで紹介されたBallieの紹介ビデオを見ていただきたい。

最初はAIBOのようなデジタルコンパニオンかと思ったのだがそうではない。これは家の中を移動する画像センサーなのだ。西陽が部屋に射してきたらカーテンを閉める、ペットがいたずらをして部屋を汚してしまったら掃除機を起動させるというように、スマートホームを実現させるときの重要な室内環境の監視と指示を出す役割のプロダクトだ。

これらは家中にさまざまな種類のセンサー類を配置すれば実現可能だろうが、それが実は現実的ではない。そこで定期的に家の中を巡回することで、Ballieがそれぞれに機器に対して司令を出すのだ。

Ballieの大きさはソフトボールくらい

これらをソフトボールくらいの大きさに凝縮できるのは、チップレベルの技術と、洗濯機や掃除機のような白物家電の技術を併せ持つサムスンゆえに成し得たものだろう。何よりもこの移動するセンサーと言う発想が素晴らしい。全てをスマートフォンに寄せがちな最近のトレンドに一石を投じている。発売日や価格は未定。

カメラとAIが解決してくれる

もう一つサムスンがEureka Parkで展示していたのが「Selfie Type」というスマートフォン用のタイピングアプリである。スマートフォンのインカメラで指の動きを認識して、文字入力を行うというもの。使用時は最初だけ指の位置をキャリブレーションする必要がある。

このときに指の大きさと関節の位置を認識させている。そのために必要な時間はほんの一瞬だ。基本的にタイプ面の素材は関節さえ認識できれば何でも可能だ。筆者も試してみたが、入力の精度について問題を感じることは無かった。類似のものはこれまで小型プロジェクターでキーボードを投射するものが幾つかあったが、Selfie Typeはスマートフォン以外に何も必要としない。

サムスンのSelfie Type

Boschの「Virtual Visor」もユニークかつ実用的な製品だ。自動車用のサンバイザーは太陽以外の必要な場所も隠してしまうので、運転時の視界に問題が生じる。そこでカメラにによる画像認識により運転者の目の位置を把握し、その部分だけを液晶を使って太陽などを遮るのである。

BoschのSmart Sun Visor

これらはすべて、カメラとAIや画像認識によって実現されたものだ。こうしたニーズは潜在的にはまだまだたくさんありそうだ。そのための要素技術として、今回Googleが発表した「Coral Accelerator Module」は、指先より小さいボードに「Edge TPU」を搭載したモジュールで、村田製作所と共同開発をした。

コプロセッサーは、毎秒4TOPSで実行でき、各TOPSに対して0.5ワットと低消費電力である。インタフェースはPCIe Gen 2とUSB 2.0に対応しており、カスタム基盤設計が容易である。TensorFlow Liteに対応しているので学習モデル構築も簡単になる。これらにより、AIを応用した製品やサービスはさら増えていくことになるだろう。

エッジAIプラットフォーム「Coral」ブランドの「Accelerator Module」

基盤に実装させたもの。プラスチックで覆ってしまっているが、この状態で人物のオブジェクト認識をこなしていたので、発熱問題も大きく改善されている。

これらのように、AIを利用したプロダクトやサービスは、これまでのような大規模なものから、従来の家電製品のようなのような様々なプロダクトに組み込まれていくだろう。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.05 [CES2020] Vol.07▶︎

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-01-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達