PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

News

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

2020-01-17 掲載

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部

2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返ってみたい。開催期間中の展示を通じて感じた「各企業の“未来へのアプローチ方法」「IoTやAI、5Gが現実化した私たちの暮らし」について、筆者の新規事業の開発・PM経験からのアングルで紹介したいと思う。

IoT、AIで日常が“つながる”最後の一押しとしての5G

主催のCTAは「CESから先につながるテクノロジートレンド」として「Trends to Watch」を発表した。ポイントのみまとめると、私たちの生活やビジネスに影響を与える部分はこの「新たなIoT」に集約される。

Vol.01でも触れたが、IoTが単なる「モノのインターネット化」のInternet of Thingsではなく、「日常の様々なモノが分析・判断・提案をする“知性”を持って社会と“つながる”」Intelligence of Thingsになる。

その肝となるAIの処理能力や活用範囲は、「大量のデータ処理と通信」が可能になる5Gの浸透が後押しし、対象領域も社会から個人に関わる範囲まで拡大。

本格的にIoT(Intelligence of Things)が進み、日常生活が社会と“つながる”ことで「個人の暮らし」へのサポート領域が拡大するという内容だ。

CES 2020では、“新たなIoT”「Intelligence of Things」の時代の幕開けが伝えられ、各企業が“未来の暮らし”の実現可能性を高める発表を行った。「IoTやAI、5Gが現実化した私たちの暮らし」を楽しくする具体的な商品やサービスについてさらに紹介していく。

リアル「鏡よ鏡…」の世界へようこそ!美しきスマートミラーたち

白雪姫では、女王が「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰だ」と問いかけるシーンが印象的だ。鏡が単純に「それは、白雪姫です」と答え、女王がキーッ!となって物語が始まる。けれども、鏡が「あなたのシミ指数は6点、シワは7点…10点にするには、改善する保湿ケアのステップをご紹介します」と的確かつ具体的に返す未来がすぐそこに迫っている。

2016年の調査によると、私たち東アジアの人たちが身だしなみにかける時間は週に2.9~3.6時間。実は、欧米諸国に比べてかなり時間が少ない。

GfK Japan「身だしなみに関するグローバル調査」より

他のことで忙しいが、時間をかけず美しくありたいという意識が、東アジアには根強いとも考えられる。

そのようなニーズを解決する「スマート版白雪姫の鏡」こと「LUMINI Home」が、CES 2020の「Unveiled」では大人気だった。サムスンの子会社「lulu lab」によるアイテムだ。

鏡に搭載されたカメラで顔を撮影すると(左)、スコアが表示される(右) おすすめの美容ステップと美容家電(サムスン製)が表示され、みんな興味津々になる 美容意識の高い、しっかりしたソリューションが登場。「Daft Punk」みたいになれる

AIによる顔の画像解析からスキンケアのソリューションまでがつながった製品といえる。

美容とはまた別軸で、「身だしなみの間も他の情報をチェックしたい」というマルチタスク向けのアイテムが「Smart Home」のカテゴリーでも展示されていた。

YouTubeを見ながら、身だしなみができてしまう

この「Capstone Connected」のスマートミラーはインテリアとしてもデザイン性が高く、Google Chromeなどのブラウザやアプリを起動できるようにできている。

洗面台用から姿見まで、大小サイズがあるが、プライバシー配慮のためカメラだけは優先度を下げているというところが、先ほどの「LUMINI Home」とは違っている。

このほかにも「Smart Home」の展示では、冷蔵庫のドアがきれいな液晶になっている商品もあり、リアルに「日常の様々なアイテムがメディアになる未来」が垣間見えた。

日常が“メディア化”したら欲しくなるのは、プロフェッショナルなクリエイティブ

ここまで日常のプロセスがソリューションと“つながる”ケースや、生活用品そのものが“メディア化”するケースに触れてきたが、そうなると重要性が高まるのが「コンテンツ」となる。

身近に触れるものだからこそ、素人の自分が一から作るより、手っ取り早くプロのクリエイターの手を借りたいというニーズを感じるアイテムも見られた。

この、Prinkerの「Tattoo Printer」は、お風呂に入ると落ちる1日限りのワンポイントタトゥーのイラストを、わずか10秒程度で体に印刷できる。

自作かクリエイターによるイラストを選択し、右奥のハンディプリンターを使い印刷する 専用プライマーをスプレーしサッとハンディプリンターで印刷。再度コートして完成

プロセス自体は10秒以内だが、なかなか順番が回ってこない。原因は、いざ自分の体に印刷するとなると、老若男女問わずものすごく迷ってしまうからで、多くの人がクリエイター作品内で選ぶ光景が見られた。

LINEスタンプ同様、ポップなイラストが描ける人の発表の場として、人間の体が選ばれる日もそう遠くなく、イベント会場などで使うのも非常に楽しい製品だった。

同様のケースはGuangzhou Taiji Electronicの「O’2 NAILS」でも発生。こちらは2日くらいでペロッと剥がれる、簡易ジェルネイルのプリンターだ。

画像を選び、下地をUVライトで固めた後に印刷(左)トップコートを塗って完成(右)

この「日常を彩るコンテンツを作れ、選べる」製品は、形あるものだけにとどまらない。「Digital Health」の文脈の一つとして、メンタルケアに有効とされる「香り」の分野でも同様のアイテムが登場している。

フランスのCOMPOZのカスタマイズできるアロマディフューザーは調香師おすすめの香りブレンドをアプリでレコメンドしてくれる。

アプリでアロマオイルをカスタムブレンドを作り、ディフューザーから出せる仕組み

一応、アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ身としては、各社から発表される香り系のアイテムは嗅ぎまくってみたが、このCOMPOZの香りが質的にも住空間に最適だと感じた。

日常が“つながる”のは悪くない。何と“つながる”か、コンテンツは選べた方がいい

この他にも、今回のCES 2020では、日常が“つながる”ことで生活がより安全・快適にできるもの、楽しくできるものが、数多く現実味を帯びて展示されていた。

日常の生活が、IoT化されデータを通じ社会と“つながる”良い側面をたくさん知ることができた一方で、様々なものが“メディア化”し「即時の判断や決断を迫ってくる」という忙しさもまた予期できてしまう。

生活のあらゆるものが、社会との接点やメディアになった際、意志決定の負荷は大きくなる。その負荷を軽減するものや、ある程度悩まなくても大丈夫な質の良いコンテンツのニーズがより大きくなるのでは?と個人的には感じる「CES2020」となった。

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部
Vol.07 [CES2020] Vol.09

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-01-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

特集記事

再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち