PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.03 展示会から見たあれこれ~初日発表されたキヤノンのカメラとは?~
News

[CES2011]Vol.03 展示会から見たあれこれ~初日発表されたキヤノンのカメラとは?~

#CES2011

2011-01-08 掲載

本年も始まった展示会

02CES201102.jpg

世界最大の国際家電見本市、International CES 2011 が米国ラスベガスで絶賛開催中だ。そして本日いよいよ巨大な展示会場がオープンし展示会初日を迎える。展示会は本日6日から日曜9日までの4日間開催される。約13万人が集まるこの展示会ではどこに行っても黒山の人だかり。メインのラスベガスコンベンションセンターとサンズ会場の2カ所で開催される。本日会場を歩いた限りでは、全体的に見ると、iPadが牽引するタブレットPCや電子書籍そしてスマートフォン関連が目に入ってくる。昨年の3Dブームは落ち着いた感があり、いよいよ実装される段階なのかと感じさせられる(定番化するかどうかは不明)。また昨年LGやSamsungなど韓国勢にあわせて中国の家電メーカーも目立った。それら展示の中からまずは、本日発表されたキヤノンのカメラを紹介しよう。

XF105よりもコンパクトな業務用HDカメラ XA10 登場

02CES201103.jpg

年末の大判イメージセンサーを搭載しカメラが各社からアナウンスされ、活況を帯びている。そんな中キヤノンがまた新しいカメラをリリースしてきた。つい先日MPEG2 4:2:2で収録可能なXF105をリリースしたばかりだが、そのXA10の存在とはどのようなものだろう?

02CES201104.jpg

ボディーは非常に小さく、民生用ラインナップであるHF-G10をベースになっている。ビューワーは、3.5インチの高解像度でタッチパネル液晶画面を採用。電子ビューファインダーも実装されている。

02CES20110XL.jpg 02CES2011CINEMA.jpg
XLR部分は着脱可能。取るとかなりボディーが小さくなる 撮影モードに、オート、マニュアルに加えてシネマが存在する

デュアルXLR入力端子部分のハンドルを着脱すれば、HF-G10と同じ顔になる。マニュアル操作に加えて、シネマモードでプリセットで画のルックも変える事ができる。その他にもXF105で実装された赤外線モードなどが搭載。1080p AVCHD形式での記録が可能で、ドルビーデジタルステレオサウンドでの収録化可。64GBの内蔵フラッシュドライブに加えて2つのSDXCカードスロット実装する。これもキヤノンの業務機では、初の試みとなる。発売は3月、価格は約$2000。民生ベースのものが業務用にブラッシュアップされたこれまでにはない進化を遂げたカメラとなる。自動車では、オートマ限定をマニュアルにすると行ったところだろうか。

一昨年SONYが、HXR-NX5Jをリリース後、CES2010で HDR-AX2000をリリースした時の逆転現象が起きているのが印象的だ。それも民生機からプロ業務用へ昇格する事の意味は大きい。編集部では近いうちにレビューを試みるつもりだ。

GO !proよりいいかも?CONTOUR GPS

IMG_0110.jpg

エクストリームスポーツでの撮影で頭を悩ますのがカメラそのものだろう。一回の撮影に破損の危険に毎回直面するのは割にあわない。そこで昨年登場し業界を席巻したのが、GoProだ。今回紹介するCONTOUR GPSは、さらにスリムでGPS機能も付いているカメラだ。GPSでログがとれる事もメリットだが、やはりスリムなボディーとその堅牢な作りはおすすめ。値段は$279。写真はハウンジング機能付きで$359。HD画質で最高4時間。QucikTimeでコーデックがH.264 。充電はPCからUSBで給電する。本体には2GBの内蔵メモリそしてMicroSD(SDHC)で保存する。

ライブ配信する男たち

会期中、会場からCESねり歩きを不定期に行う予定!

先日のパナソニックやソニーの様に企業がUstreamなどのサービスで自ら配信する事が多くなった。特に展示会ではライブ配信との相性は良く、編集部でも過去のInterBEEで経験済だ。今回会場を見渡すとライブ配信を行っている人々に多数遭遇した。

IMG_0015.JPG IMG_0037.JPG
IMG_0131.JPG IMG_0138.JPG

完全に企業として行っている人もいれば個人のUstreamerも。それだけライブ配信は浸透してきたのかもしれない。CEREVO LIVEBOXを駆使して会場をCEREVO代表の岩佐氏が練り歩く予定!PRONEWSも協力していく予定だ。


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-01-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2011]Vol.06 CES2011のテーマは「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」

txt:西田 宗千佳 構成:編集部 今年のCES、を振り返る。特にAVに関わる業界のテーマはなにか? International CES 2011が終了した。世界最大の家電ショーは... 続きを読む

[CES2011]Vol.05 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編2~

気になるモノは、会場に落ちている。 展示会3日目である。会場内では「何か面白いものあった?」「それどこで見つけたの?」と挨拶代わりに互いに言葉を交わす。そんな風景を多々目にする。... 続きを読む

[CES2011]Vol.04 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編1~

txt:江口靖二 構成:編集部 気になるガジェットたちを追い求めて! 展示会2日目である。昨年が「3D」と「電子書籍」一色だったのに対して今年は、事前情報通り「タブレット端末」がそ... 続きを読む

[CES2011]Vol.02 ソニーがTVを再定義~その鍵は3Dのある日常?~

txt:Tom INOKAWA今年もライブ配信されたソニーのプレスカンファレンス 今年のソニーは、どこまでも一貫して3Dである。全ての領域に怒濤のように3Dのプロダク... 続きを読む

[CES2011]Vol.01 今年のテーマを探る「CES Unveiled」を覗いてみる

CES2011をスニークレビューするCES Unveiled開催 会場の外には多くのプレス陣が並ぶ。 電化製品全方向位の展示会のため取材陣だけでも大挙して押しかけてくるのが、Int... 続きを読む

[CES2011]Vol.00 CES2011開会直前に思う事あれこれ

会期2日前からプレスルームは、多くのプレス陣が...。    Txt:Tom INOKAWA お正月気分をぶっとばせ! 昨年の会場の様子 お正月気分が覚めやらぬままにやってくるの... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.03 展示会から見たあれこれ~初日発表されたキヤノンのカメラとは?~