PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [ATEM WORLD]Vol.03 Blackmagic Designからインターネットを介してビデオを送信できるユニット「ATEM Streaming BR…
Special

Vol.03 Blackmagic Designからインターネットを介してビデオを送信できるユニット「ATEM Streaming BRIDGE」登場

2020-12-01 掲載

txt:尾上泰夫 構成:編集部

ATEM Miniシリーズを遠隔で橋渡するビデオ送信ユニット

出荷が遅れて気をもたせてくれたBlackmagic Designの「ATEM Streaming Bridge」が一気に出荷を開始した。ATEM Streaming Bridgeは、ATEM Mini Proシリーズからのビデオ配信をデコードし、SDIまたはHDMIビデオに変換する。ローカルネットワークでビデオを送信したり、インターネットを介してビデオを送信できるユニットだ。

何に使える道具なのかを考えてみたい。まず外観には操作をするボタンの類は存在しないシンプルな箱である。

かろうじて出力するビデオ信号を設定するディップスイッチが、本体のサイドにあるだけだ。

出力系には、SDIが2系統とHDMIが1系統用意されている。

信号の入力系は、LAN(RJ45)だけになる。

そしてREF(同期信号)では、SDのBB(ブラックバースト)でもHD三値シンクでも受けられるようになっていることが、Streaming Bridgeの性格を表しているようだ。

そう。きっとStreaming Bridgeは、手軽に扱えるATEM Miniシリーズを遠隔でプロの機材に橋渡しするための準備をしているのだろう。

Streaming Bridgeの接続イメージ。2020年7月30日に公開されたATEM live Production Updateより

対面のミーティングが難しく、リモートワークが求められる昨今では、見える、聞こえるを実現する動画でのビジネス継続が、企業の生き残りを左右する時代になっている。

簡単な打ち合わせには、Zoomなどのテレビ会議を使うことがポピュラーとなってきた現在、企業活動の広報や商談にも効果的に動画を用いるところも増えてきている。その上で、会議システムの機能だけでは満足出来ない人たちが多くなってきている。まず始まったのがPCに備え付けのカメラではなく、より高品質なカメラへのグレードアップだ。そして効果的にプレゼンの資料を提供できたり、手元を映すアングルを変えられる、画面の切り替えを安価に実現してくれるのがATEM Miniシリーズの登場だった。

そこにStreaming Bridgeの登場だ。私ごとになるが、今年になってイベントが自粛となり、企業が人を集めた催しを控えた結果、生中継の動画による番組の配信がとにかく増えてきている。しかも、多くの場合にその会社の社員が自ら編集した動画を使って編成をした番組になってきている。人気のある営業マンの面白い話術。黙々と物作りをする生産現場の実感。それを支える多くの社員の存在。ビジョンを語る代表のリーダーシップ。そんなストーリーを紡ぐ素材がリモートで集まって表現ができる時代になっている。

ATEM Setupアプリの基本設定

ここでStreaming Bridgeの使い方を見てみよう。

一言で言えば、ATEM Mini ProからLAN経由で送られてくるIPストリームをモニターやスイッチャー入力に利用できるようにしてくれる便利な箱である。

設定の仕方を見てみよう。全ての設定操作はパソコンの中で行う。初めて使う時は本体にUSB-C端子でケーブルをパソコンと繋いで、ATEM SETUPのアプリを起動するとStreaming Bridgeの設定を行えるようになる。2回目以降は、LAN経由で接続できる。

そこでIPアドレスを確認しておこう。デフォルトではDHCPを受け取るようになっているので、いきなりLANでATEMセットアップからアクセスすることはできるだろう。しかし、後々IPアドレスを指定しておくこともあるので、出来たら固定のIPアドレスを設定しておこう。

実はこの段階で、既にATEM Mini Proのソフトウェアコントロールで出力タブの配信先のリストにStreaming Bridgeが登場している。

ローカルのLAN環境なら高品質な配信品質で問題ないだろう。ではOn Airしてみよう。あっけなく接続するのだ。

SDIやHDMI端子にモニターを繋げてみよう。すでにATEM Mini Proのプログラムが表示されているだろう。

転送量によって遅延は変化する

ここで気になる遅延の確認をしておこう。

実験では時計表示をカメラで撮影して、そのATEM Mini Proのマルチ画面表示と、LAN経由でStreaming Bridgeから出力された表示を比べてみた。

入力2はカメラでプログラム、入力4はStreaming Bridgeからプレビュー画面で、ダイレクト接続では18フレームの遅延量。65.29Mbpsでの転送だった。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/11/ATEMMini2020-VOL03-10.jpg

※画像をクリックすると拡大します

次にパソコンの中で時計を表示して、その画面をATEM Mini Proのマルチ画面で表示。LAN経由で、Streaming Bridgeから出力された表示を比べてみた。

