PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [再現:CP+2020]Vol.08 ソニー、VlogやSNSに焦点を当てたステージを企画。FE 20mm F1.8 Gも登場

News

[再現:CP+2020]Vol.08 ソニー、VlogやSNSに焦点を当てたステージを企画。FE 20mm F1.8 Gも登場

2020-04-09 掲載

取材・文:編集部

VlogやInstagramなどの若年層が関心を持つスペシャルセミナーやワークショプを予定

毎年広いブースで出展するソニーブース。一般公開前の初日プレスタイム時の様子
※写真はCP+2019の様子

ソニーは、今年も主要カメラメーカーの中でももっとも広いブース面積で出展を予定していた。CP+最大面積での出展はCP+2017以来、4年連続になる。今年も100小間オーバーの広大なブースを構えるならば、何か凝らした出展内容を予定していたのでは?と想像してしまう。そこで、今年のブースの見どころや新製品について、ソニーに話を聞いてみた。

まずは見どころから紹介。ブース内の構成⾃体は、昨年から⼤きく変わらないものの、望遠コーナー、αプラザ、スペシャルセミナー、象徴展⽰、撮影体験コーナー、ワークショップ。各コーナーの構成は大きく変わらないものの、スペシャルセミナーやワークショップは、去年と比べて、さらにパワーアップを図っていたという。

まずスペシャルセミナーについて聞いてみた。スペシャルセミナーは、ソニーブースで毎年話題の⼈気写真家が講師を務めて盛況だが、今年は、毎年⼤⼈気の中井精也⽒や⿂住誠⼀⽒など⼈気講師に加えて、若い世代で⼈気のInstagramなどSNSに焦点を当てたセミナーも予定されており、星空アーティストのKAGAYA⽒や、写真家の濱⽥英明⽒の登壇を予定していた。

大人気の中井精也氏によるスペシャルセミナー「心を振るわす鉄道風景」の様子。立ち見の人の多さに圧倒されてしまう
※写真はCP+2019の様子

今年のワークショップは、昨年のCP+2019時点では一部の機材展示に限られていたSNSやVlogがテーマ。驚くような発信⼒や⽀持者が多い、SNSで⼈気のフォトグラファーやインスタグラマーがズラリと並ぶ。イルコ・アレクサンダロフ氏は瞳AFの利便性、wacamera氏はフルサイズ一眼カメラで共感が得られる写真の撮り方、HINATABOKKO氏はVlogスタートワークショップ、AUXOUT氏は日常を作品にするCINEMATIC Vlogの解説を予定していたという。

これほどの豪華講師陣のステージが中止になってしまったのは残念でならないが、待望のニュースが発表された。公開するはずだったスペシャルセミナーの一部をデジタル発信情報サイト「α Universese」で今後公開していくという。日程などの詳細は明かされていないが、今からコンテンツが楽しみだ。

スペシャルセミナーの一部を「α Universese」で今後公開していくことが発表された

広角、軽量、コンパクト、絞りリング付きのFE 20mm F1.8 G登場

次にソニーブースの注目製品を紹介していこう。ソニーはCP+の会期に合わせて交換レンズ「FE 20mm F1.8 G」を発表。今年はオリンピックイヤーのCP+なので、400mmや600mmの明るい交換レンズや新カメラボディなどの派手な新製品を期待していた方も多いかもしれない。しかし、FE 20mmは、スチルだけではない。Vlogや動撮影に関わるカメラマンにも、利便性の高いレンズといえそうだ。

まず気になるのは、24mmの交換レンズ「FE 24mm F1.4 GM」との比較だが、FE 24mmは「G MASTER」と一つ上のプレミアレンズシリーズ。FE 20mmはそれと比べてとても軽量、コンパクトだ。

Gレンズ初の絞りリング搭載も特徴だ。動画では欠かせないレンズ側での明るさ調整が可能になるし、特にVlogを撮りたい人には嬉しいはずだ。また、16:9の動画撮影で自分撮りをしたい場合は、相当引きでないとバランス的な問題もでてくる。10mm台の広角レンズを自分撮りに使う方法もあるが、あまり広角になると画面の歪みが気になってくる。もしVlogを前提に考えるならば、FE 20mmはちょうどいい画角として使えそうだ。

