PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CEATEC2010]CONTENTS EXPERIENCE ZONEで最先端に触れる!

News

[CEATEC2010]CONTENTS EXPERIENCE ZONEで最先端に触れる!

2010-10-05 掲載

CEATECは、かつてのエレショーにデーターショーなどが合体して現在に至る大きなイベントの一つで、部品やディバイスから完成品までを網羅しており、コンシューマー製品の新製品や将来を展望できる技術などを一望できるイベントだ。こうしたなか特別展示・企画として時流やニーズを捉えた出展コーナーや催しが開催されており、こうしたちょっと異彩を放つ部分にスポットを当てて紹介していこう。

CONTENTS EXPERIENCE ZONE

超臨場感コミュニケーション産学官フォーラムURCFによる出展コーナーで、多視点映像撮影・表示システムや超高精細4Kソリューション、非圧縮ポータブル3Dレコーダーシステムなどが出展された。また、10月6日のカンファレンスでは、超高精細表示装置を用いた電子ホログラフィー、超臨場感立体音響技術の概要、4K3D技術とコンテンツの講演も行われた。

アストロデザイン

CEATEC_ASTRO01.jpg

4kカメラAH-4410や4kSSDカメラ、2k4kモニター等による撮影、収録、ディスプレーシステムを出展。高臨場感3Dシステムおよび超高精細4kシステムによる収録から編集・表示までのシステムを提案。 

計測技術研究所

CEATEC_keisoku01.jpg 

非圧縮ポータブル3DレコーダーシステムUDR-D100に3D機能を追加したモデルを出展。ハーフミラーを使用した3D-Rigによる収録時、片方の映像を反転記録したり、モニター出力による3D確認機能などを搭載。入力信号は上下左右反転設定が可能で、3D Monitoring 機能としてNormal mode/Side by side mode/Anaglyph mode/Wipe modeno4つのモードを搭載。

FAシステムエンジニアリング

CEATEC_FA01.jpg

3Dハイビジョン医療コンテンツ制作システムや各種3D機器を出展。LR2つの HD-SDI 立体映像信号を Full HDのXpolディスプレーに表示するコンバーター3D LR ComposerやLR2つのHD-SDI信号を水平方向に圧縮し、1つのHD-SDI信号に合成するエンコーダー3D Side By Sideエンコーダー・デコーダーなどを出展。

アスナ

CEATEC_ASUNA01.jpg

STEREO STAGE~超高臨場感コミュニケーションのための次世代立体映像製作の試み。STEREO STAGE は、奥行だけでなく高さの表現も行うことで、あたかもそこにものが存在するかのような高度な臨場感の演出が可能。思わず手を伸ばしたくなるような存在感を有した立体映像を実現。デジタルサイネージやアミューズメントなどへの応用が期待される。

URCF多視点映像作業班

CEATEC_URCF02.jpg

多視点映像撮影・表示システム。中京テレビ、東京工業大学、慶応義塾大学、名古屋大学、福井大学が共同で研究しているもので、バレーやサッカーなどのスポーツを数十台のカメラで撮影し、自由な視点から鑑賞できるようにしたもの。

沖電気工業

  CEATEC_OKI02.jpg

超臨場感テレワークシステム。オフィスなどの全景俯瞰映像から任意の部分にアクセスできるシステムで、効果音や話しかけなどのアクションで注意を喚起し、このシステムでつながれた離れた空間があたかも一つのつながれた空間のようになるというもの。幕張メッセの会場と埼玉のオフィスを実際に接続してデモを行っていた。


[ Category : , ]
[ DATE : 2010-10-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CEATEC2015]Vol.02 製品を生成するパーツから考察する次世代の製品とは

txt:稲田出 構成:編集部 CEATECはディバイスなど電子パーツの展示会をルーツにしているため、製品以前の出展も多い。現在ではこうした製品を構成するパーツから次世代の製品... 続きを読む

[CEATEC2015]Vol.01 各社の得意分野にフォーカスした展示を展開

txt:稲田出 / Ai YAMAMOTO 構成:編集部 10月7日から10日の4日間、千葉・幕張メッセにおいて日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATE... 続きを読む

[CEATEC2014]Vol.02 未来を感じる新領域の最新技術

新領域の最新技術が幾つも見られる会場 NHKは、毎年CEATECでJEITAと共催で最新の映像技術や今後の動向などを紹介したブースを出展している。今年も4K関連や8K関連、ハイブ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.01 会場に溢れる4K製品は、もうすぐそこに!

10月1日より千葉県の幕張メッセで、ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013」が始まった。CEATECの魅力は、ソニーやパナソニックなどが「IFA 201... 続きを読む

[CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群…

CEATEC2010は、「3D」と「スマートフォン」一色 開催日2日目の10月6日は、一般公開日の初日になる。幕張メッセのホール1から6それに加えCEATEC Suiteと銘打ち全... 続きを読む

[CEATEC2010]KDDI ここでも人気のスマートフォン「IS03」に注目!

KDDIブースの一番人気はCEATEC前日に発表されたスマートフォン「IS03」だ。ブースの一番手前に展示コーナーが配置されているなど、かなり力を入れてアピールが行われていた。 お... 続きを読む

[CEATEC2010]SD Association 記録の要、10周年を迎えたSDメモリーの世界

発足当初のSDアソシエーションは、パナソニック、サンディスク、東芝の3社だったが、デジカメやビデオカメラ、音楽プレーヤーなど様々な機器に採用されており、現在約1300社の会員企業が... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [CEATEC2010]CONTENTS EXPERIENCE ZONEで最先端に触れる!