入力4はStreaming Bridge。これは小画面のままだ。遅延量は0.604秒。さすがにパソコン画面だと、転送量は11.34Mbpsと少ないのはVBRだからだ。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/11/ATEMMini2020-VOL03-11.png

※画像をクリックすると拡大します

予想通り1秒弱の遅延が認められる。HDMIやSDIの信号と比較してケーブルを繋ぐだけで済むという気楽な箱ではないことを覚えておいてほしい。品質を担保するためには、確かなIPネットワークの知識やスキルが求められるのだ。

しかし想像してみてほしい。HDMIケーブルで離れた校舎や講堂、会議室からの動画の分配に苦労した経験があるのではないだろうか?社内、学校内のLANがあるなら、試してみたくなるはずだ。

ちなみに箱の側面にあるディップスイッチではP(プログレッシブ)からI(インターレース)の切り替えができるので、接続先のモニター都合に合わせることができる。

さらに3G HD信号のクラスB(Blackmagic Design社の仕様)をクラスAにコンバートすることでTricasterなどスイッチャーとの接続も容易になる機能がある。これは放送室に欲しいだろう。

RTMPサーバーとしてIP伝送の受信も可能

このStreaming Bridgeがあると、小さいながらRTMPサーバーとしてIP伝送の受信が可能になる。ここから先インターネットを利用したIP伝送には、少々ネットワーク管理の理解が必要になる。

もし、ATEM Mini ProとStreaming Bridgeが遠隔地であったとしても、回線がVPN(バーチャルプライベートネットワーク)接続されていればローカルのLAN環境と同じで接続できる。

次に固定のグローバルアドレスをStreaming Bridgeに割り当てできる環境ならすごく簡単だ。その固定アドレスを含んだストリームキー(暗証番号)を、ATEMセットアップのアプリからインターネット接続用にXMLファイルを書き出すことができる。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/11/ATEMMini2020-VOL03-13-2.png

※画像をクリックすると拡大します

このXMLファイルをメールなどに添付して、世界中のどこかでインターネット越しにATEM Mini Proで発表する人へ送信する。受け取ったら、ATEMソフトウェアコントロールの中で配信先の読み込みでファイルを取り込む。すると、出力の配信先に選択肢が登場する。後は、OnAirするだけだ。

多くの方は、グローバルアドレスが自由にならない環境だと思う。その場合は、インターネットに接続するルーターやファイアーウォールの設定を少し変更する必要がある。

具体的には、通信に1935番ポートを使用するので、通過できるように設定。ポートフォワード設定でプライベートネットワークにあるStreaming BridgeのIPアドレスをルーターに登録する。その上で、先のATEMソフトウェアコントロールからXMLファイルを書き出す時に、外部から見えるルーターのグローバルアドレスが固定されないことが多いはずなので、ダイナミックDNSでの記述でもアリだと思う。

ちなみに、XMLファイルは、テキストエディタで開くことができる。中身が理解できる人は、適切に書き換えてvimeoやperiscopeなどのプリセットにないサービスへの接続条件を記述して各種保存しておくと、簡単に読み込めて便利だ。

通常はネットワーク管理者に相談することになると思う。今回の解説は少し敷居が高かったかもしれない。

おのりん(こと 尾上泰夫)|プロフィール
映像に関わり47年。テレビの報道取材がフィルムからビデオに替わった初期のテレビで、報道、スポーツニュースをカメラマンとして過ごす。その後、制作に興味を持ち旅番組の演出を担当。さらにモータースポーツの中継番組からメーカーのプロモーション映像、大型展示映像などを手がける。インターネットでのIP動画配信でカジュアルな映像機器がもたらす動画の可能性を感じて、より小型でシンプルなシステムを啓蒙してコンテンツホルダー向けのコンサルティングや、発信する組織、個人に向けた動画の学校を主宰している。
おのりんとVideoLife

txt:尾上泰夫 構成:編集部


Vol.02 [ATEM WORLD] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2020-12-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[ATEM WORLD]Vol.02 ATEM Mini、ATEM Mini PRO、ATEM Mini PRO ISOの選び方

txt:尾上泰夫 構成:編集部 ATEM Miniシリーズの違い ATEM Mini(左上)、ATEM Mini PRO ISO(左下)、ATEM Mini... 続きを読む

[ATEM WORLD]Vol.01 ATEM Mini Pro ISOを検証。各種ノンリニアの対応もチェック

txt:尾上泰夫 構成:編集部 ATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしを紹介 放送品質を担保しながらも価格を4万円以下の価格で話題になった「ATEM Mini」... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [ATEM WORLD]Vol.03 Blackmagic Designからインターネットを介してビデオを送信できるユニット「ATEM Streaming BR…