PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

News

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

2020-01-16 掲載

txt:西村真里子 構成:編集部

CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは

CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに日本テレビのアンドロイドアナウンサー「アオイエリカ(AOI ERICA)」が応援に駆けつけ、J-Startupブースの紹介を行った。和装に身を包み、来場者の質問に対して丁寧に(音声とテキストで)返事をする姿にEureka Parkに来た方々も足を留めて話しかけ、その後J-Startupブースに入っていく。

アンドロイド、身体を伴ったロボット、テクノロジーは人の眼を引く。人間に近すぎて不気味なゆえ近寄れないという人もいる。「今後アシスタントロボットは身体を持つべきなのか?」

そのようなことを考えるキッカケとなるプロジェクトがサムスンの独立研究開発部門「スター・ラブス(Star Labs)」から発表された。その名は「NEON(ネオン)」だ。筆者はこのプロジェクトを見るのがCES 2020の楽しみの一つだった。

「NEON」は人工人間(Artificial Human)である。「人工知能が当たり前になった時代の、その先を考えた人工人間プロジェクトで、“脳みそ”だけではなく“身体”や“感情”もテクノロジーが有することを研究した結果生み出したもの」とのことだ。バーチャル上だが、人間のように動き、感情を持つもの。ただし、物理的な身体は持たない。ディスプレイのなかに存在するものである。

デモ会場内では、ヨガインストラクター、キャビンアテンダンド、ダンサー、オタク風作業員(オタマトーンを持っていた)など個性豊かな人工人間がディスプレイの中に佇み、時に多くの来場者に「Hi!」などと話しかけ、時に多くの来場者に戸惑いの表情を表していた。

ちなみに話しかけるといっても一方通行コミュニケーションでインタラクティブ性はまだ進化途上とのことだ。英語、韓国語、ヒンズー語、中国語などでも話せることをデモしていたが、これはサードパーティー性のプラグインを入れているとのことで、外部パートナーとも今後協業していく可能性が高いとも述べていた。

利用用途としては感情を持った新しいユーザーインターフェイスとなりATMや受付などで人間を助けるというものらしい。テクノロジーに囲まれて生きているのが当たり前になる世の中で「ねえグーグル」や「Hey Siri」「アレクサ」「Hi Bixby(Samsungの音声認識)」などと、愛着のわかない音声認識インタラクションを持つよりも、一人ひとり(?)個性的で名前を持った人工人間「NEON」とコミュニケーションをする方が人間に優しいという。

そして、現段階では利用希望者のニーズにあわせて「受付用」「看護用」「やさしい」「てきぱき」などと用途・人格設定を決めた上で、人工人間を成長させていくようだ(現時点では用途プリセットがあるわけではなく、利用希望者とアプリケーションを作り上げていく手法を取る予定とのことだ)。

ちなみにCGではなく「NEON」として計算し、生成して作り上げていくそうだ。CORE R3(現実性Reality、リアルタイムReal Time、レスポンスResponse)を大切にし、数マイクロ秒未満で反応してくれるので、人間と接しているような感覚であるとのこと。

NEONのウェブサイトには以下のように紹介されている(一部抜粋):

“NEON=人工人間。NEONは、感情と知性を備えた本物の人間のように見え、振る舞い、計算によって作成された仮想の存在です。

あなたや私のように、視覚的に100%リアル。

フランク、ナターシャ、ハナ、など名前を持ち「Hey NEON」と話しかけません。NEONはAIアシスタントでも、インターネットへのインターフェースでも、音楽プレーヤーでもありません。NEONは友人、なのです。

スペイン語からヒンディー語、日本語から英語まで、NEONはすべてを話すことができます。友人であり、協力者であり、仲間。

NEONは私たちとつながり、より多くを学び、新しいスキルを獲得し、進化します。”

まだまだ発展途上という段階で出ているので、NEONとコミュニケーションできなかったが、今後街角のサイネージに、病院に、空港のカウンターにNEONが登場する未来が来るのかどうか、今後の動向も気になる。

ちなみにCES開始前はツイッターフォロワーが6000フォロワー程度だったのが、現在では1.1万フォロワーいる。CNETやブルームバーグ、エンガジェットなどメディアでも多く取り上げられている。CESを活用したプロモーションとしては成功といえるだろう。

「今後アシスタントロボットは身体を持つべきなのか?」この問いに戻ろう

日本のJ-Startupブースには日本のスタートアップGateboxの「ヒカリちゃん」がホログラムでニコニコ微笑んでいた。Gateboxは2019年末にキャラクタープラットフォームをオープン化、開発者向けの「Gatebox Developer Program」を開始、誰でも自分の好きなキャラクターと暮らせるアプリ開発を可能にしている。創業者の武地実氏は創業当時から、二次元キャラクターヒカリちゃんを「俺の嫁」と呼び、二次元キャラクターと暮らせる人生を実現させ、多くの方に楽しんでもらいたいと言っていた。その言葉どおりの進化を遂げている。

NEONはサムスンの独立研究開発部門が開発している。NEONの人工人間が身体を持たずにディスプレイの中にのみ存在することは、ディスプレイ利用用途が増えるということだ。独立研究開発部門なのでSamsungの売上には直接寄与する必要はないが、NEONが身体性を持たないという理由はそこにもあるのかもしれない。

また、受付やサイネージ案内などでは身体性を持たなくとも十分機能する。事実イタリアの空港ではディスプレイの奥に人間が待機して、空港内の案内をしている。私が利用したときには、早朝だったからか非常にぶっきらぼうな対応を受けたが、NEONだと優しく日本語で答えてくれるのであれば、ありがたい。

冒頭のアンドロイドアナウンサー「アオイエリカ」は、アナウンサーとしてスタジオに入り、マイクを付け、カメラの前に立つにはフィジカルなアナウンサーである方がコミュニケーションを取りやすい。ただし、アンドロイドを開発にするにはそれなりに大きな予算も必要そうである。

これからは利用用途にあわせて“人工人間”がフィジカルに、バーチャルに人間をサポートしてくれることになるのだろう。そして答えはNEON一つではない。人工知能が当たり前になった世の中で、人工人間がどうあるべきか?みんなが考えていく良い機会をNEONが与えてくれたと考える。

txt:西村真里子 構成:編集部
Vol.06 [CES2020] Vol.08

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-01-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」