憧れのARRIを様々な角度で紹介

映画制作の世界を語るには、ARRIを外すことはできない。2017年に創立100周年を迎えたドイツミュンヘンに本社を構える老舗のメーカーで、業界関係者であれば、誰もが知るブランドである。

老舗でありながらも新しい動きを見せ、映像人であれば憧れるメーカーARRIのことは、日本においてあまり多くは語られていない(PRONEWSでは、2017年にARRI 100周年を記念して本社訪問レポートを紹介している)。今回、3月29日から3日間、京都太秦の東映京都撮影所で限定開催される「ARRI祭」を通して、ARRIについて改めて紹介したい。

ARRI祭り前日準備の様子。スタジオ実際に使用してワークショップやセミナーが開催される

特集INDEX


[ARRI my love] Vol.01▶︎