FE 24mmの実勢価格は税込約20万円と気軽に購入できる価格ではないが、FE 20mmは実勢価格は税込約13万円で購⼊可能だ。FE 20mmは、広角な風景などの静止画から動画にも対応しやすい広角レンズとして注目を浴びそうだ。

F1.8明るさや小型軽量、最短焦点距離が短いのが特徴だ

解像度と高速連写性能のバランスがとれたα7R IV

ボディの注目製品は、2019年9月に発売したα7シリーズの4代目高性能高画素モデル「α7R IV」だ。

特徴は、6100万画素で最高約10コマ/秒高速連写を実現しているところ。高い解像度を求めるならば1億画素で有名な富士フイルムのGFX100、高速連写ならばキヤノンから今後発売予定のEOS R5が電子シャッター時で約20コマコマ/秒、メカシャッター時で約12コマコマ/秒など先行発表している。それらに加えて、α7R IVのポイントは、解像感と高速連写性能を両者両立してすでに実現しているところだ。

α7R IVは、瞳AFの性能の高さも特徴。この機能を目的にCP+の展示会場でα7R IVの撮影体験をしたかった人も多かったはずだ。α7R IVでは、人だけでなく、動物の撮影も簡単になった点もポイントだろう。

Vlogの撮影にも便利なシューティンググリップ「GP-VPT2BT」

ワイヤレスリモートコマンダー機能付シューティンググリップ「GP-VPT2BT」も話題の製品だ。グリップを持ったまま、親指1本で静止画・動画撮影やズームなどの基本的なカメラ操作ができ、自撮りの快適撮影が可能となる。

三脚機能もついており、チルトだったり、アングルを変えての撮影が可能。Bluetooth対応により、カメラとケーブルの接続が不要なのも便利だ。

握って撮影が可能。自撮りから外向き撮影など撮影方向の切り換えも簡単に可能 置いたままで撮影できる三脚機能を搭載 取材・文:編集部
Vol.07 [再現CP+2020] Vol.09

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-04-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:ソニー編

動画レポート ■映像制作ソリューション最新動向 Part01 ■映像制作ソリューション最新動向 Part02 製品レポート ... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]4K60p撮影に対応した小型リモートカメラ「SRG-XB25」「SRG-XP1」

「SRG-XP1」 動画レポート ■Part01 ■Part02 固定型(非旋回型)4K60P対応の小型リモートカメラ 「SR... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]ソニー「映像制作ソリューション最新動向 Part01」

NAB2020で展示予定だったプロダクトをご紹介するコーナー。ソニー社から「映像制作ソリューション最新動向」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]ソニー「映像制作ソリューション最新動向 Part02」

NAB2020で展示予定だったプロダクトをご紹介するコーナー。ソニー社から「映像制作ソリューション最新動向」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]ファイルベースワークフローのクラウドとAI最新動向

動画レポート ファイルベースワークフローのクラウドとAI ファイルベースワークフローのクラウドとAIについて紹介しよう。ファイルベースのワークフローに関... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]IP Liveプロダクションシステムの最新動向

動画レポート IP Liveプロダクションシステムはワールドワイドで100システム以上を受注 ソニーのIP Liveプロダクションシステムの最新動向を紹... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]カメラやポストプロダクション関連製品の機能向上アップデート

動画レポート PXW−Z750にHDR/SDR同時制作をサポートする機能追加 ソニーに、NABで公開予定だった映像制作ソリューションの最新動向につい... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.09 富士フイルムブースの目玉はCP+前日に発表したX-T4のタッチ&トライ。動画撮影機能も大幅に強化

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+前日に「X-T4」を発表。CP+でタッチ&トライを予定していた 富士フイルムブース ※写真はCP+2019の様子 ... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.07 オリンパス、5000万画素手持ちハイレゾショットやライブNDを搭載した小型軽量のOM-D E-M1 Mark III登場

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 フリーレンタル&体感ツアーやBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの撮影体験を予定していた オ... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [再現:CP+2020]Vol.08 ソニー、VlogやSNSに焦点を当てたステージを企画。FE 20mm F1.8 Gも登場