PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.07 16mmフィルムをデジタイズする
News

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.07 16mmフィルムをデジタイズする

#Film Shooting Rhapsody

2020-05-11 掲載

txt:荒木泰晴 構成:編集部

フィルムを編集する方法

(01)ラッシュポジフィルムを切り貼りする。

フィルムで撮影したのなら、ポジを編集機にかけて、切り貼りして仕上げるのが、筆者の世代には普通の方法だった。このために必要な機材の解説は、[Film Shooting Rhapsody]Vol.03 知っておきたいフィルムの知識の「編集のための機材」の項を参照願う。

スティーンベック電動編集機

(02)フィルムをデジタイズして、PC上で編集する。現在の世代には、こちらの方が普及している。オリジナルネガをダイレクトに10bit Logでスキャンするのが、IMAGICA Lab.のやり方だが、今回は、ラッシュフィルムを映写機改造型のスキャナを使って、簡便にデジタイズする方法を選んだ。

MUKカメラサービスでオリジナルスキャナ

マウントアダプターのパイオニアとして、業界では有名な企業である。とは言え「小菅宗信社長夫妻が守る小店舗」が正確だろう。

〒231-0011

神奈川県横浜市中区太田町1-20  三和ビル2階 2-A

ここに、筆者がホクシン製の16mm映写機を2台提供し、小菅社長が改造したスキャナが設置されている。

光源をLEDに換装。既存のDSLRを利用して、映写画面をダイレクトに撮影するのがコンセプト。ここまでは誰でも思いつく。

簡単にできそうだが、超クローズアップを撮影するレンズの選定、映写機のフリッカー対策、全体の揺れを抑制する免震対策など、独自のノウハウの塊で、誰にでもできる改造ではない。小菅社長も試行錯誤の連続で、実働を始めるまで6ヶ月以上かかっている。

この結果、毎秒24コマのリアルタイムスキャンが可能になり、音響もダイレクトに録音できるシステムが完成した。

ただし、

  • ネガフィルムは、唯一のオリジナルで、傷を付けることはできないので、映写機には掛けない
  • 映写機に掛けられないほど傷んでいるフィルムは適さない
  • 褪色して色彩が変わってしまったフィルムや傷は、依頼者自身がPC上で修正する

など、スキャンコスト削減のために一定の条件がある。詳細は、MUKカメラサービスのホームページで確認願いたい。

今回のスキャン

今回スキャンするラッシュは100フィートで3分弱。IMAGICA Lab.で2回映写しただけの新鮮な状態で、傷は無い。露出オーバーが1カットあるので、ノーマル露出と、3分の2絞りアンダー露出のスキャンを2回行った。DSLRで撮影した画像は上下逆像なので、PCに取り込んで、DaVinci Resolveで正像に戻し、SDカードにコピーして、1時間足らずで終了。

フィルムが長くても短くても、セッティング、スキャン、PC作業に必要な手間は変わらない。4K24Pまでスキャンできるが、16mmフィルムはHDと同等な画質なので、無理に4Kスキャンする必要はない。

収録するメディアは、カードやHDDを持参すればコピーしてくれる。短いフィルムなら、待っている間に作業が完了するが、「30分まで10,000円の最低料金」なので、まとめてスキャンするのがお薦め。

アーカイブの現状

残念ながら、16mmフィルムを映写機でスクリーンに上映して、「何が写っているか」を確認するのは困難になりつつある。デジタルスキャンによって、「何が写っているか判る」状態にしないことには、フィルム画像を整理してアーカイブにしようがない。

本格的に1コマずつ傷や色を修正しながらデジタイズするには、1作品当たり膨大な費用を必要とするので、「どのフィルムを復元するか」を判断するためにも、安価で速く大量にスキャンできるシステムが必要だった。MUKカメラサービスのスキャンの画質がどのような需要に合致するか、動画を見て判断していただきたい。

既に「テレビ放映には問題ない画質」という評価もあるそうだ。

先頃の台風で、水没の被害に遭った「川崎市市民ミュージアム」のフィルム収蔵倉庫にも、数千本のフィルムが保存されていた。この内、数本は水没以前にテストスキャンされて、高評価を得ていたが、誠に残念な結果になった。

このような切実な実情と、経年変化で悪化するフィルムの状態を考えると、大量に16mmフィルムを保有、保存する施設や法人の悩みを解決できる一つの方法として、微力ながら貢献できれば、と小菅社長は願っている。

txt:荒木泰晴 構成:編集部
Vol.06 [Film Shooting Rhapsody] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2020-05-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.06 フィルム現像引き取りと試写でチェック

txt:荒木泰晴 構成:編集部 現像されたフィルムを受け取る 最近、フィルムを試写する機会が少なくなった、というより、ほとんどない状況だ。 フィルムで撮影して... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.05 IMAGICA Lab.にカラーネガフィルムの現像を依頼する

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルム現像出しの依頼方法 現在、映画フィルム現像を業務とするプロ向けの現像所は2か所。「株式会社IMAGICA Lab.」と「株式会社... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.04 桜の撮影本番

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルム装填 第4回目は3月27日(金曜日)午前10時から、いよいよ、桜の撮影本番。天候は、明るい曇り。コントラストの柔らかい光で、穏や... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.03 三脚とカメラの操作。パンとティルトの実践

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルム装填の確認 第3回目は3月15日(日曜日)午後1時から。筆者のアラスカロケのために2週間ほど間隔が空いた。 最終確... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.02 フィルムの購入、カメラの清掃方法を身につける

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルムを注文する 2回目のフィルム装填体験の前に、本番用のフィルムを購入した。コダック社へ行って直接買う方法もあるが、ネットで注文するのが... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.01 フィルムの装填を身につけるまで

txt:荒木泰晴 構成:編集部 未経験者が16mmフィルムを100フィート回すまで 16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はカメラへ... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:メイキングストーリー編]Vol.04 16mmネガフィルムをCintel Scanner 2でデジタル化

txt:酒井洋一/編集部 構成:編集部 現像済みの16mmネガフィルムをスキャンしてデジタル化 Vol.02ではデジタルと16mmネガフィルムで撮影したANIME GI... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:メイキングストーリー編]Vol.03 東京現像所に16mmカラーネガフィルム現像の手順を聞く

txt:酒井洋一/編集部 構成:編集部 16mmカラーネガフィルムの現像出しは個人や小規模プロダクションでも可能 Vol.02では、16mmカラーネガフィルムとデジタル... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:メイキングストーリー編]Vol.02 ARRI ARRIFLEX 16SR2と16mmネガフィルムなどで制作~ANIME GIRLのMV撮影現場レポート

txt:酒井洋一 構成:編集部 ANIME GIRLのMVを16mmフィルムとデジタルで撮影 10月に公開したVol.01では、フィルム撮影の魅力やフィルムの種類、入手... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.07 16mmフィルムをデジタイズする