PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.01 今年のテーマを探る「CES Unveiled」を覗いてみる
News

[CES2011]Vol.01 今年のテーマを探る「CES Unveiled」を覗いてみる

#CES2011

2011-01-05 掲載

CES2011をスニークレビューするCES Unveiled開催

01ces20110x.jpg
会場の外には多くのプレス陣が並ぶ。

電化製品全方向位の展示会のため取材陣だけでも大挙して押しかけてくるのが、International CES(Consumer Electronics Show)。CES展示会のイブイブイベントしておなじみなのが、1月4日(現地時間)に開催されたCES Unveiledだ。CES で発表されるいくつかのUnveiled(ベールをはがしていく)されるスニークレビューの日となる。当然参加できるのはプレス限定だが、一般の人もいるのかと思うほど、参加するプレスの数が多い!16時スタートでほぼ一時間かけて入場。まさしく濃縮還元のCESイベントである。しかし本番はさらに過酷だ。ここには収まらないプロダクトやサービスのお披露目が6日よりラスベガスの展示会場を占有してはじまる(NABの約2倍)。

00ces20110xxx.jpg
注目のガジェットには黒山の人だかり…。ほとんどの製品にこの状況が続く…

当然、非常に大量の情報が飛び交う。その煩雑な情報はiPhoneなどのスマートフォンアプリ、Ustream、Frickr、YouTube、Twitter、Facebook等など主催者側によって仕分けされ効率化されている。これは、主催者側、取材側、そして出店側にも言える事だが、様々なものがクラウドを通じて効率化されている。その模様は逐次レポートしていくが、今回はCES直前、Unveiledで見かけた、編集部の独断で幾つかの気になるモノを紹介していこう。

簡易カメラも高音質で収録を!Flipカメラ専用マイク(blue mic)

002011CESbluemic.jpg

cisco社が扱うFlipVideoは、日本ではあまり馴染みがないが、アメリカでは定番の簡易ビデオカメラ。これらのカメラに共通して言える事が外部音声入力がなかったり、音質がそれほど良くなかったりする事だ。それを解消するのが、BlueMicのMIKEY for FlipVideo。イコライザー内蔵でモード切り替え可能。さらに外部音声入力も実装。三脚用穴も用意されているのはうれしいところ。まだ発売はされていないが、すでにiPod版は存在するので価格は似たようなものになるとの事。

一石二鳥な充電器 BatteryBooth (Technocel)

00CES2011TEC.jpg

一見USBメモリーに見えるこのガジェットは、USB充電で携帯電話の補助バッテリーになるというもの。駆動時間は1時間ほどだが、さらにUSB部分には、microSDも挿入可能で携帯のカードリーダーとしても使用する事ができる。PCがない場合など活躍しそうなガジェットだ。

エコな充電器 Visible Green (dexim)

00CES2011powersave.jpg

Visible Greenは、iPhoneやiPodの充電器。そのケーブル上が光りあたかもコンセントから電機が流れているように見える電飾付き充電器。通常の充電器よりも消費電力が低めとグリーン(エコ)な商品だと説明をされた。すでにアメリカでは発売されているが、仕様の関係で日本での発売は難しいとのこと。

赤ちゃんを見守るカメラ Smart Baby Monitor (Withings)

00ces2011kodomo.jpg

幼い子供を監視するためのカメラ。WiFiで映像と音声をライブ配信するガジェット。それだけではなく、アプリケーションによって遠隔地から部屋の温度や流す音楽などを管理することが可能。Withings社は、その他にもWiFi技術を活かしたガジェットを幾つかリリースしている。一つは体重計。測定した体重をiPhoneなどで閲覧しつつアプリケーションで管理する事ができる。価格は$159。もう一つは、iPhoneなどのiOSで使用できる血圧計。この製品は間もなく発売。

これがあれば迷わず!Spot Connect

00ces2011spot.jpg

日本では馴染みがないSpotサービス。元々衛星を利用した位置情報サービスを提供していた同社が今回、iPhoneなどスマートフォンでも仕える端末をリリース。山間部などの電波の届かないエリアで、電波のつながらない状況で、スマートフォンで介して、位置情報ログをとったり、GPS位置情報含む緊急救難信号を送信できるサービスで、リリースは2月だと言う。値段は169.99ドル。専用の通信プランは年99.99ドルから。


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-01-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2011]Vol.06 CES2011のテーマは「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」

txt:西田 宗千佳 構成:編集部 今年のCES、を振り返る。特にAVに関わる業界のテーマはなにか? International CES 2011が終了した。世界最大の家電ショーは... 続きを読む

[CES2011]Vol.05 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編2~

気になるモノは、会場に落ちている。 展示会3日目である。会場内では「何か面白いものあった?」「それどこで見つけたの?」と挨拶代わりに互いに言葉を交わす。そんな風景を多々目にする。... 続きを読む

[CES2011]Vol.04 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編1~

txt:江口靖二 構成:編集部 気になるガジェットたちを追い求めて! 展示会2日目である。昨年が「3D」と「電子書籍」一色だったのに対して今年は、事前情報通り「タブレット端末」がそ... 続きを読む

[CES2011]Vol.03 展示会から見たあれこれ~初日発表されたキヤノンのカメラとは?~

本年も始まった展示会 世界最大の国際家電見本市、International CES 2011 が米国ラスベガスで絶賛開催中だ。そして本日いよいよ巨大な展示会場がオープンし展示会初... 続きを読む

[CES2011]Vol.02 ソニーがTVを再定義~その鍵は3Dのある日常?~

txt:Tom INOKAWA今年もライブ配信されたソニーのプレスカンファレンス 今年のソニーは、どこまでも一貫して3Dである。全ての領域に怒濤のように3Dのプロダク... 続きを読む

[CES2011]Vol.00 CES2011開会直前に思う事あれこれ

会期2日前からプレスルームは、多くのプレス陣が...。    Txt:Tom INOKAWA お正月気分をぶっとばせ! 昨年の会場の様子 お正月気分が覚めやらぬままにやってくるの... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.01 今年のテーマを探る「CES Unveiled」を覗いてみる