PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

News

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

2020-01-20 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

CES 2020の主流が「8K」となった理由

CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、日本よりも画面サイズが大きく、70インチ以上の大画面市場が明確に存在するからだ。75インチ以上の超大画面では4Kでは解像度が足りないので、アップコンバートする前提で8Kパネル、というのが当然の方向性なのだ。

サムスンブース LGブース スカイワースブース ハイセンスブース TCLブース ソニーブース

テレビ関連産業は、2Kまでコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置が連動して市場、エコシステムを形成してきた。しかし、4K以降はこれが完全に崩れ去った。4Kコンテンツがなくても、4K放送が行われなくても、前述の理由や技術の向上と生産施術によってディスプレイパネルは4Kが主流となった。同じ理由で、2020年以降は8Kが主流になる。8K放送が行われているのは世界で日本だけであるが、そこは全く関係ない。

8Kの標準化と啓蒙活動を行う「8Kアソシエーション」には22社が参加し、「8K ASSOCIATION CERTIFIED」の認証もはじまった。8Kアソシエーションは、テレビメーカーではサムスン、ハイセンス、TCL、パナソニックが参加している団体で、テレビメーカー以外にはアストロデザイン、台湾のパネルメーカーAUO、BOE、インテルなどが参画している。ソニーやシャープ、LGなどは現時点で参加していない。

好むと好まざるとにかかわらず、8Kに向かう理由は2つ。一つは超解像によるアップコンバート。もう一つは4Kがそうであったように、放送以外にネットを使うことが可能だからだ。後者はまだこれからであるが、アップコンバートはAI技術によって実際格段に進化している。

サムスンブースでは2Kソースを8Kディスプレイにアップコンバートして表示し、比較を行っていた。素人目には、ではなく誰が見てもアップコンでも十二分に綺麗に見えるし価値がある。

サムスンブースのAIによるアップコンバートのデモ ソースの切替 AIを利用することで明らかに見た目でのレベルが上がった

古いビジネスに囚われてしまった日本

日本では4K=4K放送、8K=8K放送という、かつてのコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置の連動したビジネスに未だに囚われすぎている。「放送もやってないのに何を見るのだ」という考え方が深く根付いてしまっている。

一方、日本の視聴者側はCS放送以降、技術や制度の細かいことは全然良くわかっていないが、大きいこと、綺麗なことには当然好意的に反応する。価格さえ伴えば、である。「ハイビジョンテレビを買えばテレビとDVDがハイビジョン」で見られるという、良くも悪くもそのレベルでしかない。

同じことが、8Kテレビを買えばきれいな8Kで見られるという考えになる。流石にDVD=ハイビジョンまで酷くはないが、実際に量販店の売り場に行くと、「オリンピックが8Kで見られます、テレビ(地上波)やDVD、ブルーレイも今よりきれいに見られます」というセールストークを聞くことができる。そしてそれは前述の通り、紛れもない事実である。

すでに50インチの4Kテレビは3万円台で購入することができる。80インチの8Kテレビも3年後にはきっとそうなる。こうしたことは、デジタル化以降に十分予測できたことだ。何度も繰り返すが、いまはコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置はそれぞれ独立している。独立して進化をしている。そのことを放送。映像関係者はしっかりと認識するべきである。

制作は可能な限りその時点で最高の技術を用いて制作されるべきであり、それはコンテンツにも深く影響を及ぼす。伝送路は電波でなければならない必要はまったくない。CESではディスプレイ(だけ)が完全に8Kになったが、どうせ売れないとかいう見方はとんでもない間違いである。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.09 [CES2020] Vol.11

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-01-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020