PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現:CP+2020]Vol.01 ケンコープロフェショナルイメージング、8Kフルフレーム対応Irixシネマ向け交換レンズを取り扱い予定
News

[再現:CP+2020]Vol.01 ケンコープロフェショナルイメージング、8Kフルフレーム対応Irixシネマ向け交換レンズを取り扱い予定

#KPI #CP+2020

2020-03-16 掲載

txt・構成:編集部

スイスで設計を行うIrixブランドのシネマレンズ初出展予定だった!!

ケンコープロフェショナルイメージングのあるケンコートキナー本社ビル

ケンコー・トキナー、スリック、ケンコープロフェショナルイメージングは、今年もCP+に合同ブースとして出展予定だった。その中でも、動画関連のブランドを多数扱うケンコープロフェショナルイメージングは、CP+2020ではどのような展示を予定していたのか?東京・中野のケンコートキナー本社ビルで聞いてみた。

今年のケンコープロフェショナルイメージングは、CP+の展示会場でデジタル一眼レフ用交換レンズを扱うIrixやストロボのゴドックス、アルカスイス、会議センターのプロ動画エリアはIrixやTokina VISTAのシネマレンズなどを展示する予定だったという。その中で最も注目展示となるはずだったのが、フルサイズに対応したIrixブランドのシネマレンズだ。

今年もケンコー・トキナー、ケンコープロフェショナルイメージング、スリックとの合同ブースで出展予定だった
※写真はCP+2019の様子
ケンコープロフェショナルイメージングコーナーの様子
※写真はCP+2019の様子

フルサイズをカバーするシネマ版Irix交換レンズの国内取り扱い予定

Irixのシネマ製品ラインはIrix 11mm T4.3、Irix 45mm T1.5、Irix 150mm T3.0をラインナップ中

Irixはスイス、ポーランド、韓国の3カ国に拠点を置くレンズメーカー。レンズの設計、マーケティング、製造をそれぞれの国が担い、ユニークなレンズの開発・販売を行っている。

スチル向け交換レンズでは11mm F4、15mm F2.4、150mm F2.8マクロの3モデルが発表済みだが、CP+のプロ向け動画エリアブースでは、取り扱いを予定している8K、フルフレーム対応のIrixシネマ向け交換レンズ「Irix Cine Lens 11mm T4.3」「Irix Cine Lens 45mm T1.5」「Irix Cine Lens 150mm T3.0」を展示予定していたという。スチル向けIrixは2020年3月10日発売で、シネマ向けIrixの国内発売日は未定。

シネマ向けIrixは、スチル向けIrixの光学設計をそのまま活かしている。スチル向けは11mm、15mm、150mmをラインナップし、シネマ向けに新規開発した45mmを加えた11mm、45mm、150mmの3本をラインナップする。スチル向けは絞りリングのないカメラ本体制御だが、シネマ向けは0.8Mピッチ標準の無段階のシネマギアを搭載している。

スチル向けのマウントは、キヤノンEF、ニコンF、ペンタックスKの一眼レフ用3マウント。シネマ向けは、キヤノンEF、ソニーE、マイクロフォーサーズ、PLの映像系で定番の4マウントをラインナップする。

シネマ向けIrixの特長は、他社シネマレンズメーカーにはないテレ端とワイド端に振ったラインナップだ。フルサイズ対応シネマレンズで、11mmや150mmマクロの等倍撮影が可能なプライムレンズをラインナップするメーカーは存在しない。

例えば、一般的な大手シネマレンズは15mmや18mmが広角の最端焦点距離だが、Irixはそれらを上回る11mmをラインナップする。室内で引きがない場所で、もう一歩引きがほしいという場合に、Irixの11mmは有効になるだろう。

画角123°の撮影が可能なIrix 11mm T4.3。魚眼レンズではなく、超広角レンズだ 最前面のレンズは球状に膨らんでいる。広角レンズなので、真っ直ぐなものは直線に写る

Irix 150mmは、最短撮影距離34.5cmで等倍撮影が可能な中望遠マクロレンズ。270°の回転フォーカスリング、75°の回転絞りリングを搭載している。

シネマレンズで150mmと等倍マクロ撮影を実現したIrix 150mm

Irix 45mmは、シネマ向けのみにラインナップする標準画角のレンズ。絞り範囲はT1.5からT22で、180°の回転フォーカスリングや75°の回転絞りリングを搭載。45mmは、ARRIやツァイスなどのシネマ業界定番のメーカーにはないユニークな焦点距離ともいえるだろう。

スチル向けにはない、シネマ向けのみラインナップするIrix 45mm

Tokinaシネマレンズの50-135mm T2.9 Mark IIやVista 135mm T1.5に注目

ケンコープロフェショナルイメージングといえば、Tokinaシネマレンズブランドの展示も見逃せない。

Tokina 50-135mm T2.9 Mark IIは、スーパー35mm判のイメージセンサーをカバーするズームレンズ。T値は全域でT2.9で、PL、EF、ソニーE、マイクロフォーサーズ、ニコンFのレンズマウントに対応する。近日発売予定で、価格は税別498,000円。Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kとの組み合わせが面白そうなレンズだ。

