PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む
Special

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

2021-01-14 掲載

Verizon_CES_keynote

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部

オール・デジタルで始まったCES2021

その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッターは、大手通信会社Verizonのハンス・ベストバーグCEO。2019年のKeynoteでも5Gを語り、米国での普及に本腰を入れるVerizonの取り組みと将来像、各社のプレス発表で見えたのは、5Gを通じて「役立つ」技術が「楽しむ」技術をも具体化していく姿だ。今回はそんな5Gが映像業界を後押しすることを見ていこう。

5Gの歩みと、コロナ禍で輪郭がくっきりした活用先

2018年から言及され、各社の様々なサービスプロトタイプ発表の前提となる技術として扱われてきた5G。米国では、2021年は本格普及の年となる。先だって行われたCTAの「Trends to Watch」でも、米国と中国は5G普及の先頭を走る。

Verizon_CES_keynote_01

パイオニアでもあるVerizonは、2019年のKeynoteで"5Gのための「8つの通貨」"と表現し、

  1. スループット(処理速度)
  2. サービス導入
  3. モバイル対応
  4. 接続デバイス
  5. エネルギー効率
  6. データ量
  7. レイテンシー(遅延時間の短さ)
  8. 信頼性

の8項目を軸に取り組んできた。

2021年、ベストバーグCEOは改めて、Verizonが5Gで提供するメリットは、

  • 4Gの10倍の速度
  • 超低遅延
  • 1平方キロメートルあたり100万台密度の同時デバイス接続
  • 時速500kmの移動耐久性

であり、それがどのような活用をされていくべきか触れている。

最も影響を及ぼしたのは、新型コロナウイルス流行により、2020年に様々な場面で起きた「デジタルシフト」の加速だ。ニーズが顕在化し受容性が上がった領域として「遠隔医療」と「モビリティ」、「教育」領域を挙げ、5Gを活用した貢献についても言及し、取り組み事例を紹介した。

「遠隔医療」に貢献する「モビリティ」の例として、スカイワード社によるドローンをUPSと提携し、処方医薬品の配送を提供する取り組みも紹介した。

Verizon_CES_keynote_02

非接触のライフスタイルに重要な役割を果たすドローンやロボットにおいて、Verizonの5Gの遅延時間の少なさと処理速度の速さを役立てる方向を示している。

「教育」領域での5G活用は、学校によるデジタルデバイドをなくす取り組みと並行し、スミソニアン博物館にあるアポロ11号の3Dモデルの再現や、美術館・博物館の収蔵品の3Dコンテンツ化など「体験して学ぶ楽しさ」の機会提供にも意欲的だ。

Verizon_CES_keynote_4
Verizon_CES_keynote_5

同時に、エンターテインメントやクリエイティブ領域も、昨年直面した「人が集えない状況でどう魅力的に作り広く魅せ、参加を促していくか」という視点も加わった発表となった。

複数のカメラアングルによる豪華な映像やリアルタイム分析を反映し、NFLの試合をスーパーボウルを含め「自宅で楽しむ」NFLアプリのコンテンツとして完成度を上げている。

Verizon_CES_keynote_6

従来よりCESで描かれてきた「少し先を想像した楽しい未来」だけではなく、2020年を通じて生まれた「現実の課題対応で役立つこと」へのフォーカスが、奇しくも「楽しむこと」の総仕上げにも貢献し、「役立つ(実用)」と「楽しむ(娯楽)」の垣根を低くする流れとなった点は、CES2021の特徴かもしれない。

各社の「新たなエンターテインメント体験」にリアリティ

各社がリリースした「新たなエンターテインメント体験」も、最新の技術を使ったリッチな映像×体験を追究しているが、5Gの前提が見えたことで、よりリアリティのある内容となった。

Panasonicはテクノロジーパートナーとして、2021年アトランタにオープン予定のバーチャルサファリ「Illuminarium Experience」に4Kとプロ仕様のカメラ、プロジェクターを提供し、映像への360°没入体験創出を発表。

Verizon_CES_keynote_7

特筆すべきは、5Gの強力な後押しを、「最高のエンターテインメントを生み出す環境」に昇華したSonyの取り組み。CES2021ではリアリティ(Reality)、リアルタイム(Real-time)、リモート(Remote)を追求した「3Rテクノロジー」を軸に、クリエイティブなソリューションやエンターテインメント体験への解を、かなり具体的な形で発表させている。

Verizon_CES_keynote_8

昨年登場した、映画やテレビ制作用のセットやロケーションを3Dの点群データで立体的に取り込み、バーチャルな背景映像にするSony Innovation Studiosの「Atom View」とCrystal LEDディスプレイの組合せ(参考記事:[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!)。今年は、実際のセットや屋外との見分けがつかない精巧な映像背景のソリューションとして、利用シーン含め、より全貌が明らかになっている。

コロナ禍で多くの撮影現場が変化を余儀なくされ、バーチャルな映像制作が本格化する昨今の流れの中で、欠かすことのできないソリューションの一つになると考えられる。

最も衝撃を与えたのは、Verizonとのタッグで生まれた最新のリアルタイム3D制作技術とライブエンターテインメント体験を融合する「イマーシブリアリティ・コンサート」だろう。

Epic Records所属のアーティスト マディソン・ビアー自らがアバターとなったバーチャルライブを上映した。

紹介は、完全にスタジオでのアバター撮影と合成を行っている光景から始まる。

アーティストに複数プラットフォームでパフォーマンスを観客に届けることができるチャンスが生まれ、観客は本格的なライブエンターテインメントに場所を選ばず没入できる、かなり秀逸なソリューションだ。

ステージ上の花火や照明、衣装以外にも、なんとパフォーマンス中の汗まで再現されている

昨年のデジタルシフトへのニーズ顕在化から、CES2021ではテクノロジーに「役立つこと」へのアンサーが求められた。他方、私たちは「楽しむこと」そのものは忘れられない。

5Gが普及し介在することにより、同じニーズと技術から「役立つこと」も「楽しむこと」も同時に生まれる姿を、今回のCES2021ではより具体的に知ることができたと感じている。

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部


◀︎Vol.02 [CES2021] Vol.04▶︎

[ Category : , ]
[ DATE : 2021-01-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?

txt・構成:編集部 山木社長がオンラインプレゼンテーションでContemporary版とArt版の違いを解説 シグマは2月24日、ミラーレス専用フルサイズ標準ズー... 続きを読む

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む