PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I…
Special

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

2021-02-18 掲載

CP2021ズームレンズメイン

txt・構成:編集部

小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場

パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」を2021年4月22日に発売する。価格は税込16万0,600円。

LUMIXの交換レンズは、「S PROレンズ」と「Sレンズ」の2ラインを展開。S PROレンズは優れた描画性能が特徴で、多少重くて大きくなっても妥協しない描画性能を特徴としている。一方、Sレンズは機動性と描画性能の両立をテーマとしている。今回のLUMIX S 70-300mmはSレンズのラインナップとして発売される。

CP2021ズームレンズ説明写真
LUMIX Sシリーズのレンズロードマップ。一番下のラインナップに注目

LUMIX S 70-300mmは、コンパクトに収めながらも望遠側は300mmまでの対応。かつ、300mmの焦点距離では、最短撮影距離74cmのマクロ撮影に対応する。焦点距離は長くても、コンパクトで軽量、マクロ撮影対応が特徴だ。2020年7月に発売したLUMIX S 20-60mmでも、最短撮影距離15cmのマクロ撮影を特徴としていて、パナソニックはマクロ撮影に力を入れているようだ。

絞り羽根は11枚で、LUMIX S 20-60mmの9枚羽根よりも多くなっている。絞った際に、羽根形状によりユニークな光芒の効果を得られるのも特徴だ。

CP2021ズームレンズ説明写真
上がLUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.、下がLUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.。テレ端300mmを実現しているにも関わらず、コンパクトなサイズを実現している
CP2021ズームレンズ説明写真
最短撮影距離は、ワイド側で54cm、テレ端で74cm。テレ端でのマクロ撮影は写真ぐらいの距離で可能だ

フォーカスブリージングやズームトラッキングに悩まされることはない動画撮影対応を実現

動画撮影対応にも力を入れていて、フォーカスブリージングの抑制も特徴としている。ピント位置を動かしても被写体の大きさは変化を最小限に抑えているという。

これまでのレンズはズーム操作をするとピント位置がわずかに前後してしまうズームトラッキング性能の問題があるものが存在していたが、LUMIX S 70-300mmはそれらの問題を改善。フォーカスを一定の位置に保ちながら、ズームで演出をしていくことも今までよりもやりやすくなっているという。

LUMIX S 70-300mmは、手ブレ補正ブーストにも対応。通常の手ブレ補正と比較してもブースとをかけた際はレンズ側の制御も含めて止めることが可能。手持ちでフィックスの画を撮る際に、効果が期待できるとのことだ。

txt・構成:編集部


◀︎Vol.00 [CP+2021] Vol.02▶︎

[ Category : , ]
[ DATE : 2021-02-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I…