伊藤隆倫:コンポジター
株式会社TREE Digital Studio / デジタル・ガーデン事業部

名古屋造形大学を卒業後、2014年にデジタル・ガーデン(現TREE Digital Studio)に入社。2018年にコンポジターデビュー。

――現在メインとなる業種を教えてください
CMとWeb

――映像業界を目指した理由や経緯を教えてください
学生の頃から広告に関わりたいと漠然と思っていて、調べていくうちにCMのエディターという仕事が面白そうだと思い映像業界を目指しました。元々After EffectsやCGソフトなどを触ってはいましたが、映像で頑張っていこうと思ったのは就活の時です。

――映像制作に関する知識はどうやって身に着けましたか?
先輩の作業やデータをひたすら見て真似して学びました。

――映像業界で働くことの面白さや魅力、逆に苦労することを教えてください
面白さ・魅力:いい映像ができると素直に嬉しいです。またTVやWebなどで多くの人に見てもらえるという点もやりがいを感じます。
苦労する点:作業によっても変わりますが、時間との戦いになることが多いです。

――ご自身の業務に欠かせない、またはよく使う機材や愛用品などを教えてください
Wacom Intuos Cintiqクラシックペン。ペンタブのペンです。標準のペンより軽くて持ちやすいから好きです。

過去の担当作品例:

  • KDDI/UQストレート「スマホ&顔のヨリ」篇
  • コカ・コーラ ゼロシュガー「いいじゃん!休憩!」篇
  • 本田技研工業株式会社 FIT e:HEV「世界に、あたらしい気分を。」篇