PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020
Special

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

2020-01-20 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

CES 2020の主流が「8K」となった理由

CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、日本よりも画面サイズが大きく、70インチ以上の大画面市場が明確に存在するからだ。75インチ以上の超大画面では4Kでは解像度が足りないので、アップコンバートする前提で8Kパネル、というのが当然の方向性なのだ。

サムスンブース

LGブース

スカイワースブース

ハイセンスブース

TCLブース

ソニーブース

テレビ関連産業は、2Kまでコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置が連動して市場、エコシステムを形成してきた。しかし、4K以降はこれが完全に崩れ去った。4Kコンテンツがなくても、4K放送が行われなくても、前述の理由や技術の向上と生産施術によってディスプレイパネルは4Kが主流となった。同じ理由で、2020年以降は8Kが主流になる。8K放送が行われているのは世界で日本だけであるが、そこは全く関係ない。

8Kの標準化と啓蒙活動を行う「8Kアソシエーション」には22社が参加し、「8K ASSOCIATION CERTIFIED」の認証もはじまった。8Kアソシエーションは、テレビメーカーではサムスン、ハイセンス、TCL、パナソニックが参加している団体で、テレビメーカー以外にはアストロデザイン、台湾のパネルメーカーAUO、BOE、インテルなどが参画している。ソニーやシャープ、LGなどは現時点で参加していない。

好むと好まざるとにかかわらず、8Kに向かう理由は2つ。一つは超解像によるアップコンバート。もう一つは4Kがそうであったように、放送以外にネットを使うことが可能だからだ。後者はまだこれからであるが、アップコンバートはAI技術によって実際格段に進化している。

サムスンブースでは2Kソースを8Kディスプレイにアップコンバートして表示し、比較を行っていた。素人目には、ではなく誰が見てもアップコンでも十二分に綺麗に見えるし価値がある。

サムスンブースのAIによるアップコンバートのデモ

ソースの切替

AIを利用することで明らかに見た目でのレベルが上がった

古いビジネスに囚われてしまった日本

日本では4K=4K放送、8K=8K放送という、かつてのコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置の連動したビジネスに未だに囚われすぎている。「放送もやってないのに何を見るのだ」という考え方が深く根付いてしまっている。

一方、日本の視聴者側はCS放送以降、技術や制度の細かいことは全然良くわかっていないが、大きいこと、綺麗なことには当然好意的に反応する。価格さえ伴えば、である。「ハイビジョンテレビを買えばテレビとDVDがハイビジョン」で見られるという、良くも悪くもそのレベルでしかない。

同じことが、8Kテレビを買えばきれいな8Kで見られるという考えになる。流石にDVD=ハイビジョンまで酷くはないが、実際に量販店の売り場に行くと、「オリンピックが8Kで見られます、テレビ(地上波)やDVD、ブルーレイも今よりきれいに見られます」というセールストークを聞くことができる。そしてそれは前述の通り、紛れもない事実である。

すでに50インチの4Kテレビは3万円台で購入することができる。80インチの8Kテレビも3年後にはきっとそうなる。こうしたことは、デジタル化以降に十分予測できたことだ。何度も繰り返すが、いまはコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置はそれぞれ独立している。独立して進化をしている。そのことを放送、映像関係者はしっかりと認識するべきである。

制作は可能な限りその時点で最高の技術を用いて制作されるべきであり、それはコンテンツにも深く影響を及ぼす。伝送路は電波でなければならない必要はまったくない。CESではディスプレイ(だけ)が完全に8Kになったが、どうせ売れないとかいう見方はとんでもない間違いである。

txt:江口靖二 構成:編集部


Vol.09 [CES2020] Vol.11

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-01-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?

txt・構成:編集部 山木社長がオンラインプレゼンテーションでContemporary版とArt版の違いを解説 シグマは2月24日、ミラーレス専用フルサイズ標準ズー... 続きを読む

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020