PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

News

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

2020-01-21 掲載

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部

リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作

CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であったように感じる。B2Cのコンシューマー向けプロダクトだけではなくB2Bにもフォーカスし、ハードウェアだけではなくソフトウェアそしてコンテンツ、特にエンターテインメントコンテンツが大事であると、CEA主催CTAのバイスプレジデントがメディア向けテックトレンドで発表をしていた。

ハードウェア製品見本市だった流れから、ソフトウェア、そしてエンターテインメント・コンテンツが重要になる年を象徴してソニーブースではハリウッドのエンターテインメント制作現場が大きく変更しそうな驚きのデモ展示がなされていた。

それが、Crystal LEDとAtom Viewで実現するバーチャル制作技術のデモだ。

今回ソニーといえば、”VISION-S”自動車の発表によって、他の展示がかき消されたように見えるが、実はそうではない、根底には「エンターテインメントへの未来をどうするか?」という提案がソニーブースにはある。PRONEWS的には、Crystal LEDとAtom Viewの驚くべき展示は外せないのである。NAB ShowやCineGearでの展示ともいえるし、さらにはエンターテインメントという視点でみると納得がいく。

後ろのセットはCrystal LEDで流れる映像だが、カメラ位置によって変化する。これによって撮影される映像に破綻が起きない

CES史上、ソニーブース内にソニーピクチャーズがこの規模の展示をするのは、恐らく初めてだろう。Crystal LEDパネル216枚(8K×3K)の前に、初代ゴーストバスターズで使われた車 Ecto-1を配置。その光景を6Kセンサーを積んだシネマカメラVENICEで撮影すると、カメラの動きにあわせて背景映像が、リアルタイムに変化し、適切な視点と奥行きをもった映像の撮影が可能になる。スタジオの一部を高解像度の3次元データとして取り込み、背景映像としてディスプレイに映し出すバーチャル制作のセットのデモが行われた

カメラとCrystal LED、そしてカメラ位置を取得するためのトラッカーさえあれば、ロケ地に行かなくても臨場感ある背景映像を手にすることができる。もちろんただの背景影像にとどまらない。ポイントクラウドで持っているデータを、カメラの視点、明るさやライティング、反射などを計算してCrystal LED上にインタラクティブに映像が投影され撮影されるため、画の破綻がないし、何度もでも同じシチュエーションを再現できるなど、リアルな空間とバーチャルな空間がシームレスに一続きになるのだ。

初見ではまさかCrystal LEDだとは気付く人も少ない

スタジオに居ながらスタジオに合わせた背景映像を変えるだけで様々なシーンを撮影することが可能で、クリエイターにとってはクオリティーの追求を編集費を節約して行うことが可能となる。しかも、グリーンバック撮影ではVFX特殊効果を出すのにかなりの労力が求められる「緑色」演出や反射なども撮影時から高画質で映像に収めることができるのだ(「ゴーストバスターズ」のスプーキーな緑色も後編集をせずに撮影時から入れることができるのだ!)

この撮影技術には「Atom View」と呼ばれるボリューメトリック技術が使用されている。「Atom View」は未来のVR向けJPEG/MPEGと考えてもらってもよいだろう。

しかも3Dデータをマッピングではなく「ポイントクラウド(対象の各点の三次元座標値(x,y,z)と色(RGB,RGBA)が格納されたデータ)」で格納しているので、なんと、撮影後にそのままHDR編集することも出来るのでポストプロダクションの工程も非常に効率よく仕上げることができるようになりそうだ。

驚くべき撮影ワークフローを展示したSony Innovation StudiosはSony Pictures EntertainmentのDivisionで、映画やコンテンツ制作のための次世代技術開発を2017年より行っている。ソニーピクチャーズが2019年夏に買収したNurulizeの「Atom View」はバーチャル・リアリティーコンテンツを作るためのテクノロジーだと思っていたが、まさかバーチャル・リアリティーを飛び出し、高精細な映像テクノロジーの制作ワークフローに活かされるとは驚きだ。

スタートアップのテクノロジーを活かし、そして新たな活躍の場を提供している点も評価が高い。Sony Innovation Studiosの今後にも期待したくなる展示をソニーブースで目撃した。リアルもバーチャルも境目がなくなる影像制作の世界がもう、そこまで来ていることは間違いない。

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部
Vol.10 [CES2020] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-01-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!