PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現:CP+2020]Vol.06 ハッセルブラッドジャパン、待望の最小中判カメラシステム「907X」シリーズについて聞く
News

[再現:CP+2020]Vol.06 ハッセルブラッドジャパン、待望の最小中判カメラシステム「907X」シリーズについて聞く

#Hasselblad #CP+2020

2020-03-27 掲載

取材・文:編集部

CP+2020のハッセルブラッドブースではミュージアムを予定していた

2019年はCP+未出展だったハッセルブラッドジャパン。今年は、DJIとの合同ブースでCP+2020に出展予定だった。2019年は「X1D II 50C」「CFV II 50C」「907X 50C」「907Xスペシャルエディション」などの発表ラッシュが続いた同社だが、CP+2020ではどのようなブースを予定していたのだろうか?東京・原宿のハッセルブラッドストア東京で話を聞いてみた。

まずは、新型コロナウイルスの影響について。ハッセルブラッドストア東京は現在の世界情勢により、2020年3月28日より当面の間、クローズすると発表された。テクニカルサポートもクローズするという。不明な点は、電話(03-6434-9567/不在時は留守番電話にメッセージを登録)またはメール(info@hasselblad.jp)で問い合わせてほしいとのことだ。

製品の展示、販売、案内を行うハッセルブラッドストア東京で話を伺った

次にブースの出展内容について。CP+2020のハッセルブラッドブースのテーマは、「ハッセルブラッドミュージアム」。「ハッセルブラッドのブランドのことをまだまだ知らない人はいっぱいいます。宇宙の記録といったハッセルブラッドの軌跡を世の中の人に知ってほしいという思いでミュージアムテイストを企画しました」とコメント。

幻のCP+2020ハッセルブラッドブース

アーカイブの展示や、907X+XCD 4/45P、X1DII+のズームレンズのXCD 3,5-4,5/35-75など、現行製品の分解展示を計画。タッチ&トライで最新製品の撮影体験よりも、ハッセルブラッドを見て楽しむコンセプトにおもきを置いたブースを予定していたという。それにしても、907XやX1D II 50Cの分解展示は貴重な機会だったはず。見られなくなってとても残念だ。

CFV II 50Cデジタルバックと中判カメラボディ907Xと組み合わせで最小の中判カメラシステムを実現

ハッセルブラッドが2019年に発表して、まだ発売されていないのが「CFV II 50C」「907X 50C」「907Xスペシャルエディション」だ。その中の小型・軽量を実現した「907X」シリーズには、限定モデルと通常モデルがある。

907Xスペシャルエディションは台数限定で、月面着陸50周年を記念したモデル。台数は未定。価格は845,000円(税別)。

限定台数で販売される907Xスペシャルエディション。ハッセルブラッドストア東京にある限定モデルは写真の掲載が不可とのことで、メーカーの写真で外観を紹介

907X 50Cは、台数を限定しないレギュラーモデル。価格は発表されていない。スペシャルエディションが845,000円(税別)であることを考えると、スペシャルエディションと同等か、よりお求めやすい価格になるのではないかと予想される。

こちらは通常モデルの907X 50C。Vシステム彷彿とさせるボディが特徴だ

限定モデルと通常モデルの違いは外装だ。スペシャルエディションは1968年12月21日から12月27日の有人での月周回飛行で使用さたHasselblad Electric Cameraを連想させるマットブラック仕上げで、ロゴも旧ロゴをあしらっている。仕様に関しては2機種とも一緒で、5000万画素中判センサー搭載で14ストップダイナミックレンジ。16bit RAW画像とフルサイズJPEG記録に対応する。

発売日は2機種とも2019年後半と発表されていたが、遅れているようだ。発売時期に関しては、ハッセルブラッドの公式SNS(Facebook@Hasselblad.Japan/Twitter @Hasselblad_JPN/Instagram hasselblad.japan)やニュースレターにて、お知らせ予定とのこと。

「もうまもなく発売」とのことだがショールームのデモ機体験では特に問題を感じることはなく、すぐに発売されても不思議ではないという印象だった。

3.0インチTFTタイプのディスプレイ。モニターの高さを水平に変えて、ウェストレベルファインダーのように撮影ができる 右下にフロントホイールとレリーズボタン。絞りなどのコントロールが可能 907Xカメラボディ部。レンズマウントとシャッターボタンを搭載した薄いユニットといった感じだ CFV II 50CデジタルバックとハッセルブラッドVシステムのボディと接続したところ。往年のVシステムでデジタル撮影が可能になる CFV II 50Cデジタルバックをセンサー側からみたところ。ハッセルブラッドVシステムとはシンクロケーブルなしでシンクロが可能

