PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現:CP+2020]Vol.05 Zhiyun、シネマカメラ対応の高ペイロードジンバル「CRANE 3S」を展示
News

[再現:CP+2020]Vol.05 Zhiyun、シネマカメラ対応の高ペイロードジンバル「CRANE 3S」を展示

#Zhiyun #CP+2020

2020-03-27 掲載

取材・文:編集部

CINEMA EOSやソニーFS&FXと組み合わせもOK!6.5kgペイロード対応「CRANE 3S」

軽量・小型なジンバル「WEEBILL S」が人気のZhiyun。2年連続でCP+に出展を予定していた。そこで、日本正規代理店のVANLINKSにお伺いして、今年のCP+で予定していたZhiyunブースの出展内容について聞いてみた。

Zhiyunは中国に本社を置くメーカーのため、CP+で新製品発表はないと予想していた。しかし、嬉しいことに予想は裏切られた。「CP+の会期をきっかけに新商品を発表する予定でした」とのこと。実は、シネマカメラ向けに開発された新製品「Crane 3S」を展示予定があたっという。

Crane 3Sは、各モーターの大きさを一新して、より重量のあるカメラに対応する6.5kgのペイロードに対応。ソニーFX9やFS7、キヤノンEOS-1D XやCINEMA EOS、REDなどのシネマカメラをサポートする。スマートフォンやアクションカム、ミラーレス向けのジンバルからスタートしたZhiyunだが、「ついにシネマカメラの領域にも踏み出してきた」という感じだ。

互換リストを見ると、パナソニック「EVA1」、ソニー「FX9」、キヤノン「EOS C200」「EOS C300」、Blackmagic Design「URSA Mini Pro 4.6K G2」、ARRI「Alexa mini」「ALEXA mini LF」、ミラーレスカメラではα7 IIIやGH5、ソニーのα6000シリーズなどに対応。ライト層からヘビー層まで対応できるジンバルとなっている。

パッケージには、REDのDSMC2、AngenieuxのズームレンズとCrane 3Sを組み合わせた写真がプリントされている。シネマカメラ対応であることを実感する。

パッケージには、REDとCrane 3S、Angenieuxの30-90mmT2の「EZ-1」を組み合わせた写真が使われている 新型モーターを搭載して6.5kgまでのペイロードに対応したCrane 3S ロール軸モーターにはCraneシリーズでお馴染みの「智云」の文字が入っている

Crane 3Sの特徴はアームだ。全長のあるシネマカメラに対応するエクステンションアームを採用。アームの長さを拡張できることによって、ショルダースタイルクラスのカメラでも接触しない構造を実現している。

モジュラー設計も特徴だ。ハンドルの分離やサイズの異なる複数のネジ穴を備えており、ドリー、ジブなどと組み合わせて使いやすくなっている。ハンドルには、グリップのみの「TransMount EasySling」と、コントロールパネル機能やOLEDスクリーンを備えた「TransMount SmartSling」の2種類が用意されている。

ハンドルは取り外しが可能。グリップはTransMount SmartSling

ロックシステムも変更されている。これまでの同社ジンバルは2段階のロックシステムだったがが、Crane 3Sでは「ロック解除」「セミロック」「ロック」の3段階のロックシステムに変更されている。バランス調節の際には、セミロックに合わせて調節し、かばんに収納する際はロックにすることで一切動かなくなる。

ネジを外して、拡張アームを追加することによってアームの長さを延長できる

Crane 3Sの米国での販売価格は、SmartSlingハンドル付きの「CRANE 3S」が739ドル、EasySlingハンドル付きの「CRANE 3S-E」が649ドル、フォロフォーカスやトランスミッター、バッテリーパックなどのアクセサリーをセットにした「CRANE 3S Pro」が1149ドル。

国内市場実勢価格はCrane 3Sが約8万円で、現行モデルのCRANE 3 LABは約10万円。CRANE 3SやCRANE 3S-EはワイヤレスフルHD画像転送テクノロジー(別売で1万6,500円)を搭載していないが、CRANE 3 LABと市場実勢価格は大きく変わらないという点も見逃せないポイントだ。

コンパクトでパワフルが特徴のミドルレンジモデル「WEEBILL S」

Zhiyunの現行モデルのラインナップの中で、もっとも売れているのが「WEEBILL S」だ。WEEBILL Sは、WEEBILL LABをリニューアルしたモデルで、アームが長く変更されている。後方に重量をかけることができ、EOS 5D系などのフルサイズ一眼レフにより対応しやすくなっている。

WEEBILL Sは発売当初、約3.5kgまでのペイロードに対応と発表していたが現在、ペイロードは非公開となっている。バランスによって対応する重量が変わるためだという。対応するカメラとレンズの組み合わせ一覧が公開されているので、そちらを参照してほしい。