スーパー35mmに対応するズームレンズ「Tokina 50-135mm T2.9 Mark II」

Tokina Vista 135mm T1.5も発売開始したばかりの注目製品。フルフレームを超える46.7mmという大きなイメージサークルをカバーし、Monstro 8K VVにも対応する。一般的なシネマレンズは、テレ端やワイド端になるほどT値が高くなるのに対して、Tokina VistaシリーズはT1.5にこだわっている。Tokina Vista 18mmのワイド端でT1.5の実現に続き、テレ端のTokina Vista 135mmでもT1.5でも実現したのは驚きだ。18mm、25mm、35mm、50mm、85mm、105mm、135mmの7本すべてT1.5でラインナップし、径やT値は一緒で、ブリージングはなしという驚異的なシリーズだ。

シリーズ7本目のTokina Cinema Vista 135mm T1.5

お手頃価格ながら優秀な品質のFEELWORLD F6 Plus

1920×1080の解像度をもつ5.5インチIPSスクリーンを搭載したFEELWORLD F6 Plus

ケンコープロフェショナルイメージングは、昨年より放送、産業、医療用モニターを手掛ける「FEELWORLD」ブランドの取り扱いを開始。FEELWORLDは、お手頃な価格でありながら十分な品質を持ったモニターを発売する話題のメーカーだ。CP+では、まもなく発売予定の1920×1080解像度の5.5インチIPSスクリーンを搭載した「FEELWORLD F6 Plus」を展示予定だったという。価格は税別30,800円。

FEELWORLD F6 Plusは4KのHDMI入力とループアウトを備えている

FEELWORLD F6 Plusの特長はタッチパネルを採用しており、メニュー操作がパネル上で行えること。また、安価な外部モニターは入力のみの対応に対して、4K HDMI入力&ループ出力に対応。F5などの現行モデルに搭載されていた好評機能を引き継いでいる。メインモニターからスルーで出た信号をFEELWORLDのモニターで接続し、ほか何台かにもHDMIスルーで繋げる運用が可能だ。

アルカスイスの新型レベラー「Core 60」「Core 75」発売開始

直径が60cmのLシリーズコアレベラー60(左)と75mmのLシリーズコアレベラー75(右)

アルカスイスからは、Lシリーズコアレベラー60/75が登場する。カメラを三脚またはP0ボールヘッドなどと組み合わせて水平を微調整するためのレベリングユニットで、ギアヘッドは扇状に動くことにより被写体位置をほぼ変えずに水平、垂直の微調整が可能。

通常の雲台で微妙に角度を修正しようとすると、角度は大きく動いてしまう。しかし、ギアヘッドを使えばギアを回して微調整が可能。建築写真やプロの物撮りなどのカメラマンで微妙に水平や傾きを変えたいとき便利な機器だ。

コア75はコントロールノブをX軸、Y軸を+−15°、コア60は+−10°の範囲で微調整可能。コア60は、P0をP0ハイブリッドにアップグレードできる。

ノブを使って極端に動かした例。このような状態にまで稼働できる txt・構成:編集部
Vol.00 [再現CP+2020] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-03-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.09 富士フイルムブースの目玉はCP+前日に発表したX-T4のタッチ&トライ。動画撮影機能も大幅に強化

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+前日に「X-T4」を発表。CP+でタッチ&トライを予定していた 富士フイルムブース ※写真はCP+2019の様子 ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.08 ソニー、VlogやSNSに焦点を当てたステージを企画。FE 20mm F1.8 Gも登場

取材・文:編集部 VlogやInstagramなどの若年層が関心を持つスペシャルセミナーやワークショプを予定 毎年広いブースで出展するソニーブース。一般公開前の初日... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.07 オリンパス、5000万画素手持ちハイレゾショットやライブNDを搭載した小型軽量のOM-D E-M1 Mark III登場

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 フリーレンタル&体感ツアーやBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの撮影体験を予定していた オ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.06 ハッセルブラッドジャパン、待望の最小中判カメラシステム「907X」シリーズについて聞く

取材・文:編集部 CP+2020のハッセルブラッドブースではミュージアムを予定していた 2019年はCP+未出展だったハッセルブラッドジャパン。今年は、DJIとの合同ブ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.05 Zhiyun、シネマカメラ対応の高ペイロードジンバル「CRANE 3S」を展示

取材・文:編集部 CINEMA EOSやソニーFS&FXと組み合わせもOK!6.5kgペイロード対応「CRANE 3S」 軽量・小型なジンバル「WEEBILL S」... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.03 フェイユーテックの目玉はジンバルだけじゃない。意外な新製品「Feiyu Pocket」登場

取材・文:編集部 縦グリップデザインのスタビライザー付き小型カメラ「Feiyu Pocket」登場 アクションカムから一眼レフ、スマートフォンの3軸ジンバル... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.02 ニコンは発売前の「D6」やNIKKOR Z レンズの新製品を初展示

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+2020で注力した幻の動画コーナーとは? 東京都港区にあるニコンイメージングジャパンにて、CP+2020ニコンブースについてさ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.00 開催中止CP+2020各社出展内容を徹底取材!!

※写真はCP+2019の様子txt・構成:編集部 発表されるはずだった新製品や一押し製品を各社に聞く CP+は、毎年メーカー各社が展示会に合わせて数多くの新製品を発表し... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現:CP+2020]Vol.01 ケンコープロフェショナルイメージング、8Kフルフレーム対応Irixシネマ向け交換レンズを取り扱い予定