軽量の中判デジタル用AFレンズ「Hasselblad XCD 4/45P」登場

2020年1月下旬に発売を開始した小型軽量の中判デジタル用オートフォーカスレンズ「Hasselblad XCD 4/45P」も話題だ。特徴は130,000円(税別)というハッセルブラッドの中でもお求めやすい価格を実現しているところだ。65万円のX1D IIとセットで購入すれば、合計80万円以内(税別)で中判デジタルカメラを入手できることになる。

5000万画素センサーを搭載したX1D II 50CとXCD 4/45Pを組み合わせたところ。中判カメラでありながら、非常にコンパクトだ 重量320g、全長47mm。907XとXCD 4/45Pの組み合わせはさらにコンパクトだ

Hasselblad Xシリーズのシャッター音は、どの交換レンズも独特なものが多かったが、XCD 4/45Pでは静音性も重視しており、シャッター音が聞こえないぐらい静かになっている。

また、これまでのXCD 3,5/45は絞り開放3.5だったのに対して、XCD 4/45Pでは絞り開放4と大きくなっている。その分大幅に全長を小さくして、携帯しやすい形を実現。中判カメラでありながら、コンパクトでクオリティの高い撮影を実現できるのも特徴だろう。

ポストプロセスでは、X1D II 50CやCFV II 50Cに対応したiPad Proで動作する「Phocus Mobile 2」への対応が特徴だ。手軽に外に持ち出して、テザー撮影や編集が可能。友人と写真をシェアしたり、クライアントに納品といったことが容易に行える。

背面には3.6インチ236万ピクセルのタッチディスプレイを搭載。デジタル中判カメラとしては最大の液晶ディスプレイだ Phocus Mobile2のローカルライブラリにRAW画像をインポートすれば、白とび軽減、黒つぶれ軽減、鮮明度などの補正ツールで簡単に編集が可能 取材・文:編集部
Vol.05 [再現CP+2020] Vol.07

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-03-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.09 富士フイルムブースの目玉はCP+前日に発表したX-T4のタッチ&トライ。動画撮影機能も大幅に強化

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+前日に「X-T4」を発表。CP+でタッチ&トライを予定していた 富士フイルムブース ※写真はCP+2019の様子 ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.08 ソニー、VlogやSNSに焦点を当てたステージを企画。FE 20mm F1.8 Gも登場

取材・文:編集部 VlogやInstagramなどの若年層が関心を持つスペシャルセミナーやワークショプを予定 毎年広いブースで出展するソニーブース。一般公開前の初日... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.07 オリンパス、5000万画素手持ちハイレゾショットやライブNDを搭載した小型軽量のOM-D E-M1 Mark III登場

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 フリーレンタル&体感ツアーやBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの撮影体験を予定していた オ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.05 Zhiyun、シネマカメラ対応の高ペイロードジンバル「CRANE 3S」を展示

取材・文:編集部 CINEMA EOSやソニーFS&FXと組み合わせもOK!6.5kgペイロード対応「CRANE 3S」 軽量・小型なジンバル「WEEBILL S」... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.03 フェイユーテックの目玉はジンバルだけじゃない。意外な新製品「Feiyu Pocket」登場

取材・文:編集部 縦グリップデザインのスタビライザー付き小型カメラ「Feiyu Pocket」登場 アクションカムから一眼レフ、スマートフォンの3軸ジンバル... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.02 ニコンは発売前の「D6」やNIKKOR Z レンズの新製品を初展示

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+2020で注力した幻の動画コーナーとは? 東京都港区にあるニコンイメージングジャパンにて、CP+2020ニコンブースについてさ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.01 ケンコープロフェショナルイメージング、8Kフルフレーム対応Irixシネマ向け交換レンズを取り扱い予定

txt・構成:編集部 スイスで設計を行うIrixブランドのシネマレンズ初出展予定だった!! ケンコープロフェショナルイメージングのあるケンコートキナー本社ビル ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.00 開催中止CP+2020各社出展内容を徹底取材!!

※写真はCP+2019の様子txt・構成:編集部 発表されるはずだった新製品や一押し製品を各社に聞く CP+は、毎年メーカー各社が展示会に合わせて数多くの新製品を発表し... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現:CP+2020]Vol.06 ハッセルブラッドジャパン、待望の最小中判カメラシステム「907X」シリーズについて聞く