PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. Vol.07 ARRI祭でSignature Zoomが国内初展示[ARRI my love]
Special

Vol.07 ARRI祭でSignature Zoomが国内初展示

2021-04-21 掲載

ARRI特集VOL06Signature Zoomメイン写真

txt・構成:編集部

Signature Zoomの65-300mmや45-135mmがARRI祭会場に登場

ARRIは2020年9月、Signatureシリーズの新しいズームレンズ「Signature Zoom」を発表。Signature Zoomは、Signature Primeレンズとのトーン統一の実現や、ラージフォーマットまたはスーパー35mmなど、あらゆるフォーマットのカメラで汎用的に使用できるマルチフォーマットレンズだ。Signature Zoomの4機種のうち、2機種がARRI祭で展示されたので紹介しよう。

■Signature Zoom 45-135mm T2.8
ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真

ARRI祭で実際に展示された1機種は、焦点距離45-135mmをカバーする45-135mm T2.8。本体はコンパクトで、長さは30cm、重量は3.7kgと軽量なのが特徴。フロント径は他のSignatureレンズと同じ114mmで、LDS-2メタデータに対応。最短撮影距離も特徴で、レンズ前面から約66cmでピントを合わせることができる。

■Signature Zoom 65-300mm T2.8
ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真

ARRI祭で展示されたもう1機種は、65-300mm T2.8。テレ側300mmのズームレンズでありながらも他の同じT2.8を実現。しかも、300mmと大口径でありながらもランピングがないのを特徴としている。重量は8.1kgで取っ手が付いているほど大柄だが、フロント径は156mmと前面はコンパクトだ。

65-300mmはボケ味も特徴で、ARRIはSignature Primeレンズシリーズの200mmや280mmのボケ味と比較しても比較しても遜色はないという。

ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真
テレ側300mmまでのズーム域を実現しながら、通しでT2.8の実現が特徴だ
ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真
左からSignatureの65-300mm、280mm、150mm、21mm、Ultra Primeの32mm。65-300mmがいかに大柄な筐体なのかがよくわかる
ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真
ARRI祭では、Signature Prime 150mmとSignature Zoom 65-300mmを並べて比較するワークショップが行われた
Signature Zoomには、Signature Primeと同じ「Made in Japan」の刻印が入っている。設計はARRIで、日本で製造されている。製造業者については明かされていない
■Signature Zoom Extender 1.7x
ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真

倍率が1.7のSignature Zoom Extender 1.7xが登場する。Signature Zoom 65-300mmとプライムレンズ最長焦点距離のSignature Prime 280mmの2機種に対応。65-300mmにExtender 1.7xを組み合わせると、焦点距離は110-510mm、T値は2.8から4.9に拡張される。Signature Prime 280mmにExtender 1.7xを組み合わせると、焦点距離は480mm、T値は4.9に拡張される。

なお、Extender 1.7xを使っても最短撮影距離は変化しない。ARRIは65-300mmのテレズームとエクステンダーを使って焦点距離を510mmに拡張しても、レンズ前面から1.3mの最短撮影距離が得られることをアピールしている。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/04/2021ARRI_vol06_21.jpg
※画像をクリックすると拡大します
■Signature Zoom 24-75mm T2.8
ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真

会場に実機はなかったが、ARRI Japanのカルロス・チュー氏登壇のセッションでは24-75mm T2.8の紹介も行われた。24-75mmは、1本で多様なシチュエーションに対応する万能レンズとしている。T値は2.8で、フロント径は114mm。レンズの重量は約4kgで、最短撮影距離もフロントレンズから約41cmと短いのも特徴だ。

近寄って撮影したい時にもレンズを交換しなくても良いように、最短撮影距離の性能については特にこだわって設計したという。

■Signature Zoom 16-32mm T2.8
ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真

広角ズームの16-32mm T2.8も登場する。多くのエレメントで構成され、高い性能を特徴とするという。

Signatureシリーズだけで12mmから510mmの焦点距離をカバー

Signatureシリーズは、16本の単焦点レンズ、4本のズームレンズ、1つのエクステンダーで構成され、焦点距離は12mmから510mmをカバーする。同一シリーズのみでこれだけの広い焦点距離をカバーできるのはSignatureシリーズだけであろう。

Signature Zoomの45-135mmと65-300mm、Extenderについては発売中とのことだ。

ARRI特集VOL06Signature Zoom説明写真
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/04/2021ARRI_vol06_13.jpg
※画像をクリックすると拡大します

txt・構成:編集部


◀︎Vol.06 [ARRI my love] Vol.08▶︎

[ Category : ]
[ DATE : 2021-04-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. Vol.07 ARRI祭でSignature Zoomが国内初展示[ARRI my love]