左がWEEBILL LAB、右がWEEBILL S。アームの長さが変わることでWEEBILL Sのほうがより幅広いカメラとレンズに対応できるようになっている

WEEBILL Sは、通常の垂直に立てて使う「直立モード」のほかに、三脚をバッテリーコンパートメントのベースに取り付けて使う「スリングモード」と呼ばれる吊り下げ型で使用できる。吊り下げ型にすることで、ローアングル撮影がしやすいのも特徴だ。

直立モードの例。両手でしっかりと固定できる スリングモードの例。ローアングルを楽に撮影できるようになる

各軸のロックスイッチも特徴だ。Crane 2などの以前のモデルにはロックスイッチがなく、持ち運びの際にブラブラしてしまって不便であった。WEEBILL Sには各軸にロックスイッチを搭載しており、各軸を固定して持ち運びができるようになった。

各軸についている赤いスイッチがロックスイッチ

カメラへの取り付けは、クイックリリースプレートモジュールとアルカクイックリリースプレートによるツーインワンクイックリリースプレートを採用している。ロックをしたままカメラから簡単に外すことが可能で、リバランスすることなく機器間をすばやく移行できるようになっている。

左がクイックリリースプレートモジュール、右がアルカクイックリリースプレート。バランスを設定した状態で外すことが可能になっている

WEEBILL S対応のワイヤレスシステム3製品が2020年3月27日より発売を開始した。「TransMount画像転送送信器」はワイヤレスの送信機で、リモコンスマホやタブレットへのリアルタイム映像転送が可能になる。「TransMount画像転送受信器」はワイヤレスの送信機で、モバイルモニターやPCモニターと接続して送信機の映像を確認できる。

TransMount画像転送モジュールは、WEEBILL Sのクイックリリースプレートの下に取り付けることが可能

TransMount動体センサーリモコンは、TransMount画像転送受信器と組み合わせることで、カメラとジンバルをリモートコントロールするユニット。離れた場所でもRECのON/OFFやジンバルモード切り替えが可能になる。また、モーションセンサーを使用して、ジンバルを自在に動かすことも可能になる。

取材・文:編集部
Vol.04 [再現CP+2020] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-03-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.09 富士フイルムブースの目玉はCP+前日に発表したX-T4のタッチ&トライ。動画撮影機能も大幅に強化

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+前日に「X-T4」を発表。CP+でタッチ&トライを予定していた 富士フイルムブース ※写真はCP+2019の様子 ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.08 ソニー、VlogやSNSに焦点を当てたステージを企画。FE 20mm F1.8 Gも登場

取材・文:編集部 VlogやInstagramなどの若年層が関心を持つスペシャルセミナーやワークショプを予定 毎年広いブースで出展するソニーブース。一般公開前の初日... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.07 オリンパス、5000万画素手持ちハイレゾショットやライブNDを搭載した小型軽量のOM-D E-M1 Mark III登場

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 フリーレンタル&体感ツアーやBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの撮影体験を予定していた オ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.06 ハッセルブラッドジャパン、待望の最小中判カメラシステム「907X」シリーズについて聞く

取材・文:編集部 CP+2020のハッセルブラッドブースではミュージアムを予定していた 2019年はCP+未出展だったハッセルブラッドジャパン。今年は、DJIとの合同ブ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.03 フェイユーテックの目玉はジンバルだけじゃない。意外な新製品「Feiyu Pocket」登場

取材・文:編集部 縦グリップデザインのスタビライザー付き小型カメラ「Feiyu Pocket」登場 アクションカムから一眼レフ、スマートフォンの3軸ジンバル... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.02 ニコンは発売前の「D6」やNIKKOR Z レンズの新製品を初展示

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+2020で注力した幻の動画コーナーとは? 東京都港区にあるニコンイメージングジャパンにて、CP+2020ニコンブースについてさ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.01 ケンコープロフェショナルイメージング、8Kフルフレーム対応Irixシネマ向け交換レンズを取り扱い予定

txt・構成:編集部 スイスで設計を行うIrixブランドのシネマレンズ初出展予定だった!! ケンコープロフェショナルイメージングのあるケンコートキナー本社ビル ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.00 開催中止CP+2020各社出展内容を徹底取材!!

※写真はCP+2019の様子txt・構成:編集部 発表されるはずだった新製品や一押し製品を各社に聞く CP+は、毎年メーカー各社が展示会に合わせて数多くの新製品を発表し... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現:CP+2020]Vol.05 Zhiyun、シネマカメラ対応の高ペイロードジンバル「CRANE 3S」を展示